恋する組長   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

“おれ”は、東西の指定広域暴力団と地場の組織が鎬を削る街に事務所を開く私立探偵。やくざと警察の間で綱渡りしつつ、泡銭を掠め取る日々だ。泣く子も黙る組長からは愛犬探しを、強面の悪徳刑事からは妻の浮気調査を押しつけられて…。 … “恋する組長” の続きを読む

天空への回廊   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

第一級の山岳小説と冒険小説が合体した、実に贅沢な小説です。山岳小説も冒険小説も笹本稜平という作家の得意とする分野だそうで、評判通りの面白い作品でした。 世界的なアルピニストに名を連ねる真木郷司はエベレストの山頂近くで人工 … “天空への回廊” の続きを読む

未踏峰   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

遺骨の入ったケースを胸に、それぞれに事情を抱える橘裕也と戸村サヤカ、勝田慎二の三人は、ヒマラヤ未踏峰に挑んでいた。彼らをこの挑戦に導いたのは登山家として世界に名を馳せ、その後北八ヶ岳の山小屋主人になった“パウロさん”だっ … “未踏峰” の続きを読む

還るべき場所   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

世界第2の高峰、ヒマラヤのK2。未踏ルートに挑んでいた翔平は登頂寸前の思わぬ事故でパートナーの聖美を失ってしまう。事故から4年、失意の日々を送っていた翔平は、アマチュア登山ツアーのガイドとして再びヒマラヤに向き合うことに … “還るべき場所” の続きを読む

春を背負って   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

先端技術者としての仕事に挫折した長嶺亨は、山小屋を営む父の訃報に接し、脱サラをして後を継ぐことを決意する。そんな亨の小屋を訪れるのは、ホームレスのゴロさん、自殺願望のOL、妻を亡くした老クライマー…。美しい自然に囲まれた … “春を背負って” の続きを読む

越境捜査   (  笹本 稜平 )   2015年4月4日

警視庁捜査一課殺人犯捜査六係から、特別捜査係に異動した鷺沼は、継続捜査の任に着く。14年前に起きた、12億円を詐取した男が失踪後、死体となって発見された未解決事件の捜査に乗り出すが、難航する。真相解明を拒むかのような圧力 … “越境捜査” の続きを読む

おとこ鷹   (  子母澤 寛 )   2015年4月4日

の続編であり、両方の本を合わせて小吉伝とでも言うべき作品になっています。 変わらずに勝小吉とその子勝海舟、いやこの作品の頃ですから勝麟太郎の親子の愛情にあふれた物語です。暴れん坊の勝小吉も麟太郎が大人になり、幕府の役職に … “おとこ鷹” の続きを読む

父子鷹   (  子母澤 寛 )   2015年4月4日

勝海舟(麟太郎)の父の勝小吉の物語です。とにかくこの小吉という男が魅力的です。あの勝海舟の親父というから更に興味を惹かれます。実際の勝小吉は男谷家の三男として生まれたのですが、勝家に養子に出され勝姓を名乗るようになったそ … “父子鷹” の続きを読む

勝海舟   (  子母澤 寛 )   2015年4月4日

勝海舟の幼少期から咸臨丸による渡米、軍艦奉行としての第二次長州征伐と将軍家茂の死去、徳川慶喜と為した大政奉還、西郷隆盛相手の江戸開城、そして明治新政と全六巻で語られる一大長編です。 明治維新を幕府側から描いた物語でもあり … “勝海舟” の続きを読む