山崎 豊子

イラスト1
Pocket

文庫

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 白い巨塔(第1巻) (新潮文庫) [ 山崎豊子 ] へ。


国立大学の医学部第一外科助教授・財前五郎。食道噴門癌の手術を得意とし、マスコミでも脚光を浴びている彼は、当然、次期教授に納まるものと自他ともに認めていた。しかし、現教授の東は、財前の傲慢な性格を嫌い、他大学からの移入を画策。産婦人科医院を営み医師会の役員でもある岳父の財力とOB会の後押しを受けた財前は、あらゆる術策をもって熾烈な教授選に勝ち抜こうとする。(「BOOK」データベースより)

 

医学界の腐敗をあからさまに描き出した社会派の長編小説です。

 

昔、テレビで放映されていたのを見た記憶があります。田宮二郎演じる主人公の財前五郎は勿論、山本學の里見脩二が田宮二郎を上回る印象を残していました。

このテレビを見たのが先で、その後原作を読んだのかもしれません。そこらの記憶はあいまいです。

本作品は繰り返し映像化されています。田宮版「白い巨塔」には映画版とテレビドラマ版とがありますが、テレビドラマ版が最も評価が高いと記憶しています。近年では、2003年の唐沢寿明版があり、評判になりました。

 

 

しかし、本作品が閉鎖的であった大学病院の医局の内実を明らかにし、1960年代の各方面に大変な影響を与えたのだと後に聞きました。

私が見た田宮版のテレビ放映が1978年ということですから、原作を読んだのもこの頃です。多分「白い巨塔」を読んで山崎豊子作品にはまったと思うのです。「不毛地帯」(新潮文庫 全五巻)も「華麗なる一族」(新潮文庫 全三巻)もこの当時一気に読んだ筈です。

 

 

特に「白い巨塔」は、大学病院の医局という全く未知の社会が描かれていて、そこで繰り広げられる人間模様が尋常ではない緊迫感をもって描写されています。

何より自分の野心の実現のためには手段を選ばない主人公財前五郎が実に生き生きと描写されており、その財前に対する良心とも言うべき里見脩二やその他のキャラクターが非常に良く描けていることなど、物語としての面白さの要素が満ち溢れているのです。

 

小説とはかくあるべきというお手本のような作品です。是非読むべきです。

[投稿日]2015年04月21日  [最終更新日]2020年3月7日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です