柚木 麻子

イラスト1
Pocket

新刊書

朝日新聞出版

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは マジカルグランマ [ 柚木麻子 ] へ。


女優になったが結婚してすぐに引退し、主婦となった正子。夫とは同じ敷地内の別々の場所で暮らし、もう4年ほど口を利いていない。ところが、75歳を目前に再デビューを果たし、「日本のおばあちゃんの顔」となる。しかし、夫の突然の死によって仮面夫婦であることが世間にバレ、一気に国民は正子に背を向ける。さらに夫には2000万の借金があり、家を売ろうにも解体には1000万の費用がかかると判明、様々な事情を抱えた仲間と共に、メルカリで家の不用品を売り、自宅をお化け屋敷のテーマパークにすることを考えつくが―。「理想のおばあちゃん」から脱皮した、したたかに生きる正子の姿を痛快に描き切る極上エンターテインメント!(「BOOK」データベースより)

 

女優経験のある一人のお婆ちゃんの奇想天外な行動を追っかけた長編のユーモア小説で、第161回直木賞の候補作となった作品です。

ユーモア小説と言いきっていいか疑念はありますが、少なくともユーモアを交えた小説であることには間違いありません。しかしながら、私の好みからは少し外れた物語でした。

 

本書のタイトル『マジカルグランマ』とは、「マジカルニグロ」という言葉から来てるそうです。

ここに「マジカルニグロ」とは「特にアメリカ映画において白人の主人公を助けに現れるストックキャラクター的な黒人のこと」だそうです( ウィキペディア : 参照 )。

そして、そこで言う「ストックキャラクター」とは「文化的類型(またはステレオタイプ)に強い基盤を持った個性、しゃべり方、その他の特徴を持つ、架空の人格」を言います( ウィキペディア : 参照 )。

特にハリウッド映画のそれに関しては、

を参照してください。

 

この「マジカルニグロ」という言葉から、本書の主人公の正子が演じていた人気お婆ちゃん像の「日本のおばあちゃんの顔」が「差別する側、強い側にとって都合のよいキャラクター」であったことに気付き、自由奔放な本来の主人公として生きていく姿が描かれています。

私たちは、私たちの日常生活の中で、無意識なうちに他人の眼を意識し、他人の定義に沿った生き方を選んでいるのではないか。それはまた、他者に対して自分の定義を示しているということでもあるのではないか。

そうした問題提起を投げかけていると思われ、正子の息子の同性愛という現実に対しても自分らしくあればいいという正子は、一つの答えを見出しているようです。

 

そういうと、正子が人間が出来ているかのように思えますが、本来の正子が、じつに我儘であり、自己顕示欲の強い人間であるか、それは読んでみればすぐにわかります。

ところが、単に自己顕示欲が強いというだけでなく、行動力もすごいのです。

自分の持ち物を何もかもメルカリを通じて売り払い、更には自分の屋敷をお化け屋敷として改造し人儲けをたくらむ、その姿は小気味よくさえあります。

ただ、私の心に響くものがあまり感じられなかった、ということです。

 

本書の作者の柚木麻子という作家さんは、『伊藤くん A to E』で第150回の、『本屋さんのダイアナ』で第151回、『ナイルパーチの女子会』で第153回、『BUTTER』という作品で第157回の直木賞候補となり、そして本書『マジカルグランマ』で第161回の直木賞候補となった作家さんです。

 

 

それだけ評価の高い作家さんであることは間違いのない事実です。

当然のことながら、これだけの作家さんなので、バイタリティにあふれたお婆ちゃんの姿の描き方は素晴らしく、特に正子の屋敷の庭の描写は見事です。

例えば、雑草を刈った庭の雰囲気を「草の切り口に生暖かい汁が滲み、目には見えない湯気を立てているように思えた。」などと表わしています。

また、同じ庭を、夜中に家に帰った時に見た正子の印象として、「庭の緑は水気を吸って、闇をもったりと重くしていた。」などという描写は、正子の心象をも示していて、前後の文脈と合わせてすごいとしか言いようがないのです。

 

ただ、物語の良し悪しと個人的な好みは別です。例えば第157回の直木賞候補作となったこの柚木麻子という作者の『BUTTER』という作品は、とうとう最後まで読み通せずに投げ出した記憶があります。

そこでは、人物の心象の詳細な描写があり、加えて料理についてしつこく描いてあったと思います。それこそ、辟易としてしまった印象しかなく、内容があまり記憶にないほどです。

 

 

本書はそこまではありませんが、登場人物それぞれが、それこそ主人公の正子や、居候として重要な役割を果たしている田村杏奈、それに仲のいいご近所さんの間島明美、またごみ屋敷の主で亡くなった正子の旦那の幼馴染でもあった野口さんなど、今一つ存在感が薄いのです。

物語自体が私の好みと異なるために、話の進み方などについてもハードルを高くしてしまい、登場人物の存在感を感じにくいものとしている可能性も確かにあります。しかし、好みですので仕方ありません。

 

現実に直木賞の候補にまでなっている作品であるし、多くの人は高く評価しているようなので、本稿は私の主観が特に強い文章になっていると思われます。

レビューとしては失格でしょうが、そのつもりで読んでいただければと思います。

[投稿日]2019年12月18日  [最終更新日]2019年12月18日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた小説

恋歌 ( 朝井 まかて )
樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品。ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語です。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
ツバキ文具店 ( 小川 糸 )
小川糸著の『ツバキ文具店』は、2017年本屋大賞で第4位になった、一人の代書屋さんの日常を描いた心あたたまる長編小説です。本書の主人公の雨宮鳩子は、代書依頼者の望み通りに、依頼の内容に応じた便せん、筆記具、書体で、勿論、手紙を書く上での作法をふまえ手紙を仕上げていくのです。
トリニティ ( 窪美澄 )
窪美澄著の『トリニティ』は、昭和の経済成長期を中心に、ある雑誌を舞台に展開される三人の女性の生き方を、ある女性によるインタビューへの回答という形を通して描き出した、第161回直木賞の候補作となった長編小説です。
阪急電車 ( 有川 浩 )
阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした小編で出来ている連作短編集です。
あい ( 高田 郁 )
七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」の、ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の、逞しく生きた物語です。

関連リンク

柚木麻子さん「マジカルグランマ」インタビュー 70代女性がヒロインの理由
女同士の友情のあり方を探る山本周五郎賞受賞作『ナイルパーチの女子会』、婚活殺人事件の容疑者と接見を重ねるうちに女性記者が翻弄されていく『BUTTER』など、現代女性が体験する悩みや心の揺れを的確にとらえた小説を発表し続ける柚木麻子さん。
70代女性の起死回生作戦 『マジカルグランマ』柚木麻子 | レビュー
「マジカル」ときけば「魔法のような」「魅惑的な」といった日本語訳が浮かぶ。だから柚木麻子の新作のタイトルが『マジカルグランマ』と知った時は、「魅力的なおばあちゃんの話だな」と思った。だが、この言葉に含まれる意味は、また違うものだった。
妊娠したとたん弱体化した…私が『マジカルグランマ』を書いた理由
元女優の主人公・正子は75歳。きれいな白髪&着物姿に柔和な笑顔を浮かべて芸能界に再デビューするものの夫の死をきっかけに仮面夫婦だったことがバレ、世間から手のひらを返すような仕打ちを受ける……。
マジカルグランマ - ダ・ヴィンチニュース
マジカルグランマ、と聞いてどんなおばあちゃんを想像するだろう。つやつやした白髪に、上品で知的な横顔? あるいはほんわかした微笑みをたたえ、なんでも受け止めてくれる包容力? そんな想像をした人は、すでに「思い込み」と「偏見」の罠に落ちている。
マジカルグランマ - 文藝春秋BOOKS - 文春オンライン
主人公は七十代の元女優の正子。映画監督と結婚をし、若くして引退するが、いまでは大きなお屋敷の敷地内で別居生活をしている。そんな正子がひょんなことから芸能界に復帰したことで、騒動を巻き起こす……。
柚木麻子 - NEWSポストセブン
私の目に映る祖母は完璧な人だった。97歳で亡くなった母方の祖母とは、私が結婚して実家を出るまでほぼずっと同居していた。とにかく優しい。よくないことをしたら注意はされたけれども怒鳴られたり叩かれたりしたことは一度もない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です