鈴木 英治

イラスト1
Pocket

文庫

中央公論新社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 闇討ち斬 手習重兵衛 (中公文庫) [ 鈴木英治 ] へ。


手習重兵衛シリーズ(完結)

  1. 闇討ち斬
  2. 梵鐘
  3. 暁闇
  4. 刃舞
  1. 道中霧
  2. 天狗変
  3. 母恋い
  4. 夕映え橋
  1. 隠し子の宿
  2. 道連れの文
  3. 黒い薬売り
  4. 祝い酒

 

鈴木英治という作家の作品を読み始めたのはこのシリーズからでした。

 

とある藩の政争に巻き込まれて藩を抜け、ひょんなことから白金村の手習師匠となっている興津重兵衛を主人公とする痛快時代小説です。

何故このような事態に陥っているのか、が大きな謎として物語は展開されていきます。

 

この手習重兵衛シリーズが鈴木英治の最初のシリーズ作品です。

父子十手捕物日記シリーズ』でも書いた、同心とその中間との掛け合いの面白さは本シリーズですでに十分に展開されていて、その手ごたえから他のシリーズでも掛け合いの場面を多用したのではないかと思えるほどです。

途中第六巻「天狗変」で一応の完結を見ましたが、少ししてから再開し、全十二巻で完結しました。

最初は変わった作風としか感じていなかったのだけれど、どんどん鈴木英治という作家の面白さにはまりました。

[投稿日]2015年04月13日  [最終更新日]2018年10月17日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
剣客春秋シリーズ ( 鳥羽 亮 )
剣術道場主の千坂藤兵衛とその娘里美、その恋人彦四郎を中心に、親子、そして若者らの日常を描きながら物語は進んでいきます。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 )
八丁堀の鬼と恐れられる隠密廻り同心・長月隼人が活躍する、ミステリー色の強い、痛快活劇小説です。
居眠り磐音江戸双紙シリーズ ( 佐伯泰英 )
佐伯泰英作品の中でも一番の人気シリーズで、平成の大ベストセラーだそうです。途中から物語の雰囲気が変わり、当初ほどの面白さはなくなりましたが、それでもなお面白い小説です。
付添い屋・六平太シリーズ ( 金子 成人 )
さすがに日本を代表する脚本家のひとりらしく、デビュー作である本シリーズも楽に読み進むことができる作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です