高田 郁

あきない世傳金と銀 シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは あきない世傳金と銀(三) 奔流篇 (ハルキ文庫) [ 高田郁 ] へ。


大坂天満の呉服商「五鈴屋」の女衆だった幸は、その聡明さを買われ、店主・四代目徳兵衛の後添いに迎えられるものの、夫を不慮の事故で失い、十七歳で寡婦となる。四代目の弟の惣次は「幸を娶ることを条件に、五代目を継ぐ」と宣言。果たして幸は如何なる決断を下し、どのように商いとかかわっていくのか。また、商い戦国時代とも評される困難な時代にあって、五鈴屋はどのような手立てで商いを広げていくのか。奔流に呑み込まれたかのような幸、そして五鈴屋の運命は?大好評シリーズ、待望の第三弾!(「BOOK」データベースより)

 

「あきない世傳金と銀」シリーズの第三巻目「奔流編」です。

 

卒中のため番頭の治兵衛が店を辞めた後、四代目徳兵衛の妻となった幸ですが、突然阿呆ボンが逝ってしまいます。

その後、店のために四代目の弟である惣次が跡を継ぐことになりましたが、惣次は自分が跡を継ぐためには幸が自分の妻になることを条件としてきたのでした。

やっと町内にも認めてもらい晴れて「五鈴屋」のご寮さんとなった幸に、惣次は、五鈴屋を日本一の店にするために力を貸してほしいと言います。しかし、お家さんの冨久には、奉公人を怒鳴りつける惣次の姿は、心のない商いとしか思えません。

五鈴屋の商売は順調に進みます。しかしながら「商いは情でするもんやない」と言う惣次は、幸に感謝をしつつも「私の陰に居ったらええ。」として、商いの上での戦国武将になるつもりの幸の心とは異なる道をすすむのでした。

 

「五鈴屋」にも幸自身の身の上にも大きな変化が訪れています。「五鈴屋」の主人が四代目から五代目へと変わり、そのことは幸の夫が変わることを意味します。

そうした中にも幸の考えを五代目徳兵衛の惣次が実行し、商いの上での戦国武将になるという幸の思いが次第に現実のものになっていくのです。

商いの道に踏み出した幸の姿がそこにはありました。

 

しかしながら、女としての幸をみると決して幸せだとは言えず、四代目には泣かされ、その弟の惣次もまた結局は自分についてくればいいという夫だったのです。

その上、商売上でも幸を超えようとする惣次、つまり五代目徳兵衛は本巻の終わりには大きな問題を抱え込むことになってしまいます。

そしてそのことはまたまた幸の身の上にも大きな変化をもたらすことになるのです。

商売人として大きく成長しようとする幸、そのことと幸の女としての幸せとは相いれないのでしょうか。

 

幸の波乱に満ちた人生を描いてありますが、高田郁の筆は決して暗くはありません。もちろんコミカルというのではありませんが、この人の書く小説の主人公は常に未来を見つめています。

厳しい人生のなかにも一定の目的、生きがいを見つけ、そのことに邁進する主人公の姿は感動的です。人気があるのもよくわかる作家さんです。

[投稿日]2018年12月14日  [最終更新日]2018年12月14日
Pocket

おすすめの小説

女性が描くおすすめの人情小説

上絵師 律の似面絵帖シリーズ ( 知野 みさき )
上絵師として独り立ちしようとする律という娘の、一生懸命に生きている姿を描く長編の人情小説です。事件に関する似面絵を描くことはあっても、事件について探索する姿中心ではないので捕物帳ではなく、律の恋心や、上絵師としての成長などが描かれる物語です。
一朝の夢 ( 梶 よう子 )
両御組姓名掛りという閑職の北町奉行所同心である朝顔オタクの中根興三郎を主人公とした、作者の優しい目線が光る人情小説で、歴史の渦に巻き込まれていく姿が描かれます。
お狂言師歌吉うきよ暦シリーズ ( 杉本 章子 )
艶やかな舞踊の世界で、商家の娘お吉を主人公とした物語です。
濱次シリーズ ( 田牧 大和 )
梅村濱次という歌舞伎の中二階女形を主人公にした作品です。軽く読めるのですが、それでいて舞台小屋の小粋な雰囲気が全編を貫いている、人情小説といえると思います。ミステリー性はあまりありません。
寒椿ゆれる―猿若町捕物帳 ( 近藤 史恵 )
江戸情緒豊かに、謎ときを中心に据えた物語で、主人公の同心の玉島千蔭が父玉島千次郎や、人気女形の水木巴之丞、花魁の梅が枝などの手助けを得ながら解決していく人情時代小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です