三浦 しをん

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 風が強く吹いている (新潮文庫) [ 三浦しをん ] へ。


箱根駅伝を走りたい―そんな灰二の想いが、天才ランナー走と出会って動き出す。「駅伝」って何?走るってどういうことなんだ?十人の個性あふれるメンバーが、長距離を走ること(=生きること)に夢中で突き進む。自分の限界に挑戦し、ゴールを目指して襷を繋ぐことで、仲間と繋がっていく…風を感じて、走れ!「速く」ではなく「強く」―純度100パーセントの疾走青春小説。(「BOOK」データベースより)

 

箱根駅伝を題材にした長編の青春小説です。

 

駅伝最高峰の舞台である箱根駅伝。その箱根駅伝で走る程の才能豊かな人間が一つのぼろアパートに集まっている、という舞台設定はあまりにも都合がよすぎると思われます。

しかし、その点に目をつぶれば物語の中に一気に引き込まれてしまいました。

 

主人公ハイジが一人の天才ランナーカケルを見つけたことで、ハイジが住む寮に暮らす面々と共に自身の夢であった箱根駅伝に挑戦しようする物語です。

私がもう走れない体になっているので特に思うのかもしれませんが、ただひたすら走るというその行為は人間としての本質であり、とても美しいと思うのです。そのことを改めて思い出させてくれた作品です。

勿論主人公ハイジやカケルの内面の葛藤や、チームが走ることへの障害など、物語もよくできていて、感情移入してしまいました。

箱根駅伝をテーマにした作品と言えば、警察小説でも有名な 堂場瞬一チームがあります。この作品は箱根駅伝本戦出場を逃した大学から、予選会で個人成績が上位に位置した選手が選ばれる学連選抜チームを主題とした作品でした。

 

 

また陸上スポーツをテーマとした作品と言えば 佐藤多佳子の『一瞬の風になれ』も素晴らしい出来でした。

 

[投稿日]2015年03月26日  [最終更新日]2019年3月31日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのスポーツ小説

武士道シリーズ ( 誉田 哲也 )
誉田哲也著の『武士道シリーズ』は、王道の青春小説です。この作家の他の作品にみられるホラーテイストは微塵も無く、空はどこまでも青く澄み渡っている青春世界です。
ひかりの剣 ( 海堂 尊 )
主人公は「ジェネラル・ルージュの凱旋」の速水晃一と「ジーン・ワルツ」の清川吾郎であり、それに高階権太を始めとするチーム・バチスタの面々が絡んでくるのですから海堂ワールドが好きな人にとってはたまらない本ではないでしょうか。
ボックス! ( 百田 尚樹 )
高校ボクシング部を舞台に、天才的ボクシングセンスの鏑矢、進学コースの秀才・木樽という二人の少年を軸に交錯する友情、闘い、挫折、そして栄光。
10 -ten- ( 堂場 瞬一 )
堂場瞬一著の『10-ten-』は、堂場瞬一がラグビーをテーマに描いた長編小説です。急死した進藤監督のあとを継ぐことになったヘッドコーチの七瀬は、選手自身が自分の頭で考えた試合運びこそが自分の高校時代の恩師だった進藤前監督の意思だと信じていたのです。
サクリファイス ( 近藤 史恵 )
プロの自転車競技(ロードレース)を舞台としているスポーツ小説で、また青春小説でもあり、そしてミステリーでもある贅沢な小説です。自転車競技の実態を知らな一般読者には臨場感に満ちた描写に満足できる作品だと思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です