夏川 草介

神様のカルテシリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


本作『神様のカルテ3』は、『神様のカルテ』のシリーズ三作目の、「夏祭り」「秋時雨」「冬銀河」「大晦日」「宴」という、全部で五つの章からなる長編小説です。

本書の主人公である内科医の栗原一止(くりはらいちと)の勤める本庄病院の消化器内科に、消化器内科部長である大狸先生の教え子である小幡奈美がやってきた。一止は、十二年目のベテラン医師である奈美に「自己満足で患者のそばにいるなんて、信じられない偽善者」だと言われる。「医師という職責の重さ」を真摯に見つめる一止にとって、看過できない言葉であり、ある決心をするのだった。

シリーズを通して描かれてきたテーマである、最先端医療の勉強と、慢性の人手不足に陥っている地域医療という現場、そこにいる患者への対応という言ってみれば答えのない問いに対する一止なりの答えを出す物語でもあります。

同時に、プロローグとエピローグ共に一止の隣には妻のハルがいるという構成からもわかるように、一止とハルの物語という側面も強く出ていると思いました。常に医療に対し真摯に向き合う一止、そのそばにはいつもハルの姿があるからこそ医師という仕事に全力を傾けられるのです。

言い古された言葉ではありますが、医療という行為そものもが命と直に向き合う職業であるため、「山岳小説」と同じく、人間ドラマが描きやすいのだと思われます。また、病院という施設を見るとそれはホテルと同じく人間の集まる場所であり、表現技法のひとつとして「グランドホテル方式」という名称が言われるほどに物語の展開に適した設定でもあります。

ただ、舞台設定や筋立てにリアリティーが無かったり、人間が描けていなかったりすると、単なる感傷になりやすい分野でもあるでしょう。そうした難しさを乗り越えて読者の共感を得た物語は実に心に迫ってくるものがあります。そして、本書はまさに多くの読者の支持を得た、心に残る作品に仕上がっていると思われます。

[投稿日]2015年10月22日  [最終更新日]2016年10月1日
Pocket

おすすめの小説

読後感が心地よい小説

テーマの割に爽やかな読後感を持つ『神様のカルテ』です。そこで、読後感の爽やかな作品を集めてみました。
春を背負って ( 笹本 稜平 )
山小屋を訪れる人々の人間ドラマを描いた、感動な物語であると共に清々しさも漂う、爽やかな読後感を持つ物語です。
三匹のおっさん ( 有川 浩 )
テレビドラマ化もされたこの作品は、普通の言葉でメリハリよく語られとても読み易い作品で、ユーモアに満ちていながら、読後には小さな喜びが待っています。
博士の愛した数式 ( 小川 洋子 )
80分しか記憶が持たない数学者と家政婦とその家政婦の息子が織りなす物語。短期間しか記憶が持たないために種々の不都合、不便さが付きまとう中、三人は心を通わせていくのです。
阪急電車 ( 有川 浩 )
阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした心温まる物語で出来ている連作短編集です。
ふるさと銀河線 軌道春秋 ( 高田 郁 )
作者が原作を書いた漫画を小説化したもの。若干の感傷が垣間見える作品集ではあり、少しの重さも感じましたが、最終的には明日への希望を期待させる作品集です。
映画篇 ( 金城 一紀 )
誰もが知る映画をモチーフに、人と人との出会い、友情、愛を心豊かに描く短編集です。読後は心豊かになることが保証された物語です。

関連リンク

最初、文学的なこだわりは全部削除されました『神様のカルテ』シリーズの夏川草介に聞く1
作者の夏川草介に、小説執筆のこと、作品のこと、そしてこれからのことをざっくばらんに聞いてみた。ファンの方はぜひご注目を!
先生がそんな不機嫌な顔をするなんてショックと言われて『神様のカルテ』シリーズの夏川草介に聞く2
話題作『神様のカルテ3』の作者にインタビュー、前篇では主に作家の背景とデビューの経緯についてお聞きしました。後篇では〈神様のカルテ〉シリーズ化の苦労についてより深くうかがってみます。あの話題も出ますよ。
小説『神様のカルテ』作者 現役医師・夏川草介が語る地方医療の現在
リアルな医療現場を描きながらも、「悲しむことが苦手」という主人公の医師・栗原一止や、彼を支えるパートナーであるハルさんのあどけない魅力など、登場人物のキャラクターがはっきりとしていて誰もが楽しむことができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です