門井 慶喜

イラスト1
Pocket

新刊書

祥伝社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 家康、江戸を建てる [ 門井慶喜 ] へ。


「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国替え要求を受け入れた…。ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!(「BOOK」データベースより)

徳川家康が江戸に新たな街づくりを始めるに際しての物語で、技術者集団としての配下個々人の全五話からなる短編の時代小説集で、2016年上半期の直木賞候補になった作品です。

第一話 「金貨(きん)を延べる」
北以外は海と萱の原に囲まれ、北が少し開けているのみの江戸の地。町の基礎づくりのために選ばれた伊奈忠治は、北から流れ込む川を制御するために川を曲げるというのだった。

若干の説明臭を感じる物語であり、本書ははずれかと思ったものでした。

第二話 「流れを変える」
家康は江戸の町で品位(金の含有率)の良い小判を鋳造することで江戸の町を日本の経済の中心とすることを図る。そのために上方での貨幣の鋳造を担ってきた後藤家に仕えていた橋本庄三郎という男を江戸に招くのでしたた。

町造りの基礎としての経済的観点からの貨幣鋳造、という視点は面白く読みました。そこに人間ドラマを絡め、この物語からは、本書の物語としての面白さを感じ始めました。

第三話 「飲み水を引く」
武蔵野の原野での鷹狩りの折に土地の者から湧水のありかを聞いた家康から、江戸の町へ水を引くための普請役を命じられた内田六次郎は、菓子作りが得意な大久保籐五郎の力を借りてその難工事に挑むのだった。

江戸の町の水道は有名ではありますが、その建設という観点はユニークです。エンターテインメント小説としての醍醐味も出てきた作品で、面白く感じました。

第四話 「石垣を積む」
家康は千代田城建設の着手を決めた。代官頭である大久保長安は「みえすき吾平」と呼ばれる石工の親方の噂を聞き、千代田城のための石を切り出すように命じるのだった。

この話も第二話同様に人間ドラマを絡めての石垣造りであって、職人の物語としての面白さを感じたものです。

第五話 「天守を起こす」
千代田築城に際し、家康は城の壁を白壁にするようにと命じ、秀忠に対し、白壁にする意味を問うのだった。しかし、秀忠はその意味を汲み取れずにいた。

これまで江戸城が1657年の明暦の大火で焼失し、再建されることが無かったという事実は聞いたことがありましたが、江戸城の天守閣の壁が白壁であったことは知りませんでした。

また最終話に至り、本書の直木賞候補作になった理由も納得しました。これまではあまりい描き方をされてこなかった二代秀忠と家康との会話は実に読み応えがありました。

本書は、武将家康による町づくりの物語という思い込みとは異なり、個々の技術者の物語でした。著者である門井慶喜の「家康を一種のプロデューサーと捉えて、その部下である街づくりのエキスパートを主人公にしようと思いました」との言葉どおりの物語であり、ユニークな視点の物語として楽しむことができました。


江戸の町造りという観点では、 半村良の『江戸打入り』という作品があります。秀吉から事実上関東移封を命じられた家康の江戸への移封の話を、下級武士から見た物語で、大半は普請担当の足軽が、戦のために荷駄を運び、橋を架け、宿営の準備をする様子が描かれている作品で、直接的に江戸の町を構築するという話ではありません。

また、私はまだ読んでいませんが、 伊東潤には『江戸を造った男』という作品があります。しかし、この作品は家康の時代ではなく、1657年の明暦の大火のときの材木の買い占めで財をなした河村瑞賢という人物を描いた一代記で、本書とはちょっとその趣を異にするようです。

[投稿日]2017年08月15日  [最終更新日]2017年8月15日
Pocket

おすすめの小説

読み応えのあるおすすめの時代小説

じっくりと書きこまれた、読み応えのある作品の一部です。本書とはすこし傾向は異なりますが面白いエンタメ作品です。
海坂藩大全 ( 藤沢 周平 )
藤沢周平作品によく登場する海坂藩を舞台にした物語を集めた作品集です。藤沢周平という作家も多くの名作を世に出されており、絞りにくいのですが、本書はいろいろな作品を収めており、紹介作品として挙げるのはおかしいかもしれません。
蜩の記 ( 葉室 麟 )
10年後の切腹を受け入れ、そのことを前提に藩譜を記す日々を送る戸田秋谷と若き侍檀野庄三郎の物語で、清冽な文章が、潔い武士の生き様を描き出しています。第146回直木賞を受賞しました。
励み場 ( 青山 文平 )
一人の最下級の農民である笹森信郎が武家への身上がりを望み、励む姿を描いた長編の時代小説です。そしてまた、その妻智恵の夫への想い、智恵の家族の智恵に対する想い、そして又智恵に対する夫信郎の想いをも見事に描き出した秀作です。
武家用心集 ( 乙川 優三郎 )
武家社会でのしがらみに捉われている侍の、生きることの意味を問うている短編集で、第10回中山義秀文学賞を受賞しています。非常に丁寧な文章で、登場人物の内面を静かに説き起こすような、心に直接語りかけてくるような作品を書かれる作家さんです。
柳生兵庫助 ( 津本 陽 )
エンターテインメント性の強い作品です。文庫本で全6巻という長編ではありますが、尾張柳生家の祖である柳生兵庫助の生涯を描いた作品です。剣豪小説の中では忘れてはならない作品だと思います。
本

関連リンク

「家康、江戸を建てる」の著者、門井慶喜さんに聞く、家康が行った
水浸しで低湿地の広大な土地だった江戸へ行政の首都を移し、今日まで続く首都の礎を築いた徳川家康。家康はこの地で、利根川の水路の変更、金貨の造幣、水道の整備、江戸城の石垣造成、天守閣の建築などのいわば公共事業を行ったとされています。
[本の森 SF・ファンタジー]『家康、江戸を建てる』門井慶喜 | レビュー
そんな著者の新作『家康、江戸を建てる』(祥伝社)は、未開の地だった江戸を大都市に変える礎を作ることに奔走した男たちを通じて、新しい家康像を描いた連作集である。
家康、江戸を建てる 門井慶喜
「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。
インタビュー・対談 江戸を作った技術者たちの奮闘
近年は豊富な知識を下地にした歴史小説に傾注している門井慶喜さんが、今回題材に選んだのは“江戸の街”だ。
家康、江戸を建てる [著]門井慶喜
天正18(1590)年。徳川家康は、関白の豊臣秀吉から関東八カ国への移封を打診される。そこは240万石の広大な領土ながら、低湿地が多く、使える土地は少なかった。家臣団は猛反対するが、家康は居城を江戸に決め町造(づく)りに着手する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です