東 直己

榊原健三シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは フリージア (ハルキ文庫) [ 東直己 ] へ。


過去を隠し、人目を避けて山奥で暮らす榊原健三の許に、かつての暴力団仲間が現れた。その男が見せた数枚の写真には、髪型をかえて容貌が変わったが、健三が決して見間違うはずのない多恵子の姿が写っていた。多恵子が狙われていると知ったその瞬間から、健三の闘いが始まった―。札幌に進出を企む関西暴力団との抗争に巻き込まれたかつての恋人を、男は守りぬけるのか!?傑作長篇ハードボイルド。(「BOOK」データベースより)

 

榊原健三シリーズの第一弾となる長編小説です。

 

ススキノ探偵や私立探偵畝原とは全く異なるピカレスクロマンと言って良いのでしょう。 一種のファンタジーとして読みました。スーパーヒーローの活躍する物語です。

 

主人公の榊原はストイックで、強さは半端なく、普段は片田舎で木工製品を売って生活の糧にしています。そこに昔の兄貴分が、かつての恋人との安全との引き換えに助っ人を頼みに来ます。

かつての恋人の身の安全を取引の材料にしたためにこの兄貴分を殺し、更に恋人の情報を知っているだろう昔の仲間を殺しに札幌の街に現れます。

読み手には物語の背景情報は全く与えられず、話が進むにつれ少しずつ明かされます。

 

面白い物語というものは登場人物のキャラクタ設定がよくできているとあらためて感じさせられた作品でした。

かつての 西村寿行の本は、例えば『鯱シリーズ』のような作品では全くの荒唐無稽なスーパーヒーローの活躍の物語でした。

 

 

この作品は、西村寿行よりはり現実的ですが、『ススキノ探偵シリーズ』よりは夢物語です。

でも、面白い。

文体を別にすれば大沢在昌の小説に出てきてもおかしくない主人公のような気がします。北方謙三には出てこないでしょう。

[投稿日]2015年03月30日  [最終更新日]2018年11月2日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です