ファウンデーション   (  アイザック・アシモフ )   2015年3月28日

まだ読んでいませんが、是非読んでみたいですね。 ウィキペディアによると、この2巻でファウンデーションシリーズの第一巻目を漫画化してあるそうです。今のところ(2015年3月)、この2巻しか出版されていません。

ファウンデーションシリーズ   (  アイザック・アシモフ )   2015年3月28日

「ファウンデーション」とは、天才数学者ハリ・セルダンが「心理歴史学者」として現帝国の崩壊を見通した末に設立した、新しい宇宙帝国を建設するのための布石となるべき組織のことです。「組織」とはいってもそれは「国家」と言い換えて … “ファウンデーションシリーズ” の続きを読む

宇宙の小石   (  アイザック・アシモフ )   2015年3月27日

アシモフの初期短編集です。 主人公は1949年に近所の研究所の事故の余波で数千年の未来へ飛ばされてしまいます。未来の世界で、ある実験の実験台にされた彼は大変な知能と能力を獲得し、その結果、通じなかった言葉も理解できるよう … “宇宙の小石” の続きを読む

ぬけまいる   (  朝井 まかて )   2015年3月27日

この作家には珍しい(と思える)作品です。 これまで読んだ作品は皆この人の格調高い文章を生かした内容だったので、本書のようなを書かれるとは思っていませんでした。 一膳飯屋の行かず後家の「お以乃」、御家人の妻の「お志花」、小 … “ぬけまいる” の続きを読む

ちゃんちゃら   (  朝井 まかて )   2015年3月27日

その子が庭師の辰蔵の家に来た当初「俺のことを親とも思え」といった辰蔵の言葉に「チャンちゃらおかしいや」と答えたものだ。それからその子は「ちゃら」と呼ばれるようになり、庭師見習いとして成長してきた。  その庭師辰蔵の一家「 … “ちゃんちゃら” の続きを読む

先生のお庭番   (  朝井 まかて )   2015年3月27日

庭師の熊吉は異人さんの屋敷へ手伝いとして通うことになった。「しぼると」というその人には「おたくさ」と呼ばれている滝という奥方がおり、「おるそん」という黒坊の使用人を使っていた。長崎は出島にあるその屋敷の薬草園には種々の草 … “先生のお庭番” の続きを読む

鬼はもとより   (  青山 文平 )   2015年3月27日

剣に倦み女遊びも尽くした奥脇抄一郎は「藩札掛」を命じられる。世話役の佐島兵右衛門(さじまへいえもん)の急死により抄一郎が責任者となるが、飢饉に際しての藩札の刷り増しの命に逆らい、藩札の原版を持って脱藩してしまう。その後、 … “鬼はもとより” の続きを読む

伊賀の残光 - 「流水浮木―最後の太刀―」改題   (  青山 文平 )   2015年3月27日

その誇りに、囚われるな―。鉄砲百人組の老武士、山岡晋平。伊賀衆ながら伊賀を知らず、門番の御役目とサツキ栽培で活計を立てていた。だがある日、伊賀同心の友が殺される。大金を得たばかりという友の死の謎を探る中、晋平は裏の隠密御 … “伊賀の残光 - 「流水浮木―最後の太刀―」改題” の続きを読む