透明な螺旋

透明な螺旋』とは

 

本書『透明な螺旋』は『ガリレオシリーズ』10作目となる、新刊書で301頁の長編の推理小説です。

レビューを見ると評価は高いようですが、個人的には東野圭吾の作品としては普通としか思えない作品でした。

 

透明な螺旋』の簡単なあらすじ

 

シリーズ第10弾。今、明かされる「ガリレオの真実」。殺人事件の関係者として、ガリレオの名が浮上。草薙は両親のもとに滞在する湯川学を訪ねる。シリーズ最大の秘密が明かされる衝撃作。(「BOOK」データベースより)

 

南房総沖で背中に射創のある漂流している遺体が見つかった。照会の結果、東京都足立区に住んでいて、行方不明者届が出ている上辻涼太という人物の疑いが強くなった。

ところが、行方不明者届を出した同居人の島内園香という女性が届出の三日後には休職願を出して仕事を休んでおり、連絡が取れない状態にあるというのだった。

この事件は警視庁捜査一課の草薙俊平の係が担当することとなり、千葉県警との合同捜査本部が設けられることとなった。

同居人である島内園香の身辺を調べていくと、園香の母親が親しくしていたらしい松永奈江という絵本作家の名前が浮かんできた。

ところが、松永奈江が書いた絵本の参考文献の中に湯川学の名前が出てきたのだった。

 

透明な螺旋』の感想

 

本書『透明な螺旋』は、二組の女性の人間ドラマを描いたミステリーです。

最初はかつて子を産んだものの夫が急死し、自分で育てることができなくなりその子を児童養護施設の前に置き去りにせざるを得なかった母の話です。

もう一人は島内園香という女性であり、母親の千鶴子をクモ膜下出血で亡くして一人になってしまいます。

そこで園香は、千鶴子が親しくさせてもらっていたナエさんという女性に助けてもらうのです。

 

この物語の中心になるのはこの園香という女性です。

花屋で働いていた園香に眼をつけたのが客として来たことのある上辻涼太であり、母を亡くした園香は上辻とともに暮し始めます。

ところがこの上辻涼太はたちの悪い男で、園香に手をあげ、ホステスとして働かせようとまでするのです。

こうした経緯の末に起きた殺人事件であり、湯川の名前も関係者として挙がり、事件の解決に半分当事者としてかかわることになります。

 

主要な登場人物としては、上記の赤ちゃんを捨てた女性とこの物語の中心となる島内園香とその母親の千鶴子、そして殺された上辻涼太、それにナエという女性です。

探偵役としては湯川以外はこれまたシリーズの馴染みの視庁捜査一課の草薙俊平、草薙の部下の内海薫などがいます。

 

そして、本書『透明な螺旋』の最大の売りは惹句にある「ガリレオシリーズ最大の秘密が明かされる。」という点にあるようです。

でもそれはシリーズを読み続けている人を対象にしか当てはまらない言葉であり、シリーズ冒頭の数冊しか読んでいない私にとってはどちらかというと意味不明の言葉でした。

湯川の私的な日常の一端が明かされていることが珍しいということもあるようですが、その点もよく分かっていませんでした。

やはり、シリーズ物は順番に読み続けていないと物語のニュアンスも上手く読み取れないと思われます。

結局、シリーズを読み込んでいない私にとってはそれほどインパクトのある「秘密」ではなかったのです。

 

本書『透明な螺旋』の終盤までは東野圭吾らしい物語ではあるもののわりと先が読めやすく、その思いのとおりに進行していきます。

ここで「東野圭吾らしい話」というのは、前著『白鳥とコウモリ』もそうであったように、利他的行為という人間の情に起因する物語のことです。

もちろん、そこにはストーリーや文章力と言った要素も絡んでのことではあるのですが、人間の情を根底に置いたうえで論理を展開させる読ませ方のうまさを意味します。

そうした東野圭吾らしい面白さを持った作品という意味で普通だということです。

 

 

しかし、クライマックスに至り、ちょっとした驚きが仕掛けてありました。

こうした裏切りが用意されているからこそ東野圭吾の物語は面白く、辞められない、と言いたくなるのです。

ただ、それまでの展開が東野圭吾にしては普通であったために、冒頭で述べた「普通」という表現になってしまいました。

もう少し、クライマックスに至るまでにインパクトの強い展開を欲していたと言ってもいいかもしれません。

ただ、いちファンとしての過剰な要求と言われれば反論はできず、そういう点では本書『透明な螺旋』は面白い作品だったというべきかもしれません。

白鳥とコウモリ

本書『白鳥とコウモリ』は、東野圭吾の新たなる最高傑作と銘打たれた、新刊書で522頁というかなりの長さを持つ長編の推理小説です。

自分が犯人だと告白する人物の心の内を解明する心打たれる物語ですが、個人的には東野圭吾の普通に面白い作品以上のものではありませんでした。

 

白鳥とコウモリ』の簡単なあらすじ

 

遺体で発見された善良な弁護士。
一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」
2017年東京、1984年愛知を繋ぐ、ある男の”告白”、その絶望――そして希望。
「罪と罰の問題はとても難しくて、簡単に答えを出せるものじゃない」
私たちは未知なる迷宮に引き込まれる――。

作家生活35周年記念作品
『白夜行』『手紙』……新たなる最高傑作、
東野圭吾版『罪と罰』。(「書籍紹介」より

 

東京の竹芝桟橋近で男性が殺されているのが見つかった。被害者は、正義感が強く誰もが良い人だと言う白石健介という弁護士だった。

捜査が進む中、白石弁護士の事務所に電話をかけてきたことがある愛知県安城市の倉木達郎という男が捜査線上に浮かんできた。

被害者の足取りを追うと門前仲町の「あすなろ」という店に通っていたらしい。

その店の経営者である母娘は、1984年に愛知県で起きた「東岡崎駅前金融業者殺人事件」の容疑者として逮捕され、留置場で自殺していた男の家族であるという。

また白石弁護士と倉木達郎とが東京で会っていた事実も判明し、倉木達郎に尋ねると、白石弁護士殺害と過去の金融業者殺害事件まで自分の犯行だと認めるのだった。

 

白鳥とコウモリ』の感想

 

本書『白鳥とコウモリ』は、過去に起こした別の殺人事件が暴かれそうになったために新たな殺人を犯したと自白した被疑者の言葉に関係者が納得せずに真相を解明するべく奔走するというものです。

この二件の殺人事件の関係者は、現在の殺人事件の関係者として、犯人だと自供をした倉木達郎、その息子の倉木和真がいます。

殺されたのが正義感の強い弁護士の白石健介であり、その妻が白石綾子、娘が白石美令です。

そして、捜査員として登場するのが警視庁捜査一課強行犯係の五代努と所轄の中町巡査です。

過去の殺人事件の関係者としては、被害者が灰谷昭造で、犯人として逮捕され警察署内で自殺をしたのが福間淳二です。

その福間の妻が浅羽洋子で娘が浅羽織恵であり、現在、ふたりは門前仲町で小料理店「あすなろ」を経営しています。

これら登場人物のうち倉木和真と白石冬美とが探偵役となっています。

 

著者の東野圭吾は、「今後の目標はこの作品をこえることです」と言われたそうです。

それほどに本作品に自信があるのでしょうが、先述のように個人的には本書『白鳥とコウモリ』は東野圭吾らしい推理小説と思うものの、それ以上の印象はありません。

しかし、読者の大半は本書に感動したというところを見ると、私の印象が少数派であることは間違いがないでしょう。

私も本書『白鳥とコウモリ』が面白い作品であることは否定していません。ただ、特出した面白さというほどのものは感じなかったというだけです。

 

その点だけ確認すれば、本書の面白さは間違いのないところです。

倉木達郎の息子の和真や、白石弁護士の娘の美令による倉木達郎の自白の矛盾点を突き崩していく作業は読みごたえがあります。

でも、倉木の過去の行為のために冤罪に問われ死んだ被害者の家族には真実を告げるべきであり、倉木が言わないのならば自分が伝えるという白石弁護士の言動はやはり不自然です。

いくら正義感の強い弁護士だからといって自分を信頼して話してくれた大切な秘密を、告白した本人の意思に反して相手方に伝えるなどという行為をするはずはありません。

白石弁護士の遺族が、白石弁護士はこうした言動はするはずはなく、倉木の自白は真実ではないと考え娘の美鈴が真実を探るために動き出すのはもっともだと思えます。

問題は警察官や検察官までもがこの自白をそのままに受け入れたという点です。確かに、捜査官、検察官が自白をそのままに受け入れる理由らしきものも書いてはありますが、やはり説得力があるとは思えません。

本書『白鳥とコウモリ』ではこの点が真実解明の出発点であるために、その後の構成について違和感が残ったままになりました。

 

それから細かな点を言うと、被害者参加制度の弁護士が依頼人の家に行くのに委任状を用意していなかったり、さらには和真と美令との関係も必要だったか、などあります。

しかし、こうしたことは難癖と言われるようなどうでもよさそうなものであり、取り上げるほどのものではありません。

 

本書『白鳥とコウモリ』の惹句を見ると「東野圭吾版『罪と罰』」という文言があります。

最初は本書を「罪と罰」とに重ね合わせるとは本書のどのような点について言うのか、よく分かりませんでした。

多分、殺された人間が生きるに値しない人間の屑だとして殺害行為を正当化しようとしていること、さらにはその後で示される自己犠牲的ヒューマニズムをも含めて言っていると、今ではそう思っています。

このことも本書には関係の無いことでした。

ただ、「罪と罰」という名作を惹句に使おうと思うほどに本書の掲げるテーマが深いものだと思われたと思います。

 

本書『白鳥とコウモリ』の大きなテーマである殺人行為とその動機の正当性という点では、社会派の推理小説では一つの大きな分野といってもいいほどに多くの作家さんたちが挑戦されています。

例えば、横山秀夫の作品である『半落ち』もその一つではないでしょうか。

自分の妻を殺したことは認めても、妻を殺害した後の自首までの二日間の行動については何も語らない警察官の物語でした。

その行為の裏に隠された真実はまさに感動の物語だといえ、寺尾聰の主演で映画化もされた作品です。

 

 

また、柚月裕子の『検事の本懐』の「本懐を知る」と『検事の死命』の「業をおろす」という二編の短編にもまた同様に弁護士であった父親が依頼者から預かっていた金を横領したとして黙秘を貫いて収監され、獄死したという物語です。

記者や父親同様に弁護士となった息子の佐方貞人が父親が黙秘を貫いた理由を明かす、これまた感動的な作品でした。

 

 

このように、いろいろな作家さんが挑戦しているテーマの一つだと思うのですが、さすがに東野圭吾の作品であり、本書で告白した倉木達郎やその息子の和真の人物造形は見事なものでした。

惹句で『罪と罰』という古典的な名作を引き合いに出しているのも分からないではない力作だったと思います。

ただ私にとっては、東野圭吾の推理小説という点では、例えば直木賞を取った『容疑者Xの献身』の方がより面白かったと思いますし、また『新参者』の方が事件の裏に隠された真実を暴いていくという点でも面白く感じたという次第です。

 

 

疾風ロンド

強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。(「BOOK」データベースより)

ベストセラー作家東野圭吾のユーモラスな側面を垣間見せる、雪山でのアクション場面が盛り込まれたミステリー小説です。

とある研究所から生物兵器を盗み出して三億円を要求した犯人は、そのまま交通事故で死んでしまいます。一方、上司から盗まれた生物兵器の探索を命じられた栗林和幸は息子の秀人を手伝いとして、生物兵器が埋められていると思われるスキー場に向かうのです。

生物兵器を盗み出した犯人が、すぐに交通事故に遭い死んでしまうという設定自体普通ではありませんが、更に盗み出した生物兵器をスキー場近くの林の中に隠す行為自体、シリアスなミステリーとは異なるオープニングです。

勿論、主人公たちがスキー場を舞台に縦横無尽に駆け回るということのために設けられた設定であり、その設定が十分生かされた娯楽エンターテインメントと言えると思います。

主人公の設定も、上司から探索を命じられた栗林和幸という人物は、何年もスキーをしたことの無い中年のサラリーマンであり、必然的にスキーのうまい人物として息子秀人が登場することになり、スキー場のある地元の女子中学生との淡い青春物語が展開させられます。




また、冒険小説的な側面担当としてこのスキー場のパトロール隊員である根津昇平という男と、その幼馴染の瀬利千晶都が配置されていて、サスペンス色を盛り上げています。

こうして、隠された生物兵器の探索というコミカルな宝探し的な一面と、生物兵器の発動を事前に防止するというサスペンス的な一面とが描かれることになります。

東野圭吾の重厚な人間ドラマを期待することなく、痛快冒険小説として単に娯楽を期待する人には十分な面白さを持った作品だと言えると思います。

共に私は未見ですが、2006年には阿部寛主演で、関ジャニの大倉忠義、大島優子も出演して映画化もされました。また、菊地昭夫によりコミック化もされているようです。

東野圭吾にはもう一点、スキー場を舞台にした推理小説があります。『白銀ジャック』がそれで、こちらは本作に比してよりシリアスな、それでいてアクションは十分なサスペンス小説と言えると思います。この作品には、本書同様に根津昇平と瀬利千晶というコンビが登場しますが、微妙にその設定が異なっています。

また、スキーをメインに描いた推理小説としては、私は未読ですが雫井脩介の『白銀を踏み荒らせ』という作品があります。ワールドカップを転戦する日本スキーチームのメンタルコーチである望月篠子を主人公にしたサスペンス小説で、単純にエンタメ小説と割り切って読めば面白そうな小説のようです。

夢幻花

花を愛でながら余生を送っていた老人・秋山周治が殺された。第一発見者の孫娘・梨乃は、祖父の庭から消えた黄色い花の鉢植えが気になり、ブログにアップするとともに、この花が縁で知り合った大学院生・蒼太と真相解明に乗り出す。一方、西荻窪署の刑事・早瀬も、別の思いを胸に事件を追っていた…。宿命を背負った者たちの人間ドラマが展開していく“東野ミステリの真骨頂”。第二十六回柴田錬三郎賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

この作品を読み終えてからネット上のレビューを見ると、この作品に対する私の印象とは異なる高評価のレビューが多いことに驚きました。もっとも、本作品は第二十六回柴田錬三郎賞を受賞している作品ですから、評価が高いのが当然なのでしょう。

この作品の鍵となるのは梶よう子の『一朝の夢』『夢の花、咲く』でもテーマになっていた「変化朝顔」です。「変化朝顔」とは人間が交配させて作り出された珍しい色や形の朝顔のことを言います。江戸時代はこのめずらしい朝顔の種が高値で取引されていたらしく、そこらを物語に絡めたのが梶よう子の作品でした。

本作でもこの「変化朝顔」を軸に物語が展開するのですが、私にはこの「変化朝顔」という道具がうまく機能しているとは思えななかったために、本作品は私の中ではあまり高い評価ではなかったのです。

数十年前にあった殺人事件。そして蒼太の初恋や、梨乃の従兄である尚人の自殺などの事件が起き、梨乃の祖父である秋山周治の殺害へと続きます。これら無関係の事柄が最終的には一つのことへと収斂していく手際はいつものことながらにうまいものだと思います。

でも、例えば『新参者』や、先日読んだ『ナミヤ雑貨店の奇蹟』には及ばない作品だと思うのです。東野作品の面白さは、その回収をも含めた、作品全体を通した二重、三重の仕掛けの巧みさにあると思うのですが、本書では「変化朝顔」を使った仕掛けが上手く機能しているとは感じませんでした。

しかし、そうはいっても事実他の評価の高いこと、また柴田錬三郎賞を受賞している事実もあることを考えると、私の個人的な感想にすぎないということになってしまいますね。

ところで、「変化朝顔」と言えばもうひと作品がありました。それは田牧大和の濱次お役者双六シリーズの中の『花合せ』という作品です。主役級の役者以外の女形を意味する「中二階女形」である梅村濱次が、師匠の有島仙雀らをも巻き込んだ変化朝顔を巡る騒動に巻き込まれるという物語で、かなり面白く読んだ作品です。

ナミヤ雑貨店の奇蹟

第7回中央公論文芸賞を受賞している、東野圭吾という作家の特色が出ている連作の短編小説、いや長編ファンタジー小説です。

東京から車で二時間ほどの場所に位置する町の一角にある雑貨店は、どんな悩みにも応えてくれることで有名だった。ある日、コソ泥を働いてきた若者らが、もうだれも住んでいないこの雑貨店に逃げ込んできた。ところが、そこに一通の封書が舞い込む。誰かが悩み相談の封書を投げ込んできたのだ。若者らは、この封書を無視することもできず、返事を書くことにした。

本書の構成は短編小説と言っていいのかもしれません。しかし、各短編はお互いに深くかかわりあっていて一遍の長編小説と言えると思います。つまり、「ナミヤ雑貨店」という普通の雑貨店を中心として様々な方が時代を越えて交錯し、互いに助け、助けられして影響を与えあっているのです。私たちの人生もそうで、今のあなたのその行為は他の人に深く影響を与えるかもしれないよ、人間としてのお互いの存在は互いに深くかかわりあっているのだよと言っているようです。

冒頭に“ファンタジー”と書いたのは、いわゆる犯人探しという意味での推理小説とは言えないからですが、物語の構成そのものはミステリアスです。物語の冒頭に、半分朽ちた「ナミヤ雑貨店」にいるコソ泥を働いて逃げてきた若者たちに手紙が届く場面がありますが、誰がこの手紙を届けたのか不明です。誰が、どのようにしてこの手紙を届けたのか、その謎は物語が進むにつれて明らかにされていき、次の物語に進むとまた新しい謎が出てきて、その謎は後に明らかになっていくのです。

東野圭吾の作品らしいといったのは、人間を描いたニューマンストーリーとしても一級の面白さでありながら、先に述べたようにSFチックなミステリー小説としても成立しているところです。

この作者のSF若しくはファンタジー系の作品とすれば13人の男女を残し町が廃墟となる『パラドックス13』や脳移植をテーマにした『変身』のようなSFチックな作品や、タイムスリップものである『トキオ』のようなファンタジックな作品もあってその多彩な能力には驚かされます。

東野圭吾という人の凄さは『加賀恭一郎シリーズ』や『ガリレオシリーズ』のような社会派のミステリーだけにとどまらず、『笑小説シリーズ』のようなコミカルな物語もこなし、加えた本書のようなファンタジックな物語をもこなすところです。職人的な面白さだと言っても良いかもしれません。その多くが映像化されているのも無理もない話です。