鈴木 英治

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 父子十手捕物日記 (徳間文庫) [ 鈴木英治 ] へ。


父子十手捕物日記シリーズ(完結)

  1. 父子十手捕物日記
  2. 春風そよぐ
  3. 一輪の花
  4. 蒼い月
  5. 鳥かご
  1. お陀仏坂
  2. 夜鳴き蝉
  3. 結ぶ縁
  4. 地獄の釜
  5. なびく髪
  1. 情けの背中
  2. 町方燃ゆ
  3. さまよう人
  4. 門出の陽射し
  5. 浪人半九郎
  1. 息吹く魂
  2. ふたり道
  3. 夫婦笑み

 

本シリーズは、名同心といわれた御牧丈右衛門の跡を継いだ息子の文之介が、父親丈右衛門や文之介の幼馴染みの中間勇七の力を借りながらも江戸の町でまき起こる様々な事件を解決していく姿を描く、痛快人情時代小説です。

 

鈴木英治の特徴である登場人物の内心の声をそのまま描く独白形式の文体が心地よく、軽快に読み進むことができる作品となっています。

また、登場人物のかわす日常会話も物語の適度な息抜きとなっており、鈴木作品の独特な個性となっている点も他の作品と同様です。

そのことは幼馴染みでもある中間勇七との掛け合いにもおらわれており、小気味よく響きます。この中間との掛け合いの設定は鈴木栄治作品のあちこちで使われていますが、その似た設定がそれなりに物語の潤滑油になっていると思います。

勿論文之介自身も同心としてもそれなりに優秀で、剣の腕も立ち、事件を解決していくのです。

他に文之介の幼馴染みのお春という大店の味噌問屋の娘や、御牧丈右衛門の上司で盟友でもある与力の桑木又兵衛などが文之介の後押しをしています。

本シリーズは完結しており、一気に読みたい人向きです。

[投稿日]2015年04月13日  [最終更新日]2018年10月12日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

御薬園同心 水上草介シリーズ ( 梶 よう子 )
御薬園同心の水上草介を主人公とする、心温まる人情劇です。
吉原裏同心シリーズ ( 佐伯 泰英 )
薩摩示現流の達人である主人公が、吉原の用心棒として、幕府中核の大物を相手に戦いを繰り広げる、痛快時代小説です。
戻り舟同心 ( 長谷川 卓 )
十年前に隠居した身の元南町奉行所定廻り同心の二ッ森伝次郎は、南町奉行の坂部肥後守はの命により、迷宮入りになっている事件の洗い直しなどを行うことになるのだった。
弥勒シリーズ ( あさの あつこ )
主人公の同心木暮信次郎とその手下である岡っ引伊佐治、そして被害者の旦那である遠野屋主人の清之介というキャラクターのそれぞれのがじつに魅力的な、心に闇を抱えた男たちの時代小説シリーズです。
北町奉行所朽木組シリーズ ( 野口 卓 )
北町奉行所定町廻り同心の朽木勘三郎を主人公とした連作の捕物帳です。勘三郎を中心に、岡っ引の伸六をまとめ役とし、その手下の若者らをチームとして探索をさせ、人情味豊かに事件を解決します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です