久坂部 羊

イラスト1
Pocket

新刊書

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 悪医 (文庫) [ 久坂部 羊 ] へ。


余命宣告された52歳の末期がん患者は、「もう治療法がない」と告げた若き外科医を恨み、セカンドオピニオン、新たな抗がん剤、免疫細胞療法、ホスピスへと流浪する。2人に1人ががんになる時代、「悪い医者」とは何かを問う、第3回日本医療小説大賞受賞の衝撃作。(「BOOK」データベースより)

 

患者側と医師側その両方の視点による主張を展開する、日本医療小説大賞を受賞した、長編の医療小説です。

かなり重く、暗い話でしたが、読了後は“爽やかな”とは言えないまでも、それまでの閉塞感からは開放されるだけの感動が待っていました。

 

医療小説といえば“命”と直接に向き合う話であるのは当然です。特に本書のように「癌」をテーマにする以上は、重く暗い話にあるのは当たり前です。

でも、作品によっては本書のようではなく、誤解を恐れずに言えば、もう少し軽く接している作品もあります。

例えば、 夏川草介の『神様のカルテシリーズ』でもがんを患っている患者の話は出てきます。そして、つらい現実に直面するのですが、本書程には陰鬱ではありません。

ただ、『神様のカルテシリーズ』の場合は、ある医者を主人公として地域医療を考えることを主眼に書かれていて、主人公の性格を個性的にしてユーモアを交えて描くなど、物語自体が重くならないような仕掛けを施してあります。

 

 

これに対し本書『悪医』の場合は、「癌」の告知をする医者と告げられた患者という特定の関係を描くことで癌医療の現実を描きだしていて、作品の雰囲気が異なるのは当たり前です。

 

読み始めてしばらくは、この作者の作品を読むことは初めてということもあり、決してうまい文章とは言えない、などと考えながらの読書でした。

その上、いわゆる金儲け主義の医者や研究データを大事と考える医者などが登場するにつれ、登場人物の描き方が類型的に過ぎはしないかとの疑問も抱いていました。

 

しかしながら、そうした批判的な読み方も、必死で生きようとして様々な治療を試そうとしてなけなしの大金をつぎ込む患者の態度や、医者同士の会話などに、客観的になれずに感情移入している自分がいるのに気が付きます。

医者同士の会話に出てくる、「医者は経験上、無理な治療は状況を悪化させることを知っている。」との言葉や、「患者というのは、望みがない状況になっても無理やり希望を作り出す」との医長の言葉などは印象的です。

とりようによっては上からの目線とも思えるその言葉の先に、本書でいう医者と患者の立場の違いがあり、すれ違いがあるからです。

 

本書では、森川医師の患者のためを思って告げた癌の治療断念の言葉が、その真摯さが患者には伝わりません。

癌を告げられた患者からすれば、自分の命がかかっているのですから見放されたとしか思えず、もう少し患者の気持ちを分かってほしいと望みます。

結果として医者と患者との気持ちに齟齬が生じ、患者は自分でセカンドオピニオンを求め、まさに「悪医」に取り込まれていきます。

 

本書の一番の魅力が、医者と患者とのリアルな対立を通して医療の本質を描いている点にあるのは勿論です。

しかしながら、その描写の過程で、医者の森川については妻の瑤子の言葉が、患者の小仲についてはボランティアの稲本や吉武の言葉が、視点の多様性をもたらしているところもまた大きいのではないかと思っています。

患者からは冷酷な医者との言葉を投げつけられる医者が、実は勉強家であり、食事の時間も惜しんで患者のために尽くす医者である事実があるなどの叙述は、物事の見方の多面性を示す一例でもあります。

 

物事は一面的ではない、という事実を物語の中で示してくれている作品はそう多くはありません。

一つの出来事に対するある見方に対し、立場を変えた視点で更なる考察を施す。そうした多視点での物事の捉え方を示してくれている作品は読んでいて実に安心でき、納得できます。

本書は現役の医者であるという立場でそいう視点をもたらしてくれている作品だと思うのです。

 

結果として、非常に重い作品ではあるのだけれど、読後にはその重さをはねのけるだけの感動をもたらしてくれる作品であり、日本医療小説大賞受賞も納得の作品でした。

[投稿日]2020年03月15日  [最終更新日]2020年3月15日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの医療小説

孤高のメス―外科医当麻鉄彦 ( 大鐘稔彦 )
肝臓移植の問題をテーマにした文庫本で全六巻という長編の医療小説です。当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。
閉鎖病棟 ( 帚木蓬生 )
ある精神科病棟を舞台に、そこに入院している患者たちの日常を描いて山本周五郎賞を受賞した長編の感動作品です。精神病院に入院している患者の生活を描くことで、人間としての存在、その尊厳などについて改めて考えさせられる作品です。
鹿の王 ( 上橋 菜穂子 )
戦士団の頭であったヴァンは奴隷として囚われていたが、ある日黒い獣の一団が襲ってきた後、鉱山の者皆が流行り病で死んでしまう。生き残ったのはヴァンと幼子だけだった。第4回日本医療小説大賞を受賞しています。
白い巨塔 ( 山崎豊子 )
大学病院の医局という全く未知の社会が描かれていて、何より自分の野心の実現のためには手段を選ばない主人公財前五郎、その財前に対する良心とも言うべき里見脩二やその他のキャラクターが非常に良く描けていること等、物語としての面白さの要素が満ち溢れている作品です。
ひとつむぎの手 ( 知念実希人 )
2019年本屋大賞にノミネートされた、純正会医科大学の付属病院を舞台とした長編の医療小説です。良くも悪くも大学病院の医局を舞台にした小説で、絶対権力者の教授を頂点とする階層社会の中で苦闘する青年医師の姿が描かれています。

関連リンク

患者が知らない「がん治療の真実」 作家・久坂部羊×医師・上昌広対談
国立がん研究センターは2月、がん患者の部位別10年生存率を公表。昨年12月の「現場からの医療改革推進協議会」では画期的な臨床報告が相次いだ。
久坂部羊さんの読書日記:大学教授の畏友・親友・悪友から勧められた3冊
今回は、『悪医』単行本刊行時(2013年11月)に久坂部羊さんからお寄せいただいたエッセイを再掲載します。さすがは医師作家!な読書日記です。
第3回日本医療小説大賞 授賞式/久坂部羊氏の『悪医』が受賞
第三回日本医療小説大賞(日医主催,厚生労働省後援,新潮社協力)の授賞式が五月二十七日,都内で開催され,日医からは,今村聡副会長,今村定臣・小森貴・藤川謙二・石川広己・道永麻里各常任理事が出席した.
久坂部羊のお仕事。【公認サイト】
久坂部羊のお仕事。【公認サイト】
【書評】『悪医』久坂部羊著 - 産経ニュース
医師から「これ以上、治療の余地はありません。あとは時間を有意義に使ってください」と告げられた末期がんの患者。医師の言葉はあまりに配慮を欠いていると憤り、「どんな副作用でも耐えてみせる」と病院を渡り歩く。
医者の言い分 vs. 患者のさけび - 朝日新聞 関西スクエア
 治療に万策尽きた医者と、何としてでも治って生きたい患者――第3回日本医療小説大賞を受けた久坂部羊さんの小説「悪医」(朝日新聞出版)は、現代の医療が抱える古くて新しい問題を、鋭くえぐった小説だ。
「悪医」久坂部羊著|日刊ゲンダイDIGITAL
52歳の小仲は、早期の胃がんが見つかり手術。担当医の森川は、95%治ると断言したが、11カ月後に肝臓へ転移。苦しい抗がん剤治療に耐えたが、がんはさらに腹膜にも転移し、森川からもう治療法がないと余命3カ月を告げられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です