紹介作品

著作

  1. 悪医
イラスト1
Pocket

久坂部 羊 雑感

1955年、大阪府生まれ。大阪大学医学部卒。外務省の医務官として9年間海外勤務の後、高齢者が対象の在宅訪問診療に従事。その一方で20代から同人誌「VIKING」に参加し、2003年『廃用身』で作家としてデビュー。以後、医療の現実を抉り出す衝撃作を次々に発表している。2014年『悪医』で第3回日本医療小説大賞を受賞。その他の著書に『破裂』『無痛』『第五番』『芥川症』『嗤う名医』『老乱』『院長選挙』などがある。( 久坂部羊 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2020年03月15日  [最終更新日] 2020年3月15日
Pocket

関連リンク

久坂部羊のお仕事。【公認サイト】
久坂部羊のお仕事。【公認サイト】
「久坂部羊」人気の作品ランキング | ダ・ヴィンチニュース
「久坂部羊」人気の作品ランキング
久坂部羊さんの読書日記:大学教授の畏友・親友・悪友から勧められた3冊
現役医師作家・久坂部羊さんの長編小説『悪医』(第3回日本医療小説大賞受賞作)が、このほど文庫になりました。