紹介作品

イラスト1
Pocket

浅倉 秋成 雑感

浅倉秋成』のプロフィール

 

1989年生まれ、小説家。関東在住。第13回講談社BOX新人賞Powersを『ノワール・レヴナント』で受賞しデビュー。2019年に刊行した『教室が、ひとりになるまで』で第20回本格ミステリ大賞と、第73回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にWノミネート。その他の著書に『フラッガーの方程式』『失恋の準備をお願いします』『九度目の十八歳を迎えた君と』など引用元:jiji.com

 

浅倉秋成』について

 

この作者の作品の『六人の噓つきな大学生』の惹句によれば、著者の浅倉秋成は「伏線の狙撃手」という異名があるそうです。

実際、『六人の噓つきな大学生』を読んでみると、伏線の貼り方、その伏線の回収の仕方が秀逸で、意外性に富んだその展開は見事なものでした。

他の作品も是非読んでみたいと思う作家さんでした。

[投稿日] 2021年05月03日  [最終更新日] 2021年5月3日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

近年に発表されたミステリー小説を選んでみました。
火のないところに煙は ( 芦沢央 )
芦沢央著の『火のないところに煙は』は、なかなかに読ませる全部で六編の短編からなるホラー小説集です。と、思って読んでいくとこれが・・・。いろいろな、思いもよらない仕掛けのある、作品でした。
元彼の遺言状 ( 新川 帆立 )
本書『元彼の遺言状』は、女性弁護士を主人公とする、新刊書で322頁という分量の長編のミステリー小説です。主人公の女性弁護士のキャラクターがユニークと言えばユニークなのですが、個人的には今一つの作品でした。
同姓同名 ( 下村 敦史 )
本書はテレビ番組の「王様のブランチ」で紹介されていた長編の推理小説です。 登場人物は大山正紀という同姓同名の人物ばかりであり、どんでん返しにつぐどんでん返しが続く、とても面白いエンターテイメント小説です。
ある男 ( 平野啓一郎 )
平野啓一郎著の『ある男』は、一人の人間の過去を追う弁護士を描き、人間の在りようを追及する長編小説で、2019年本屋大賞の候補となった作品です。亡くなった夫は誰だったのか調べてほしいという、残された妻からの依頼を請けた弁護士の調査の記録です。
屍人荘の殺人 ( 今村昌弘 )
今村昌弘著の『屍人荘の殺人』は、本書は選考委員からも絶賛されて第27回鮎川哲也賞を受賞し、さらにも2018年本屋大賞で三位になった、本格派の推理小説です。明智恭介と葉村譲、それに剣崎比留子の三人は、紫湛(しじん)荘での映研究の合宿に参加し、思いがけない事態に遭遇することになるのです。

関連リンク

ミステリ界の新星・浅倉秋成が仕掛ける、究極の心理戦。話題の小説『六人の嘘つきな大学生』が発売即重版!
浅倉秋成さんは、『ノワール・レヴナント』で第13回講談社BOX新人賞Powersをで受賞しデビュー。
ミステリの新星・浅倉秋成の最新作が大評判。就活で繰り広げられる「青春心理ゲーム」
昨今の就活活動は、ますます競争が激しくなっている。そんな中、超人気IT企業の最終面接に残ったとしたら、なにをしてでも勝ち残りたいと思うはすだ。
浅倉秋成『九度目の十八歳を迎えた君と』ここだけのあとがき
『九度目の十八歳を迎えた君と』が大変ありがたいことに創元推理文庫の仲間入りということで、光栄にもご挨拶の機会をいただくことができました。
【今週はこれを読め! エンタメ編】不穏な青春ミステリー〜浅倉秋成『教室が、ひとりになるまで』
最近の若者たちがどのように感じるかはわからないが、私くらいの世代だと"結婚相手との出会いのきっかけはSNS"という事例に対してまだまだ若干の驚きを禁じ得ない。