芦沢 央

イラスト1
Pocket

新刊書

文藝春秋

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 汚れた手をそこで拭かない [ 芦沢 央 ] へ。


本書『汚れた手をそこで拭かない』は、新刊書で237頁の第164回直木賞の候補作となったミステリー短編集です。

平凡な日々を送る普通の人の日常生活に潜むミステリーを拾い出し描き出す、ちょっとした恐ろしさも感じる作品集でした。

 

『汚れた手をそこで拭かない』の簡単なあらすじ 

 

平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。元不倫相手を見返したい料理研究家…始まりは、ささやかな秘密。気付かぬうちにじわりじわりと「お金」の魔の手はやってきて、見逃したはずの小さな綻びは、彼ら自身を絡め取り、蝕んでいく。取り扱い注意!研ぎ澄まされたミステリ5篇。(「BOOK」データベースより)

 

ただ、運が悪かっただけ
工務店勤務の夫が譲り渡した脚立を使用し、顧客が足を踏み外して亡くなった。余命半年との宣言を受けた私は夫のその告白を聞いて、その内容にかすかな疑問を感じるのだった。

埋め合わせ
プールの水の排水バルブを閉め忘れ、プールの水が半分になっているのに気づいた小学校教諭の千葉秀則は、何とか責任を逃れようと画策する。しかし、そこにこの学校で唯一の同い年の男性教員の五木田が現れた。

忘却
アパートの隣の部屋に住む笹井という男が熱中症で死んだ。電気が止められていてクーラーもかけずに昼寝をしたためらしいと聞き、電気代の督促状が我が家に誤配され、笹井に渡すように妻に頼んだことを思い出すのだった。

お蔵入り
ベテラン俳優の岸野に薬物使用疑惑が持ち上がった。「薬はやめられない」という岸野の言葉に、監督の大野は思わず旅館の六階の部屋から岸野を突き落としてしまう。大野は映画の上映を止めたくないプロデューサーらの言葉に従い、自分たちのアリバイを工作するのだった。

ミモザ
料理研究家の荒井美紀子は、突然現れた、かつて付き合っていた瀬部庸平につい金を貸してしまう。ところが、瀬部はその後もしつこく借金をせがみ美紀子に付きまとうのだった。

 

『汚れた手をそこで拭かない』の感想

 

本書『汚れた手をそこで拭かない』の作者 芦沢央氏は、『火のないところに煙は』で2019年本屋大賞にノミネートされています。そして本書で第164回直木賞の候補作となっているのです。

個人的には前著『火のないところに煙は』の仕掛けに驚かされたほうなので、前著に軍配を挙げたくなりました。

それは本書が日常生活を対象としているため、とも思ったのですが、同じく日常の謎を描く 米澤穂信の『氷菓』などにはそうした印象を抱かなかったので、日常性の問題ではないでしょう。

 

 

前著に軍配を挙げるといっても本書『汚れた手をそこで拭かない』が面白くないという意味ではなく、本書は本書で楽しませてもらいました。

ではその差は何なのかというと、本書に違和感を感じる点があったからだと思えます。

そもそも第一話の「ただ、運が悪かっただけ」という物語がどうにも場面設定を素直に受け入れがたく、描かれた行為がやはり偶然性をあてにしていると思われました。

聞き役の奥さんが死を目前にしているという設定についても、それがどんな意味を持つのか、などと不要な疑問を持ってしまったことがいけなかったのかもしれません。

設けられた脚立の秘密にあまりのめり込むことができないなど、微妙な違和感を持ったがために、第一話、そして次の第二話の物語に本書の印象が引っ張られたようにも思えるのです。

 

第二話は面白く読みましたが、ただ主人公の自分のミスを隠そうとする行動の描写が細かく、また主人公は考えすぎではないかと感じ、第一話の印象と相まって本書の印象が固まった気がします。

でも、それ以外は面白く、特に五木田の言葉は簡潔で分かり易く、意外性もあってとても素直に読むことができました。

 

第三話がいちばん普通の人の日常生活に隠された秘密らしくあって好感を持って読みました。

主人公の奥さんの認知症との兼ね合いもあって、二重の仕掛けも面白く読むことができたのです。

 

第四話は、意外性という点では一番感じたと思います。主人公以外のプロデューサーらの行動が今一つ見えない点が気になりましたが、ラストのどんでん返しは意外性があり、気に入りました。

この第三、四話に関しては違和感はあまり感じなかったと思います。

 

第五話は、かなり怖い話です。そして、主人公の夫の行動の意味するものがまたよく分からず、いかようにも読み取れるため、怖さも倍増でした。

ただ、主人公の行動が元恋人の男にずるずると引きずられていくだけのものである点がもどかしく、また苛立たしくも感じてしまうのです。

 

以上述べてきたように、全体としてみると、先に書いた第一、二話で感じた違和感が本書の印象を決定した、と感じられるのです。

それぞれの話での仕掛け自体は出来、不出来があったと思われ、その点に関してはまた個々人の好みもあって評価は様々でしょうが、全体としてみるとよく考えられたミステリーでした。

第164回直木賞の候補作となったのも納得の作品でした。

[投稿日]2021年02月09日  [最終更新日]2021年2月9日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

教場 ( 長岡 弘樹 )
警察小説というには少々語弊があり、警察学校小説というべきなのかもしれませんが、ミステリー小説として、警察学校内部に対するトリビア的興味は勿論、貼られた伏線が回収されていく様も見事です。
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明 ( 柚月 裕子 )
もと弁護士の上水流涼子と、その助手貴山の、依頼者のために頭脳を絞り出します。知的ゲームを楽しむ六編の短編からなるミステリー小説集です。
真実の10メートル手前 ( 米澤 穂信 )
米澤穂信著の『真実の10メートル手前』は、フリージャーナリストの太刀洗万智という女性を主人公とした六編の物語が収められた短編推理小説集で、第155回直木賞候補になった作品です。
ジョーカー・ゲーム ( 柳 広司 )
五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞作品。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。

関連リンク

『汚れた手をそこで拭かない』芦沢央 | 単行本 - 文藝春秋
平穏に夏休みを終えたい小学校教諭、認知症の妻を傷つけたくない夫。 元不倫相手を見返したい料理研究家……始まりは、ささやかな秘密。
登場人物たちの手を汚す 拭っても消えない“罪”
小学校のプール水流失、エアコンをつけていなかった老人の熱中症死、ベテラン俳優の薬物使用疑惑……。五編のミステリを収録した『汚れた手をそこで拭かない』に描かれているのは、いずれも現実にありそうな事件だ。
芦沢央『僕の神さま』『汚れた手をそこで拭かない』2か月連続刊行! 勝手に担当編集緊急招集ビブリオバトル!
芦沢央さんの新刊『僕の神さま』(KADOKAWA)と『汚れた手をそこで拭かない』(文藝春秋)が8月9月と2か月連続で刊行されます。
芦沢央短編集『汚れた手をそこで拭かない』から1篇を先行公開!
ひたひたと忍び寄るおそろしさ、ぬるりと変容する日常から、目を背けてはならない――。切れ味抜群の独立短編集『汚れた手をそこで拭かない』が2020年9月26日に発売されます。
平穏な日常が一瞬で崩れ去る恐怖がリアルに迫る…! ミステリの名手、芦沢央の最新短編『汚れた手をそこで拭かない』
よく知りあいに「ミステリって興味はあるけど、どれから読んでいいのか分からない」と聞かれる。そんな時は何人かお薦めの小説家の名前を挙げるのだが、芦沢央氏も必ずその中に含まれる。
汚れた手をそこで拭かない - ちょっとした心の動きが、積もり積もって悲劇を生む。
人の心理はややこしいです。何を望んで何をしたいのか。他人はもちろん自分の心だって、理解するのは大変です。
直木賞候補作家インタビュー「怖い、けれど読むのを止められない」――芦沢 央-インタビューほか
いずれも、ささやかな“秘密”から物語は始まる。記憶の底に封印していた事件について夫が病床の妻に告白する「ただ、運が悪かっただけ」。サイン会に現れた元彼に、ついお金を貸してしまう料理研究家を描く「ミモザ」。
ホラーより怖いミステリ!? 第164回直木賞候補の話題作。 ――芦沢央『汚れた手をそこで拭かない』インタビュー
研ぎ澄まされたミステリ5編からなる芦沢央さんの短編集『汚れた手をそこで拭かない』。怖すぎる!と書店員さんの間でも大いに話題となった本作、刊行直後のインタビューをお届けします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です