鳥羽 亮

イラスト1
Pocket

文庫

徳間書店

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 壬生狼 [ 鳥羽亮 ] へ。


幕末に京都を震え上がらせた新選組の隊士・沖田総司は、子どもと鬼ごっこをしていた。殺戮の場で、牙を剥いた悲愴な狼が、幼子のように無垢だった。人を斬った翌日は、血の臭いを振り払うために戯れるのだ。そこへ美しい娘が現れ、総司は魅入ってしまう。天然理心流の剣が何より大事であったが、胸は高鳴るばかり。が、労咳に冒された総司は、ただ、娘の額に口づけしかできなかった…。(「BOOK」データベースより)

剣士、剣戟を描いては当代一流の鳥羽亮の描く沖田総司ですから、かなりの期待を持って読みましたが、それが却って仇だったのか、この作者にしては平凡な出来としか思えませんでした。

沖田総司の物語と言えば、 大内美予子の『沖田総司』をすぐに思い出し、比べてしまいます。現在の沖田像を作り上げたと言っても過言ではないこの大内作品を基準にすると、どうしてもハードルが上がるとともに、大内作品を一つの型として見てしまうのです。

それは別にしても、鳥羽亮という作家の作品として見ても沖田総司の物語としての独自性をあまり感じることができず、他の沖田総司を描いた作品と比して抜きんでるものを感じられませんでした。軽口をたたいてばかりで、子供と遊ぶ中で笑い声の絶えない人柄でありながら、労咳という病のゆえに人を愛することをためらう総司という人間像は同じであり、そしてそれ以上のものではないのです。

これが鳥羽亮と言う作家の作品でなければ、普通の面白い作品という感想で終わっていたのかもしれません。しかし、この作家はハードルを高くしてもそれを超える面白さがあるという期待を抱かせる作家であることも事実であり、読み手の勝手な期待ではありますが、更なる作品を期待するばかりです。

まことに残念な作品でした。

[投稿日]2017年02月22日  [最終更新日]2017年2月22日
Pocket

おすすめの小説

新選組を描いた小説

新選組を描いた作品は数多くあります。下記はその一部です。どこ作品も面白さ満載です。
新選組始末記 ( 子母澤 寛 )
この本をはじめとする「新選組三部作」はその後の新選組もののバイブルになっていて、以後の作品は殆どが三部作を資料としていると聞きました。
燃えよ剣 ( 司馬 遼太郎 )
土方歳三の一代記です。本書を原作とするテレビドラマでは栗塚旭が土方を演じていました。一昔前までは新選組と言えばこの本で描かれた新選組であり、土方でした。
新選組 幕末の青嵐 ( 木内 昇 )
これまでとは異なり、個々の隊士の視点から、新選組を立体的に描いた作品です。この本は掘り出しものでした。他に「地虫鳴く」という作品もあります。
新選組秘帖 ( 中村 彰彦 )
他の作家は描きそうもない新選組隊員を描く、新しい切り口の新選組の物語です。他の小説では名前すら出てこないような人々を中心に据えて、それらの人々そのものを描き出そうとした試みは斬新です。
新選組藤堂平助 ( 秋山香乃 )
藤堂平助を主人公とした作品で、物語自体に新解釈はありませんが、藤堂平助の視点での新しい見え方はあります。とくに、秋山香乃という作家独特の新選組の捉え方があり、その捉え方を気にいるかどうか、で本書の評価も大きく変わってくることと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です