鈴木 英治

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控 (角川文庫) [ 鈴木 英治 ] へ。


沼里藩留守居役忠勤控シリーズ(2018年11月22日現在)

  1. 信義の雪
  2. 果断の桜
  1. 流転の虹

 

『口入屋用心棒シリーズ』の主人公湯瀬直之進の郷里である駿州沼里藩を舞台にした物語です。とは言っても、主人公は江戸屋敷の留守居役であり、つまりは舞台は江戸の町ということになります。

第一巻では、沼里藩江戸屋敷留守居役の深貝文太郎は、相役の高足惣左衛門が町屋の女を殺したという罪を着せられたことから、彼の無実を張らずべく探索を開始します。

こうして深貝文太郎の探索作業が始まりますが、この流れは第二巻目の『果断の桜 沼里藩留守居役忠勤控』においても同様です。

というよりも、第二巻の『果断の桜 沼里藩留守居役忠勤控』では二百両という金を横領し自裁して果てた賄頭の大瀬彦兵衛の事件について、藩主の靖興から、直々に探索方を命じられるのです。

即ち、まだ二冊しか読んでいないので明確なことは言えないのですが、このシリーズは現在の『口入屋用心棒シリーズ』のように、捕物帳的な色彩が強いシリーズになると思われます。

口入屋用心棒シリーズ』も、当初の直之進と佐之助との闘い中心の物語から捕物帳的な話へと変化していきましたが、本シリーズの場合当初からミステリータッチで進みます。

実を言えば、本シリーズなどをミステリータッチと言っていいか疑問もありますが、一応提示された謎を解いていくという形態からして、少なくともミステリー風と言えるとは思うのです。

 

そしてもう一点。第一巻『信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控』の終わりで第一巻ながら衝撃的な終わり方をするこのシリーズの全体を貫く大きな謎が設定されているようです。

文芸評論家の細谷正充氏の文章を借りれば、記憶力が抜群で、雲相流剣術の免許皆伝。腰には、駿州の刀工が打った、摂津守道重を佩いている。愛妻の志津は当然として、義母の八重や、中間の弦太との関係も良好。こすっからい上役の右田主水助に怒りを覚えることもあるが、まずは充実した毎日である。魅力的な主人公と衝撃の結末、鈴木英治の新シリーズが始動 : 参照 )、とあります。

痛快小説の面白さはキャラクター造形がどれくらいうまくいっているかにあると思われますが、本『沼里藩留守居役忠勤控シリーズ』の場合、主人公深貝文太郎の魅力は今ひとつ良く分かりません。

それなりの剣の腕を持つ、ほどほどに頭も切れる、幸せな家庭を持っている侍として、特段の特色がありとも思えないのですが、今のところ重しくないと言い切ることもできません。

 

もうしばらくシリーズの進行を見て見たいと思います。

[投稿日]2018年11月22日  [最終更新日]2018年11月25日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの痛快時代小説

はぐれ長屋の用心棒シリーズ ( 鳥羽 亮 )
主人公は剣の達人だが、隠居の身です。だから立ち回りも時間を経ると息切れしてしまいます。だから、同じ年寄りたちが助け合い、戦うのです。隠居とは言えまだ五十歳代の登場人物です。還暦を過ぎたわが身としては、少しの寂しさが・・・・。他にも剣客春秋シリーズ ●●●など、面白い作品がたくさんです。
剣客春秋シリーズ ( 鳥羽 亮 )
剣術道場主の千坂藤兵衛とその娘里美、その恋人彦四郎を中心に、親子、そして若者らの日常を描きながら物語は進んでいきます。
風の市兵衛シリーズ ( 辻堂 魁 )
主人公が「渡り用人」というユニークな設定で、痛快と言うにふさわしい、とても読み易いシリーズです。
付添い屋・六平太シリーズ ( 金子 成人 )
さすがに日本を代表する脚本家のひとりらしく、デビュー作である本シリーズも楽に読み進むことができる作品です。
酔いどれ小籐次シリーズ ( 佐伯泰英 )
風采の上がらない身の丈五尺一寸の五十男の、しかしながら来島水軍流遣い手である赤目小籐次が、旧主の恥をそそぐために、単身で大名四藩に喧嘩を売る、爽快感満載の痛快活劇時代小説です。

関連リンク

気持ちのいい主人公を待ち受ける衝撃の展開 | カドブン
文庫書き下ろし時代小説を中心に、旺盛な筆力で作品を発表している鈴木英治が、新たなシリーズに取りかかった。それが本書『信義の雪 沼里藩留守居役忠勤控』だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です