有川 浩

イラスト1
Pocket

文庫

角川グループパブリッシング

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 空の中 (角川文庫) [ 有川 浩 ] へ。


200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは―すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。(「BOOK」データベースより)

 

有川浩の自衛隊三部作の一冊である長編小説です。

 

この本の発表は2004年ということなので、ごく初期に書かれた本のようです。だからでしょうか、とても読みやすい本ではあるのですが、ただそれだけという印象の作品です。

200X年、立て続けに高度二万メートルあたりで、航空機開発メーカーのテスト機と自衛隊の戦闘機との二件の航空機の事故が起きた。この事故で、斉木瞬と白川真帆は、共に父親を亡くすことになったのだった。

斉木瞬は高知県の海辺で正体不明の生物(UMA)を見つけ、UMA好きの幼馴染の天野佳江と共にこの生物を育て始め、一方、テスト機の開発会社に勤務する春名高巳は自衛隊の対策本部に詰めることになり、そこで衝突した自衛隊機と共に飛んでいたパイロット武田光稀三尉と出会うのだった。

 

この本の宣伝文句には「未曾有のスペクタクルエンタテインメント」や「超弩級エンタテインメント」という威勢の良い言葉が並べられています。しかし、この文言は全く当てはまりません。それどころか、本書の内容は恋愛青春物語といった方がいいと思われます。

確かに、本書の背景設定はUMA対人間の生死をかけた戦いが描かれているという点では、スペクタクル小説と言えるかもしれません。

しかし、そう言えるのは物語の設定だけであり、内容はUMAを中心として繰り広げられる人間ドラマであり、その中心には瞬と佳江、ちょっと大人の春名高巳と武田光稀という二組の恋愛物語があるのです。

 

別に恋愛物語がいけないというのではありません。物語は有川浩の作品らしくユーモアがあり、軽く読めて面白いのです。

ただ、軽く読めるし楽しいのですがそれだけなのです。残念ながらこの作者の他の作品のように、爽やかな読後感があまり感じられませんでした。

[投稿日]2015年03月31日  [最終更新日]2019年2月7日
Pocket

おすすめの小説

自衛隊が絡む作品一覧

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり ( 柳内 たくみ )
銀座の真ん中に突然開いた異世界との門を通じて自衛隊が異世界で活躍します。この作品も軽く読める異世界ファンタジーでありながら、物語の構成がきちんとしていて読みやすい物語です。
戦国自衛隊 ( 半村 良 )
この手のタイプスリップものの嚆矢と言って良いと思います。戦国時代に紛れ込んだ自衛隊の顛末は、二度の映画化、また漫画化もされました。その面白さは言うまでもありません。
歩兵の本領 ( 浅田 次郎 )
自衛官であった著者の経験から描かれた短編集。「男子の本懐を遂げようとした人々を活写する、感動の青春グラフィティ 」とありました。
ジパング ( かわぐち かいじ )
講談社発行の週刊誌「モーニング」で連載されていたコミックです。海上自衛隊の自衛艦隊のイージス艦「みらい」が、ミッドウェー海戦直前の太平洋上にタイムスリップし、歴史の中に飲み込まれていく物語。半村良の「戦国自衛隊」と似た設定ですが、史実に近代装備のイージス艦を絡めていく様は結構面白い漫画です。
燃える波濤 ( 森 詠 )
少々古い(1980年代)のですが、スケールの大きなポリティカルサスペンス小説です。自衛隊の一部勢力がクーデターを企む様子が社会情勢も含めて実にリアルに描かれています。ただ、現在まで六巻が出ているものの未完なのです。実に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です