イラスト1
Pocket

長浦 京 雑感

1967年埼玉県生まれ。法政大学経営学部卒業。出版社勤務、音楽ライターなどを経て放送作家に。その後、指定難病にかかり闘病生活に入る。2011年、退院後に初めて書き上げた『赤刃』で、第6回小説現代長編新人賞を受賞しデビュー。17年、デビュー2作目となる『リボルバー・リリー』で第19回大藪春彦賞を受賞。19年、3作目『マーダーズ』で第2回細谷正充賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
引用元:HMV&BOOKS

 

長浦京という作家は、非常に緻密で、濃密な作品を書かれる作家さんのようです。

上記の長浦京プロファイルを見ても分かるように、デビュー作『赤刃』で第6回小説現代長編新人賞、デビュー第二作『リボルバー・リリー』で第19回大藪春彦賞、デビュー第三作『マーダーズ』で第2回細谷正充賞と、新作を出版するたびに受賞歴を重ねておられます

 

 

更には、デビュー四作目の『アンダードッグス』は第164回の直木三十五賞候補作に選ばれている驚異の作家さんです。

 

 

[投稿日] 2021年01月15日  [最終更新日] 2021年1月19日
Pocket

関連リンク

【特別公開】実力派作家・長浦京が死の淵を彷徨った末えぐり出したの渾身の時代小説『赤刃』
便器に下血した鮮やかな赤を見た時、初めて人の血の美しさを純粋に伝えたい思いに駆られたという『赤刃』の著者、長浦京さん。病院のフロアで死の淵を垣間見、生と死となりあわせのギリギリの環境が、執筆へと向かわせた。
長浦京「警察嫌いが警察官を、マラソン嫌いがマラソンを書く理由」
今から十七年前―― 「やめたくてもやめられない。だからもう警察に行くしかないんだ」 友人Aからそんなメールが携帯に届きました。
国家機密を奪い取れ!ハリウッド級のエンタメ小説、長浦京『アンダードッグス』8月19日発売!
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、長浦京著『アンダードッグス』を2020年8月19日(水)に発売しました。
安倍首相と同じ潰瘍性大腸炎で下血…“死生観”が変わり作家デビューした長浦京の思い
安倍晋三首相が28日、持病である潰瘍(かいよう)性大腸炎の再発を理由に辞任する意向を明らかにした。潰瘍性大腸炎は、333つある指定難病の一つで、大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患。
エンタメ小説に相次ぐ新星作家、壮大な物語紡ぐ - Nikkei
昨年の大藪賞を「リボルバー・リリー」(講談社)で受賞したのは長浦京(50)。関東大震災後の東京などを舞台に、特務機関で訓練を受けた女性が、消えた陸軍資金の鍵を握る少年を守り、陸軍やヤクザと闘う冒険活劇だ。