冲方 丁

イラスト1
Pocket

新刊書

早川書房

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは マルドゥック・スクランブル 完全版 全3巻セット (ハヤカワ文庫) [ 冲方丁 ] へ。


なぜ、私なの?―賭博師シェルの奸計により、少女娼婦バロットの叫びは爆炎のなかに消えた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官にしてネズミ型万能兵器のウフコックだった。高度な電子干渉能力を得て蘇生したバロットはシェルの犯罪を追うが、その眼前に敵方の担当官ボイルドが立ち塞がる。それは、かつてウフコックを濫用し、殺戮のかぎりを尽くした男だった…弾丸のごとき激情が炸裂するシリーズ全3巻発動。(「BOOK」データベースより)

 

第24回日本SF大賞を受賞した、サイバーパンクの匂いが強いSF長編小説です。私は2010年9月に出版された640頁の改訂新版と銘打たれた上記書籍イメージの合本版を読んだのですが、これとは別に同じ年の10月に完全版として文庫本で全三巻、全部で1000頁弱のものも出版されています。

 

 

本書は一口で言えば難解な物語でした。もともとこの作者の「言葉」に対する感覚は。この作者の作品の一つである『光圀伝』を見てもわかるのですが通常人とは少々異なるものを持つ人だとの印象があります。冲方丁という人の場合、単に頭が良いという以上の、詩人が独特の感性で言葉を駆使するような感性を持つのではないかと思うのです。

そした感性を持ちながらも、緻密な論理を駆使する文章も書かれます。それは、この作者の『十二人の死にたい子どもたち』を読んでも分かるように、私にはついていけないロジックの展開です。

 

 

本書の中盤、カジノを舞台とした場面がありますが、そこで主人公ルーン=バロットらはルーレットやブラックジャックといったゲームを勝ち抜くために、一種のコンピューターであるウフコックを利用しています。そこでの描写は、ゲームを論理で支配し、論理的に心理戦を勝ち抜いていきます。本書の三分の一以上を占めるこのカジノの場面は圧巻です。

 

論理を駆使した面白い物語を書く作家としては、『インシテミル』や『折れた竜骨』といった物語としての面白さを有しながらも複雑な論理を構築し、正統派の推理小説を書いている 米澤穂信 という人もいます。この人も、論理を駆使する本格派の推理小説でありながらも、物語としても面白いものを書かれる作家さんです。

 

 

また本書『マルドゥック・スクランブル』では、電脳空間のイメージを強調するためでしょうが、片仮名のルビが特異で、「電子攪拌」「操作」共にスナークと振ってあり、「空中」はエアー、「階級」もクラスなどと随所で振ってあります。論理の積み重ねによる物語の構築の上に、そうした仕掛けでも独特な雰囲気を作り出すことに成功しています。

本書の見どころとしては、先ほどのカジノの場面に加え、終盤で展開される、ウフコックらとシェルに雇われている委任事件担当捜査官であるディムズデイル・ボイルドとの闘いはまた、カジノの場面から一転して、アクション小説としても読み応えのある展開となっています。

 

こうした論理的世界、アクション満載の場面を抱える本書ですが、その前提としてこの物語の世界観の設定がユニークです。

そもそもバロットは、本書の舞台であるマルドゥック市が定める人命保護のための緊急法令の一つである「マルドゥック・スクランブル-09」という法令によって科学技術の粋を集めて蘇生されたものです。

それは、強大な権限を有する法務局が、委任事件担当捜査官であるドクターたちにバロットの事件に関するすべての権限を委任することから始まっています。委任事件担当捜査官とは、法的代理人であって、すべての権限を持つのですから、言ってみれば用心棒としての枠割も兼ね備えているようです。

その点では、シェルの代理人であるボイルドも同じ立場であると言えます。つまり彼等は傍若無人な行いをしているかのように見えて、実は法令の範囲内で行動しているという建前になっているのです。

 

そうした前提のもと、少女娼婦ルーン=バロットは、ギャンブラーのシェル・セプティノスにより車もろともに殺されそうになっていたところを、ネズミ型万能兵器のウフコックとドクター・イースターという男に助けられます。

その、ドクター・イースターの力により金属繊維の人工皮膚を得て蘇生したバロットが、ウフコックやドクターの力を借りて、自分の存在を確かめるためにもシェルを追いつめる、その様子、過程を描いているのです。

 

先にも書いたように、本書の登場人物の台詞なども含め、文章は実に難解です。

また、本書の筋を一言で言えば上述のようになりますが、本書は七百頁弱にもなる分量の物語であり、そう単純ではありません。その上、文章は改行が少なく、文章の量からすると頁数多さ以上のものがあると思われます。

しかしそうした物語の長さ、言葉の難解さという壁にも関わらず、物語は非常に面白く、作者の設けた世界観に引きこまれてしまいました。

 

なお、本書には講談社から全七巻のコミックスも出ていますし、劇場版のアニメもDVD化されています。

[投稿日]2018年06月10日  [最終更新日]2018年6月10日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの近年の日本SF小説

都市と星 ( アーサー・C・クラーク )
銀河帝国の崩壊の後、生き残りの人類は10億年もの間を”ダイアスパー”と呼ばれるドームの中で暮らしていた。ある日、ダイアスパーの外に出たい、という若者が現れ、別な都市リスへとたどり着く。行き止まりの人類の未来を描き出した物語。
華竜の宮 ( 上田 早夕里 )
第32回日本SF大賞とセンス・オブ・ジェンダー賞大賞を受賞した長編のSF小説です。25世紀の未来、地殻変動による海水面上昇により陸地を失い、新たな生活空間としての海を得た人類は、海での生活に特化した海上民と、彼らの海での生活空間として魚舟がつくられました。
機龍警察 ( 月村 了衛 )
今も書き継がれているシリーズ作品で、アニメの「機動警察パトレイバー」の世界を重厚に組み立てなおしたような、実に読み応えのある冒険小説としても成立している作品です。
タイムマシンでは、行けない明日 ( 畑野 智美 )
タイムトラベルもののSF仕立ての長編恋愛小説です。過去へ戻って自動車事故で死んだ同級生の長谷川さんを助けようと、高校1年生の丹羽光二はタイムマシンの研究をするために仙台の大学へと進みます。その大学で思いもかけず過去へと旅をすることになるのです。
新世界より ( 貴志 祐介 )
ホラーというよりも、壮大なイマジネーションの世界が繰り広げられるSFと言うべきかもしれません。

関連リンク

2010年12月号掲載 著者との60分 『マルドゥック・スクランブル』の冲方丁さん
二〇〇三年に上梓された『マルドゥック・スクランブル』は、近未来を舞台に、陰謀により殺されかけた十五歳の少女娼婦・バロットが、万能兵器のネズミ・ウフコックやドクター・イースターと共に敵に立ち向かう物語です。
「聲の形」大今良時がデビュー作『マルドゥック・スクランブル』で光らせていたキレ味
日、週刊少年マガジンでの初連載をスタートさせた『聲の形』の大今良時。受賞作が「問題作」として受け止められ、異例の雑誌に掲載されないキャリアスタートとなった彼女が商業誌デビューを果たしたのは、2009年のことだった。連載デビュー作は、冲方丁の『マルドゥック・スクランブル』のマンガ化だった。
<42>圧巻のカジノ場面【マルドゥック・スクランブル】|【西日本新聞】
冲方丁と言えば、本屋大賞受賞のミリオンセラー『天地明察』以来、世間的にはすっかり時代小説の人ですが、もともとは角川スニーカー大賞の出身。とはいえライトノベルの枠にうまく収まらず、苦労していた頃に放った起死回生のホームランが、2003年の『マルドゥック・スクランブル』全3巻。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です