紹介作品

イラスト1
Pocket

小野 不由美 雑感

小野不由美』のプロフィール

 

大分県中津市生れ。大谷大学在学中に京都大学推理小説研究会に在籍。「東亰異聞」が1993(平成5)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となり、話題を呼ぶ。2013年、『残穢』で山本周五郎賞受賞。著書に『魔性の子』『月の影 影の海』などの〈十二国記〉シリーズ、〈ゴーストハント〉シリーズ、『屍鬼』『黒祠の島』『鬼談百景』『営繕かるかや怪異譚』などがある。引用元:小野不由美 | 著者プロフィール – 新潮社

 

小野不由美』について

 

現時点(2022年10月)では、まだ『十二国記シリーズ』の第一巻『月の影影の海』を読んだだけなので、まだ何も書くことはありません。

多分、今後読む機会が増える作家さんだと思うので、その後で更新したいと思います。

[投稿日] 2022年10月24日  [最終更新日] 2022年11月9日
Pocket

おすすめの小説

日本のファンタジー小説

鹿の王 ( 上橋菜穂子 )
戦士団の頭であったヴァンは奴隷として囚われていたが、ある日黒い獣の一団が襲ってきた後、鉱山の者皆が流行り病で死んでしまう。生き残ったのはヴァンと幼子だけだった。2015年本屋大賞、第4回日本医療小説大賞を受賞しています。
かがみの孤城 ( 辻村深月 )
辻村深月著の『かがみの孤城』は、自分の居場所を無くした現実の中学生が、現実と異世界とを行き来し、自分の居場所を見つけるという、実に面白いく読み応えのある、2018年の本屋大賞を受賞した長編のファンタジー小説です。
この本を盗む者は ( 深緑 野分 )
本書『この本を盗む者は』は、一人の女子高校生を主人公とする新刊書で360頁の長編のファンタジー小説で、2021年本屋大賞にノミネートされた作品です。終わり近くまでは読むのをやめようかと思うほどに私の好みとは異なる物語でした。
折れた竜骨 ( 米澤 穂信 )
折れた竜骨著の『折れた竜骨』は、獅子心王リチャードの存した十二世紀末の欧州の、ロンドンから三日ほどの位置にあるソロン諸島を舞台にした、剣と魔法の世界を舞台にしている、第64回日本推理作家協会賞を受賞した本格派の推理小説です。
図書館の魔女シリーズ ( 高田 大介 )
高田大介著の『図書館の魔女シリーズ』はタイトルからくる印象とは異なり、口のきけない娘を主人公とする、剣と魔法ではない「言葉」にあふれた異色のファンタジー小説です。

関連リンク

小野不由美のおすすめ小説10選。独特の世界観が魅力の作品をピックアップ
ホラーやミステリーを得意とする作家「小野不由美」。「十二国記シリーズ」「ゴーストハントシリーズ」などのシリーズ作品から、『残穢』のように実写化されたホラー作品な...
小野不由美「営繕かるかや怪異譚」シリーズ特設サイト
営繕屋は死者の声を聴き、修繕する。人々の繋がる想いに涙する魂の物語。建物で起こる怪異を解くため、営繕屋は死者に思いを巡らせる。
「十二国記」シリーズ、30年目の新事実とは? 小野不由美が作り出した、優しくない異世界
なんとも嬉しい本が出たものだ。新潮社編の『「十二国記」30周年記念ガイドブック』のことである。タイトルそのまま、小野不由美の「十二国記」シリーズが30周年を迎え...
「小野不由美」人気の作品ランキング
「小野不由美」人気の作品ランキング
『十二国記』だけじゃない! 小野不由美の怪異譚で「怖い」の意味を考える
私はホラー映画が苦手です。観た後も怖さが続いて苦しいからです。例えば、2009年に製作された『エスター』。赤ん坊を亡くした夫婦が幼女を迎えたことによって起こるお...
小野不由美作品の初実写化となる今週注目の映画: 「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」
1月最終週となる今週注目の映画は、ザフール制作のホラーミステリー映画「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」だ。本作は、2012年に発売された小野不由美氏のホ...
綾辻行人と妻・小野不由美との出会いは京都大学のミステリー研究会!映画化、おすすめ作品は?
綾辻行人は「館」シリーズが秀逸!妻の小野不由美との出会いは京都大学のミステリー研究会!綾辻行人は推理小説、ホラー小説の第一人者!妻は人気作家の小野不由美!綾辻行...