有川 浩

イラスト1
Pocket

文庫

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは キケン (角川文庫) [ 有川 浩 ] へ。


本書『キケン』は、技術系の大学に入学した男子学生の学生生活を描いた長編の青春小説です。

勉学の姿を除いた理系学生の部活動の一面を正面から描いてあるのですが、どうにも現実感がなく、感情移入しにくい小説でした。

 

ごく一般的な工科大学である成南電気工科大学のサークル「機械制御研究部」、略称「キケン」。部長・上野、副部長・大神の二人に率いられたこの集団は、日々繰り広げられる、人間の所行とは思えない事件、犯罪スレスレの実験や破壊的行為から、キケン=危険として周囲から忌み畏れられていた。これは、理系男子たちの爆発的熱量と共に駆け抜けた、その黄金時代を描く青春物語である。(「BOOK」データベースより)

 

この『キケン』という作品は、元山高彦と池谷悟の二人が、成南電気工科大学にある「機械制御研究部」に入部し学生時代を送った様子を、ある人物が回想し妻に語る、という形式で進みます。

これまでの有川浩の小説の傾向とは異なり、単純に学生の馬鹿騒ぎを書き記したという印象が強く、現実感がありません。

そこには生活感が全くなく、ひたすら部活動の側面だけが取り上げられているため違和感を生じているのだと思います。

そのため、物語として見た場合、本書の作者有川浩の『図書館戦争シリーズ』、『三匹のおっさん』などと比べるとどうしても内容が薄く感じられてしまいます。

 

 

生活感が無いという点に関しては、本書『キケン』の文庫版の解説で藤田香織氏が、『キケン』にはこの作者の『塩の街』を始めとする『自衛隊三部作』や『図書館戦争シリーズ』のような作品とは比べようもない、取るに足らない戦いや愛しかない、と書いておられました。

でもそれがいいと言われます。こうした小さな世界に夢中になれる期間はわずかしかなく、本書にはその儚くも尊い時間が描かれているというのです。

 

 

内容の薄さ、という点に関しては、著者自身の「あとがき」に、「男子というイキモノは独特の世界を持っている」と書いておられます。そして、その中に女子が一人でもまじると「よそいき」の顔になるとも書いておられます。

だから、他の作品のように“愛”や“闘い”を中心に描くのではなく、そういうイキモノが確実に生きた青春の一時期を、いたずらの側面を全面的に押し出し描き出すことで描き出したということなのでしょう。

本書の解説で前出の藤田香織氏が、本書で学園祭のラーメン作りやロボット梳毛大会の顛末など、派手で楽しそうな場面ばかりを描きシリアスな場面がないのは作者の親心であり、思い出の中にある青春時代は妻に語る形式である語り手の記憶だからこそだと言っています。

 

しかし、そうした作者の計算が仮にあったとしても、その計算が違っていたとしか思えません。

記憶の中の楽しかった場面のみを語る、というのは理解できます。しかし、この作者であれば、その楽しかった思い出を、単なる馬鹿騒ぎとしてではなく描くことはできると思うのです。

事実、本書『キケン』の中でも、上記のラーメン作りの場面などはかなり面白く読みました。ただ、それに伴うアクション場面は行き過ぎかなという感じはします。

この行き過ぎ、つまりは言ってみればオーバーアクションであり、惹きつけられた関心が突き放されてしまったのです。

大神の恋愛事情もそれはそれでいいとも思うのですが、何となく中途な印象ですし、ロボット相撲も設定は魅力的なのに、上野たちの行動が漫画チックになりすぎという印象に終わってしまいました。

 

正直に言いますと、個人的には学生生活は学生時代はアルバイト等でほかの学生とは異なっていましたので。学生生活は無いのと同じです。従って、大学生時代の青春記に関しては実はあまり語る資格は持ちません。

しかし、高校時代が似たような生活でした。熊本という土地では出身大学はあまり聞きません。どこの高校を出たか、が話の中心になります。その高校時代でやはり馬鹿なことをしていたのです。

 

ちなみに、本書『キケン』には新潮文庫版もあります。私が読んだのはこの新潮文庫版ですが、本稿の表題イメージ写真には出版年月が新しい角川文庫版を使用しています。

 

[投稿日]2020年07月22日  [最終更新日]2020年7月22日
Pocket

関連リンク

2010年3月号掲載 著者との60分 『キケン』の有川浩さん - e-hon
『キケン』は、成南電気工科大学「機械制御研究部」=略称【機研(キケン)】=で巻き起こる数々の事件が語られる五話からなる物語です。
『キケン』著:有川浩 出版社:新潮社 - 全国大学生活協同組合連合会
私が理系の道を進むキッカケになった本。ぶっ飛んでいるけれど、理系のおもしろさや大学での楽しさがつまっている一冊。是非、この本を読んで「キケン」の仲間と一緒に笑おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です