麻生 幾

イラスト1
Pocket

新刊書

幻冬舎

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 秘録・公安調査庁アンダーカバー [ 麻生幾 ] へ。


公安調査庁の分析官・芳野綾は、現場調査官である沼田から、武装した大量の中国漁船が尖閣諸島に向けて4日後に一斉出航、6日後の早朝には上陸して実効支配するという報告を受ける。しかし関連省庁はいずれもその情報を否定し、沼田に情報提供した協力者にしてもダブル(二重スパイ)の疑惑が掛けられる。そして綾の必死の分析を嘲笑うかのように、巧みに仕掛けられた壮大な陰謀がカウントダウンを始めた!『ZERO』の麻生幾が放つ、ノンストップ諜報小説!書き下ろし。(「BOOK」データベースより)

 

公安調査庁の分析官を主人公とした長編の諜報小説です。

 

何かと国際的な情報戦での立ち遅れが指摘される日本でしたが、本書を読むとそうした指摘は今でも当たっているのかと疑問に思うほどです。

工作と情報収集を実際に行う現場部門と、現場から上がってきた情報を受け分析する分析官の属する本庁とが組織的に分業しているのは、欧米の主要情報機関では基本だそうですが日本では公安調査庁だけだとありました。

 

公安調査庁の分析官・芳野綾は、その情報収集の現場から、四日後の今週の金曜日に尖閣諸島の魚釣島への一斉上陸を行うために重機関銃や迫撃砲で武装した海上民兵を乗せた約九十隻の漁船が一斉に出港する予定、との情報を得ます。

この情報の確度は、これまでの情報提供者の査定により疑う余地のないものでした。とはいえ、別なルートからのこの情報の裏取りはしなければならず、その間に国家の緊急事態だとして芳野綾は上司へ報告しますが、上司の反応は実に鈍いものでした。

こうして、吉野綾の自分の得た情報の裏取りをしながらも、その緊急性により、国家の中枢へ情報を届けるために奔走する芳野綾の姿を描き出しているのが本書の内容です。

 

これまでにもリアリティに富んだインテリジェンス小説は何冊か読んできました。

まず思い出すのは、 濱嘉之の『警視庁情報官シリーズ』があります。実際警視庁公安部に属していた著者の 濱嘉之が描きだす世界の臨場感はこれまでの諜報小説のそれを軽く凌駕するものでした。小説としても面白い作品です。

 

 

また、 竹内明の描く作品群もあります。例えば『背乗り ハイノリ ソトニ 警視庁公安部外事二課』は、北朝鮮や中国の工作員による諜報事件の捜査と情報収集を担当する外事二課の活躍を描いたものです。

著者の 竹内明はTBSの報道局に属し、社会部および外信部でデスクを務め、後には『Nスタ』のメインキャスターを務めた人です。その取材力で描き出した本書のリアリティーは勿論、小説としても読みごたえがあるものでした。

 

 

ただ、これらの作品は共に警視庁の公安部の話です。それに対し、本書『アンダーカバー 秘録・公安調査庁』は、警察組織とは別の法務省の外局である公安調査庁という組織の物語です。

読み終えた今でも、逮捕権の有無などの差などを除き公安警察と公安調査庁との差はよくは分かっていません。本書でも日本警察の「ZERO」という機関との差について、公安調査庁の任務は政治決断者に情報をサービスすることであり、あくまで容疑者を逮捕、送検することをゴールとするZEROとは異なると書いてはありました。

しかし、公安警察は国家という観点からの捜査という意味の記述をよく見かけます。公安警察の職務も国家という観点からの情報収集を行うという点では同じと思えるのです。

 

本書を公安調査庁の紹介を目的とした作品として読むと、かなり詳しく、職務内容まで明確にしてあります。

他方、本書を小説として見た場合、少々説明的に過ぎるという印象が無きにしも非ずです。でも、公安調査庁というあまり認知されていない官庁を舞台にしているため説明的になるのは仕方のないところだと思います。

 

しかし、分析官の情報分析の過程を明らかにしている点は個人的にはかなり関心を惹かれ、面白く読みました。しかし、官庁の仕組みまでを緻密に描き出しているのは少々詳し過ぎかなと思いもします。小説の進行上は本書のように詳しい必要はないと思うのです。

エンターテインメント小説としての本書としては、とくに上陸の日限が迫ってきた後半は、緊迫感が盛り上がり、サスペンス感に満ちていて面白く読みました。

 

これまで読んだ、 今野敏の『倉島警部補シリーズ』や 福井晴敏の『Op.ローズダスト』などのようなエンターテインメントに徹した小説ではなく、現実に即したインテリジェンスの世界の話として興味を持って読み終えることができました。

 

 

とくに、潜水艦内の描写はこれまで見たこともなく、未知の情報という意味でも関心を持って読むことができました。また個々の自衛官の本音も描いてあり、少なくとも私が知っている自衛官の本音に近い描写であったように思えます。

ただ、ラストの設定は不要ではないかと思ってしまいました。意外性を付加したかったのでしょうが、それまで積み上げてきたリアリティが崩れてしまう気がします。

[投稿日]2018年11月01日  [最終更新日]2018年11月1日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの公安警察関連小説

ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞作品。
リヴィエラを撃て ( 高村薫 )
東京まで導いた白髪の東洋人スパイ『リヴィエラ』とは何者なのか?その秘密を巡り、CIAが、MI5が、MI6が暗闘を繰り広げる!日本推理作家協会賞、日本冒険小説協会大賞受賞。
プラチナ・ビーズ ( 五條瑛 )
鍵を握る謎の言葉「プラチナ・ビーズ」とは?米朝の謀報戦を鮮烈に描く、本格スパイ小説の新鋭、入魂のデビュー作。
百舌の叫ぶ夜 ( 逢坂 剛 )
警視庁公安部所属の倉木尚武警部を主人公とする「百舌シリーズ」の第一作です。ほかに公安第二課捜査官の明星美希、それに警視庁査一課の大杉良太といった魅力的な人物が、物語に色を添えている、ハードボイルドタッチのアクションエンターテインメント小説です。
魔笛 ( 野沢尚 )
白昼の渋谷を襲った無差別爆弾テロ!爆風を背に立ち去ったのは、公安が過激な教団に送り込んでいた女だった。何が彼女を変えたのか?

関連リンク

【書評】『アンダーカバー 秘録・公安調査庁』麻生幾著 公安調査庁を描く諜報小説
尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺などで監視活動を行う中国海警局が、中央軍事委員会の指揮下に置かれ、軍事組織と明確に位置づけられることが3月に報じられた。
『アンダーカバー 秘録・公安調査庁』麻生幾著 | レビュー | Book Bang
尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺などで監視活動を行う中国海警局が、中央軍事委員会の指揮下に置かれ、軍事組織と明確に位置づけられることが3月に報じられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です