伊坂 幸太郎

イラスト1
Pocket

文庫

集英社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


あと数年後には確実な死が待っている、そういう状況で、人はいかに生きるか、生きることができるか、を問う連作の短編小説です。「太陽のシール」、「籠城のビール」、「冬眠のガール」、「鋼鉄のウール」、「天体のヨール」、「演劇のオール」、「深海のポール」の、全部で八編の物語が収められています。

まず、この舞台設定がうまいですね。三年後の小惑星の衝突で全人類は滅亡します。でも現在ではその事実が分かってから既に五年が過ぎているのでパニックも収まり、社会はそれなりの平穏を取り戻しています。つまりは、通常の平穏な日常の中で、三年後には全員の死が確実な状況での、普通の人達の生き様はどのようなものか、が語られるのです。

例えば最初に語られる「終末のフール」はありふれた夫婦と娘の話です。ただ、父親は母親に対し何かにつけ「馬鹿」と言い続けていて、反発した娘は家を出ています。「出来そこない」と言われていた息子は娘が家を出て二ヶ月後に自殺しています。その娘が、息子の死後10年ぶりに、この時期に帰ってくる、その様が描かれています。

この設定自体は何ら特別なものではありません。ただ、誰もが残り三年の寿命しか無いという異常な状況で、久しぶりの親子の会話が交わされるのです。そうした状況下で人間はどの様な行動を取るものか。その異常な状況下で繰り広げられる展開の決定打は、馬鹿と言い続けられてきた母親の一言でした。

いかにも重く、暗い話のようですが、決してそのようなことはないホームドラマです。娘が最後に発した「三年もある」という言葉を父親は重く受け止めます。そして、物語は小さな感動を残してくれました。その感動は、三年という限定された全員の命に対しての、母親の明るさに対する敬意でもあります。

このほかに七編の小さな感動をもたらしてくれる短編からなっている本書ですが、伊坂幸太郎という作家の力量を思い知った物語でもありました。

[投稿日]2015年10月25日  [最終更新日]2015年10月25日
Pocket

おすすめの小説

読みやすく、ユーモアのある小説

本書『終末のフール』は、特殊な状況下での人間ドラマを人間味あふれる文章で綴った物語ですが、同様にユーモア感の漂う雰囲気で紡ぎだされた物語を集めてみました。
三匹のおっさん ( 有川 浩 )
還暦を過ぎた三人のおっさんたちが日常に潜む身近な悪を退治する物語。とても読みやすく、それでいて面白いユーモアに満ちた連作短編集です。
オイアウエ漂流記 ( 荻原 浩 )
塚本とともに無人島に流れ着いた個性的な9人と犬一匹の生活が、ユーモアあふれる筆致で進みます。
プリズンホテル ( 浅田 次郎 )
関東桜会木戸組の初代組長木戸仲蔵がオーナーであるリゾートホテルは、スタッフもまたお客も癖のある人たちが集うホテルだった。木戸仲蔵の甥っ子である木戸孝之介は愛人の田村清子と共にそのホテルの客となり、ドタバタ劇が繰り広げられます。
ムツゴロウの青春記 ( 畑 正憲 )
かなり古い本で、小説でもありませんが、青春時代に読むべき本の一冊だと思っています。あのムツゴロウさんの抱腹絶倒の青春記です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です