吉川 英梨

女性秘匿捜査官・原麻希シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは マリア 女性秘匿捜査官・原麻希 (宝島社文庫) [ 吉川英梨 ] へ。


警視庁鑑識課に勤める原麻希は、奈良での失態を受けての謹慎中に、友人の離婚式で原田という刑事から相談を持ちかけられる。とあるアパートの一室で見つかった女性の自殺体が、他殺ではないかと言うのだ。現場に残っていたゲソ痕から、麻希は恵比寿の女子高へとたどり着く。そしてそこで、第二の事件と遭遇するが―。ついに宿敵リクルーターの素性が明らかになる!?映像化もされた人気シリーズ第3弾。 (「BOOK」データベースより)

前作『スワン』での事件により謹慎処分を受け、三ヶ月目になる原麻希です。その謹慎中に、原田という刑事から、とある事件の女性自殺体が他殺と思われるので確認して欲しいとの相談をうけるのでした。翌日、早速に現場に残された足跡の写真を見た麻希は、事件の日から今日までの都内の中・高校で体育祭か文化祭をやっているところを探せばいいとあたりをつけ、その条件に合致する私立あけぼの女学館高等学校を捜し出します。

ところが、そこでは新たな事件が起き、そこにリクルーターが関係しているらしい痕跡を見出すのでした。

今回の麻希は家庭内での娘や夫についての悩みを持ちつつも、リクルーターが関係している可能性があるところから、謹慎中でありながらも結局は現場の仕事に借り出されてしまう姿が描かれています。

また、麻希の上司として、伊達警視正という何とも人物像がつかめない男が登場し、麻希の行動におきな影響をえたえます。また多分今後のストーリー上も大きな位置を占めるのではないかと思われるのですが、今のところ何も分かりません。

本書の物語は、麻希も娘である菜月との気持ちのすれ違いや、物語の舞台となる高校生との比較など、親子の関係についても絡ませながら、友人の仁木愛香、倉本織江、そして麻希の元許婚で公安二課の広田達也らと共にリクルーターを追いかけている姿も描かれ、相変わらずにテンポよく進みます。

[投稿日]2017年11月24日  [最終更新日]2017年11月24日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの警察小説

推理小説の分野は佳品が多く絞ることが難しい分野ですね。個人的な、あくまで個人的な参考意見だと思ってください。
孤狼の血 ( 柚月 裕子 )
菅原文太主演の映画『仁義なき戦い』を思い出させる、ヤクザの交わす小気味いい広島弁が飛び交う小説です。それでいてヤクザものではない、警察小説なのです。この手の暴力団ものが嫌いな人には最も嫌われるタイプの本かもしれません。
傍聞き ( 長岡 弘樹 )
長岡弘樹著の『傍聞き』は、四編の短編を収めた推理小説集です。どの物語もトリックのアイディアがユニークで、人物の心理をうまくついた仕掛けは、新鮮な驚きをもたらしてくれました。第61回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した作品でもあります。
64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
犯人に告ぐ ( 雫井 脩介 )
とある誘拐事件が発生し、県警本部長の曾根は、かつて起きた誘拐事件で誘拐された子供が殺されてしまうミスを犯した巻島史彦特別捜査官をテレビに出演させる手段を思いつき、巻島に命じるのだった。
制服捜査 ( 佐々木 譲 )
札幌で刑事として長年勤務していた川久保篤巡査部長が、十勝の田舎の駐在さんになり、さまざまな事件を解決する、かなり読み応えのある小説です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です