北方 謙三

ブラディ・ドール シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは さらば、荒野 ブラディ・ドール 1 (ハルキ文庫) [ 北方謙三 ] へ。


港町N市にある酒場「ブラディ・ドール」。店のオーナー・川中良一の元に、市長の稲村からある提案が持ちかけられた。その直後、弟の新司が行方不明になっていることを知った川中は、手掛かりを掴むために動き出す。新司は勤務先から機密事項を持ち出し、女と失踪している事が判明した。いったい弟は何を持ち出したのか!?そして黒幕は――。
ハードボイルド小説の最高峰が、ここに甦る。シリーズ第一弾!!( BLOODY DOLL 北方謙三 シリーズ第一弾『さらば、荒野』紹介文 : 参照 )

東京から3時間も飛ばせばたどり着くN市でキャバレーとバーを経営している川中は、レーザーの研究をしている弟が会社から機密資料を盗みだしたとして、色々なところから接触をうけます。莫大な金が絡むその情報を握る弟を助けるべく、川中は行動を開始するのですが、その先に待っているのは思いもかけない事実でした。

この本を読むのはもう何度目のことでしょうか。何度読んでもその面白さは色褪せません。本書は「ブラディドール」シリーズの第一作目の作品です。1983年に本書が出版され、1992年に最終巻の『ふたたびの、荒野』が出るまで、シリーズ全10巻が続きます。

「北方ハードボイルドは“男はこうあらねばならぬ”という生き方を書いている」と言ったのは逢坂剛です。また、「北方ハードボイルドは精神と肉体の軋みを書く」と言ったのは大沢在昌です。共にハードボイルド作家の第一人者ですが、的確な表現はさすがです。

本書でも、主人公の川中は北方謙三の思う「男」を体現しています。更に言えば、キドニー他の本書に登場する男達皆がそうです。その上で、皆が実にキザな言葉を吐きます。ベタなハードボイルドで必ず言いそうな言葉が次々に出て来ます。驚くのは、それらの言葉がから回りすることなく、その場面の雰囲気をきちんと構築し、作品全体として成立していることです。よく考えて見ると、こうした台詞を違和感なく言わせる、そのことこそが作家の力量でしょう。だからこそ面白いし、人気もある。

本書はシリーズの中でも少々異なる一冊のように感じていましたが、今回読み返してみて、その印象は多分間違いないと思っています。というのも、第二巻の『碑銘』からが「ブラディドール」シリーズが本当に始まると思えるからです。それは、キドニーや坂井といった強烈な男達が本格的に動き始めるのが第二巻以降だからでしょう。

勿論、本書でも藤木のような男は既に登場してはいるのですが、本書ではまだ川中個人の問題が物語の中心なのです。ですが、このことは本書が面白さにおいて劣るということを意味しません。面白さの質がちょっと違うと思うだけです。

本書以降、例えば第二巻の『碑銘』では坂井直司が、第三巻『肉迫』では秋山が、それぞれに主人公となり話が進みます。視点の異なるそれらの作品は、また時間を見つけて再度読み返してみようと思わせるシリーズなのです。

蛇足ながら、2016年9月ころから、『ブラディ・ドールシリーズ』がハルキ文庫(角川春樹事務所)から再び刊行されているようです。2017年5月現在で第五巻の「黒銹」までが出版されています。

[投稿日]2015年04月03日  [最終更新日]2017年5月14日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのハードボイルド小説(国内)

ハードボイルドという括りの中でも警察官や探偵が主人公の作品を集めてみました。どの作品も第一級の冒険小説です。
私立探偵沢崎シリーズ ( 原 尞 )
シリーズ第二作目の私が殺した少女では1989年の直木賞を受賞しています。かなり人気の高い、正統派のハードボイルド作品です。
新宿鮫 ( 大沢 在昌 )
この作品はシリーズ化され、4作目「無間人形」では直木賞を受賞していますし、9作目「狼花」、10作目「絆回廊」では日本冒険小説協会大賞を受賞しています。
探偵・畝原シリーズ ( 東 直己 )
札幌を舞台にしたハードボイルド小説です。探偵の畝原の地道な活躍を描き出しています。映画化もされた、ユーモラスなススキノ探偵シリーズの方が有名かもしれませんが、このシリーズも実に味わい深いものがあります。
刑事・鳴沢了シリーズ ( 堂場 瞬一 )
祖父も父親も警察官という血を引く新潟県警捜査一課の刑事鳴沢了を主人公の、ハードボイルド色が濃厚な骨太の警察小説。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。

関連リンク

BLOODY DOLL 北方謙三/ブラディ・ドールシリーズ刊行開始!
眠りについたこの街が、30年以上の時を経て今蘇る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です