松岡 圭祐

千里眼シリーズ(クラシックシリーズ)

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 千里眼の復讐 クラシックシリーズ4 (角川文庫) [ 松岡 圭祐 ] へ。


本書『千里眼の復讐』は、『千里眼 クラシックシリーズ』第四巻の、文庫本の「解説」まで入れると全部で632頁にもなる長編のエンターテインメント小説です。

これだけの長さが必要であったのか疑問がわいてくるほどに長い小説で、読み通す労力に見合うほどの面白さを持っているとは思えない作品でした。

 

千里眼の復讐』の簡単なあらすじ

 

日中開戦を阻止した岬美由紀だったが、違法行為のせいで南京の監獄に収監される。恩赦の条件は連続失踪事件の解決。現場の香港には脳梁切断手術を施された人々の姿が…。友里佐知子の陰謀を察知し東京に戻った美由紀をトンネル崩落事故が襲う。そこに鬼芭阿諛子の声が響いた!「ようこそ、恒星天球教主催のイリミネーションの儀式へ」隔絶された都心の地下深くで繰り広げられるデスゲームの行方は?完全書き下ろし最新作。(「BOOK」データベースより)

 

南京国際戦争監獄の独居房に捉えられていた岬美由紀は、南京國際戰争監獄法務最高顧問の賈蘊嶺(チアユンリン)により独房から出され、香港で起きている不審な失踪事件の解決に力を貸して欲しいと頼まれた。

失踪者の追跡により、とある養護施設にたどり着いた美由紀たちだったが、そこで見たものは本人の知らない間に手術を施された人たちであり、実験材料にされ殺された人たちの死体だった。

その処置を施した者のアパートで恒星天球教の阿吽拿(アウンナ)を名乗る友里佐知子の写真を見つけた岬美由紀は、賈蘊嶺のはからいにより帰国を果たすことになるのだった。

その後、前巻の終わりでジャクソンの焼死の現場にいた中国系アメリカ人のロゲスト・チェンと名乗る老紳士が再び登場し、ペンデュラム日本支社の抹消とペンデュラムグループが破産手続きに入ったと告げる。

その上で、友里佐知子はメフィスト・コンサルティング・グループの特別顧問補佐であったこと、そして岬美由紀に友里佐知子の企図を阻止してほしいと示唆するのだった。

さらにこの老紳士は、美由紀の嗜好に一致する十代半ばの日向涼平という少年を危険にさらし、美由紀に助けさせるのだった。

 

千里眼の復讐』の感想

 

第三巻『千里眼 運命の暗示 完全版』の展開につなげるためでしょうか、前巻では既に帰国したはずの岬美由紀がまた監獄に捕らわれている場面から始まります。

 

 

確かに、前巻の終わりでは懲役二百年を言い渡されましたが、美由紀の貢献度に応じて減刑され、刑期満了で出所した旨の記述がありました。

そして本書冒頭で文庫本で80頁程を中国での活躍に費やし、その後日本に帰ってくるのですが、日本での場面はまた前巻の終わりに登場し美由紀に捉えられる寸前に身体が燃え上がり死んだウィリー・E・ジャクソンの場面へとつながります。

 

その上で、本書『千里眼の復讐』ではまた友里佐知子との戦いが全面に展開されることになり、鬼芭阿諛子(きば あゆこ)とジャムサという存在が直接の敵役として登場します。

すなわち、友里佐知子の企みにより美由紀は山手トンネルへと誘い込まれ、このトンネル内での戦闘行為に巻き込まれるのです。

本書『千里眼の復讐』での戦いはそのほとんどが山手トンネル内での戦いに尽きるのですが、その戦いがこのシリーズのこれまでがそうであるようにツッコミどころ満載です。

また、これほどの紙数を費やす必要があるかと思うほどに長く、読み通すのが苦労でもありました。

簡単に人が死ぬのはこの作者の作品では当たり前ですが、それにしても死に過ぎです。

 

いずれにしろ、あらてめて本書の感想を書くほどのものでもないと思われ、単純に相当に荒唐無稽な物語を楽しめる人だけが楽しめばいい、そうとしか言えない作品でした。

といいながらも、多分シリーズを読み続けることになるのだろうと思います。

[投稿日]2021年08月18日  [最終更新日]2021年8月18日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのアクション小説

ヘルドッグス 地獄の犬たち ( 深町 秋生 )
深町秋生著『ヘルドッグス 地獄の犬たち』は、『煉獄の獅子たち』の後日譚であり文庫本で560頁の長編のエンターテイメント小説です。『煉獄の獅子たち』と同様に、辟易とするほどに暴力に満ちた物語ですが、かなり面白く読んだ作品でした。
リボルバー・リリー ( 長浦京 )
元諜報員の女性と家族を皆殺しにされた少年との逃避行の様子を描いた、文庫本で656頁にもなる長編のアクション小説です。 重厚で長い物語であり簡単には読めない物語ですが、惹き込まれて読んだ作品でした。
妖シリーズ ( 誉田 哲也 )
本『妖シリーズ』は、誉田哲也お得意のエロスとバイオレンス満載のエンターテイメント小説です。本シリーズの特徴を挙げるとすれば、まず挙げるべきは主人公が人間ではないということでしょう。つまり、主人公は四百年という年を経た吸血鬼です。
明日香シリーズ ( 大沢 在昌 )
銃撃により頭部のみ損傷を免れた麻薬取締官・神崎アスカは、脳移植によりマフィアの女の肉体に元女刑事の強靱な精神を併せ持つ存在としてを持って生まれ変わり、パートナーの仁王と共こ悪と戦うのだった。
コルトM1847羽衣 ( 月村 了衛 )
月村了衛著の『コルトM1847羽衣』は、文庫版で468頁の女性を主人公とした長編のアクション小説です。単純に理屈抜きでアクション場面を楽しむためのエンターテイメント小説であり、月村了衛作品とすれば今一つと言えます。

関連リンク

松岡圭祐シリーズ特設サイト| KADOKAWA
舞台は、『千里眼運命の暗示完全版』より続く、岬美由紀が帰国に至る数日前。なんとか日中開戦を阻止した岬美由紀だったが、数々の違法行為のせいで南京の監獄に収監される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です