高嶋 哲夫

イラスト1
Pocket

文庫

集英社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


この作家のいわゆる「パニック小説三部作」のうちの一冊です。

阪神淡路大震災の被災者でもある瀬戸口誠治が開発した地震関連のシミュレーションプログラムの結果は、M8クラスの東京直下型の地震が起きるというものだった。同じ被災者である河本亜紀子が秘書をしている堂島智子衆議院議員に会い、東京で起きる直下型地震への対応を働きかけるが、地震学会が東京直下型地震は除外しているため手が打てないでいた。そんな中、M5.5クラスの地震が東京を襲う。

原子力技術者としての経歴を有する著者は、その科学的知見をもとにして種々の啓蒙書を書かれています。地震関連の書籍を挙げると『[体験者が明かす] 巨大地震の後に襲ってきたこと』や『巨大地震の日―命を守るための本当のこと』『東海・東南海・南海 巨大連動地震』などです。

本書に限らずではありますが、高嶋哲夫という作家の描くパニック、シミュレーション小説は、エンターテインメントのタッチに乗せた啓蒙の書の意味合いが大きいと思われます。

パニック小説という分野は、非日常下における人間ドラマを描くことにその主眼があったのでしょう。しかし、地震、津波、台風(洪水)の三部作の他にパンデミックや富士山の噴火など、さまざまな災害ものを書かれている著者は、どれも原子力技術者として現場に深くかかわってきた経験から、人間の持つ技術に対する信頼を持ちながらも、一方で、大自然とのかかわり方をも含め、深く危惧されているようにも思えるのです。

そんなパニック小説は、災害を予見する科学者、それに対しなかなか動かない行政、その行政を動かそうとする主人公、という一つのパターンがあるように思えます。災害を予見する科学者自身が主人公というパターンもありますが・・・。

本書の場合もこのパターンにあてはまり、地震学者である瀬戸口誠治が、自らの研究結果をもとに割り出した東京直下型地震の危険性を行政の長に認識させようとします。なかなかに動かない総理大臣と、それとは対照的にそれなりの対策を整え来るべき地震に備えようとする東京都知事という設定のもと、現実に地震が襲います。

その後は襲ってきた地震に対応する行政や一般市民の姿が描かれます。この点、実際に被災されたであろう方などからは、本当はまだ悲惨だという声もありますが、現場を知らない身には、本書は本書なりにかなりリアリティを持って描写してあると感じました。

いずれにしても、特に「地震」に関しては、阪神淡路大震災や東日本大震災を経験し、更には確実にくると言われている東海大地震などの問題を抱える我ら日本人にとって喫緊の課題であることには違いなく、そういう意味でも本書には大きな意義があると感じます。

[投稿日]2016年01月26日  [最終更新日]2016年1月26日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのパニック小説

各種パニック小説です。未読の作品もあります。
蒼茫の大地、滅ぶ ( 西村 寿行 )
中国からやってきた飛蝗(トノサマバッタ)のために壊滅的な被害をこうむった東北六県は、日本政府からも見捨てられ、日本国との軍事的対立をも辞さないとして独立を宣言するのだった。非常に面白いシミュレーション小説です。他に『滅びの笛』などもありますね。
日本沈没 ( 小松 左京 )
小松左京氏は「国土を失った民族の行く末」を描きたかったらしいのですが、そこにまでは至っていません。日本という国土そのものが無くなって行く過程がシリアスに描かれます。面白さは抜群です
終末のフール ( 伊坂 幸太郎 )
小惑星との衝突により、三年後の滅亡が判明している社会で、人はどう生きるのか。生きることの意味が問われる短編集です。未読ですが評判が良い本です。
夏の災厄 ( 篠田 節子 )
東京近郊で日本脳炎が発生。従来のものとは異なり、致死率が非常に高いものであり、対策も立てようがないのだった。特定のヒーローではなく、普通の人々の夫々の活躍が描かれています。
油断 ( 堺屋 太一 )
日本に油が入ってこなくなったら・・・。通産官僚であった著者が描くシミュレーション小説というべきかもしれません。
大空港 ( アーサー・ヘイリー )
グランドホテル方式によるパニックドラマです。一時期はこの人の作品は全てベストセラーでした。映画化もされています。
南極大氷原北上す ( リチャード・モラン )
スペインの国土ほどあろうかというロス棚氷が南極大陸から切り離され、時速13キロで太平洋を北上しはじめた。全編緊迫感に満ちた小説です。
本

関連リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です