麻生 幾

イラスト1
Pocket

新刊書

角川春樹事務所

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真 [ 麻生 幾 ] へ。


QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』とは

 

本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』は、新刊書で291頁の長編の冒険小説です。

スカイマーシャルという珍しい職に就いている人物を主人公とする麻生幾らしい作品ですが、この人の作品にしてはあまり面白いとは言えない作品でした。

 

QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』の簡単なあらすじ

 

日本から米国に向かういずれかの旅客機に不審者“QUEEN”が乗り込み危険行為を行う可能性が高い、という情報を得た警視庁。警備部特務班の兼清、上司の矢島、2名のスカイマーシャルを14時羽田発ニューヨーク行きの“さくら212便”に搭乗させた。だが兼清の警戒を嘲笑うように、離陸から1時間半後、一般客には知られていないクルーバンクで遺体が発見された。いったい何者が、どうやって?そして、スカイマーシャル・兼清の孤独な戦いが始まる…。(「BOOK」データベースより)

 

さくら航空のさくら212便のチーフパーサーである立花咲来は、エコノミークラスのパーサーである水野清香が未だ現れないままにブリーフィングをすすめていた。

ところが、羽田のオペレーションセンターでは水野綾香のIDでの出社確認は済まされており、客室部ドアのカードリーダーにも記録されているというのだ。

しかし、水野綾香は現れないままに、代わりの緊急時待機要員を乗せて出発するのだった。

一方、スカイマーシャルの兼清涼真は、この最後のフライトで「航空保安を損なう可能性が高い危険人物」を意味する符牒の搭乗が知らされる。

しかも、に関しては性別、国籍、搭乗対象の航空会社、便のいずれも不明という厄介な情報だった。

また、さくら212便の離陸後に水野清香が殺されていたという情報がもたらされ、さらには兼清の上司である矢島班長がクルーバンクで殺されているのが発見されるのだった。

 

QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』の感想

 

本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』のタイトルにもなっている「スカイマーシャル」とは、警視庁警備部に属する東京国際空港テロ対処部隊「特務班」所属の「航空機警乗警察官」のことだと本文にありました。

そのスカイマーシャルは一般客を装い旅客機に乗り込み、自動式拳銃で武装してハイジャック等のテロリズムなどの事案への対処を任務としているのです。

そして本書の主人公兼清涼真は、航空機内という特殊環境での対テロ対策のためにも、アメリカで近接格闘の技能を習得しているスペシャリストでもあります。

ただ、激務のなか妻の死にも立ち会えなかった兼清涼真は、残された小学生の娘のためにも今回の常務を最後とするつもりでいたのです。

 

スカイマーシャルという職務のことは、名称は別として聞いたことがあります。しかし、そのスカイマーシャルを主人公に据えた小説は初めて読みました。

本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』は、いかにも麻生幾の作品らしく、緻密な状況描写と背景の説明が為されています。

主人公の性格に関しても、独立心の旺盛な一匹狼タイプであり、これまでの公安小説に出てくるチームプレイで動く登場人物とは若干異なってはいます。

しかし、主人公の意志の強さなどには共通するものを感じますし、そもそも『ZERO』での主人公なども本書のような独行タイプだったと思います。

 

本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』がこれまでの麻生幾の作品と違うと思ったのは、何よりもその説明的な文章です。

それは、「兼清は拙い! と思った。」などという説明的な文章が少なからず出てきて、物語の流れになじんでいないのです。

というよりも、本書での文章の流れが全体的に説明的な印象を醸し出しています。

兼清の行動の理由を一つずつ解説していく流れ自体は麻生幾という作家らしく緻密に積み上げていくものではありますが、本書ではそれが状況を説明しているとしか感じないのです。

近年はこうした文章になっているのかとも思いましたが、この人の作品である『アンダーカバー ―秘録・公安調査庁―』という面白く読んだ作品は2018年3月という新しい出版であるため、それも違うようです。

 

 

とすれば、本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』の場合、全く新しい職種を主人公の職務としていることや、アクションの舞台が航空機内という限定された場所であることなどが考えられますが、それも経験豊かな作者には当たらない気がします。

ということは、ほかではそうした感想を見ませんから読み手の私の問題だ、ということになるのかもしれません。

 

ついでに個人的な違和感としてもう一点挙げておきます。

それは、本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』では航空機内で発砲事件がおきますが、そもそも機内での発砲が可能なのでしょうか?

高高度を飛ぶ航空機内で弾丸が機体を撃ち抜いたらとんでもないことになりそうです。仮に機体が撃ち抜かれることはないとしても、万が一窓にでも当たったらどうでしょう。

犯人側はそうしたことは考えないにしても、警察官はましてやスカイマーシャルは発砲しないと思うのです。

もしかしたら、これまで書物や映像で見聞きしてきた航空機内での発砲は危険すぎる行為だという事実が間違っていたのでしょうか。

 

結局、本書『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』を読んだ感想としては、麻生幾という作家の作品としては幾重にも腑に落ちない個所のある作品だったと追う他ないようです。

[投稿日]2021年11月04日  [最終更新日]2021年11月4日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

アクティベイター ( 冲方 丁 )
本書『アクティベイター』は、新刊書で520頁というかなりの長さの長編の冒険小説です。時代小説や推理小説など、様々な分野の作品を世に出してきた冲方丁という作者の、今度は謀略の世界を舞台にした冒険小説に挑んだ作品です。
( 赤松 利市 )
赤松利市著『鯖』は、文庫本で464頁の長編の冒険小説です。日本海の小島を根城とする漁師の集団が、一人の女の出現で壊れていく姿を描いた、非常に読みごたえのある作品でした。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
コミックやアニメでかなり人気を博した「機動警察パトレイバー」の小説版、と言ってもいいかもしれません。それほどに世界観が似た小説です。とはいえ、本書のアクション小説としての面白さはアニメ類似の作品として捉えていては大きな間違いを犯すことになるほどに重厚な世界観を持っています。
ガンルージュ ( 月村 了衛 )
韓国の大物工作員キル・ホグンが日本で韓国要人の拉致作戦を実行した際に、祐太朗は巻き込まれて人質となってしまう。祐太朗の母親で元公安の秋来律子は、ワケあり担任教師の渋矢美晴とバディを組み、息子の救出に挑む。
リボルバー・リリー ( 長浦京 )
元諜報員の女性と家族を皆殺しにされた少年との逃避行の様子を描いた、文庫本で656頁にもなる長編のアクション小説です。 重厚で長い物語であり簡単には読めない物語ですが、惹き込まれて読んだ作品でした。

関連リンク

「スカイマーシャル」という知られざる空の守護者の特殊任務の現実を描いた、麻生幾、圧巻の警察サスペンスの登場!
外事警察やSATなど特殊部署で活躍する人々を描き続ける麻生幾さんが、 書き下ろし長編小説『QUEEN スカイマーシャル 兼清涼真』を上梓した。
羽田-米国便に「スカイ・マーシャル」 拳銃携行、東京五輪へテロ対策強化
ハイジャックなどの機内トラブルに即応するため、拳銃などを携行した警視庁の私服警察官が羽田空港-米国直行便の一部に搭乗していることが20日、警察関係者への取材で分かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です