鬼はもとより   (  青山 文平 )   2015年3月27日

剣に倦み女遊びも尽くした奥脇抄一郎は「藩札掛」を命じられる。世話役の佐島兵右衛門(さじまへいえもん)の急死により抄一郎が責任者となるが、飢饉に際しての藩札の刷り増しの命に逆らい、藩札の原版を持って脱藩してしまう。その後、 … “鬼はもとより” の続きを読む

伊賀の残光 - 「流水浮木―最後の太刀―」改題   (  青山 文平 )   2015年3月27日

その誇りに、囚われるな―。鉄砲百人組の老武士、山岡晋平。伊賀衆ながら伊賀を知らず、門番の御役目とサツキ栽培で活計を立てていた。だがある日、伊賀同心の友が殺される。大金を得たばかりという友の死の謎を探る中、晋平は裏の隠密御 … “伊賀の残光 - 「流水浮木―最後の太刀―」改題” の続きを読む

かけおちる   (  青山 文平 )   2015年3月27日

北国にある柳原藩では、執政阿部重秀が藩の財政の立て直しのために行っていた「種川」という鮭の産卵場を人の手で整える作業が実を結びつつあった。この作業は阿部家の入婿である阿部長英の進言によるものだったが、その長英は江戸詰のた … “かけおちる” の続きを読む

白樫の樹の下で   (  青山 文平 )   2015年3月27日

小普請組の御家人村上登は仁志兵輔、青木昇平と共に竹刀剣術ではなく昔ながらの型稽古を行う佐和山道場で剣を学んでいた。「大膾(おおなます)」と呼ばれる辻斬りが江戸の町を騒がせていたその頃、村上登は町人でありながらかなりの剣の … “白樫の樹の下で” の続きを読む

ナンバー   (  相場 英雄 )   2015年3月26日

警視庁捜査二課という、経済事犯を扱う部署を舞台にした連作短編集です。 警視庁本部に転属がなった西澤だったが、配属先は一課ではなく二課だった。新しい職場で張り切る西澤だったが、そこは新米刑事。知能犯という未経験の相手の事件 … “ナンバー” の続きを読む

震える牛   (  相場 英雄 )   2015年3月26日

「平成版『』誕生」という謳い文句がありましたが、やはり少しの物足りなさを感じてしまいました。 警視庁捜査一課継続捜査班所属の警部補田川信一は中野駅前の居酒屋でおきた強盗殺人事件を担当する。殺されたのは仙台市在住の獣医師で … “震える牛” の続きを読む

村上海賊の娘   (  和田 竜 )   2015年3月26日

戦国時代も終わり近くの1568年(永禄11年)から、信長と石山本願寺との間の戦は約十年もの間続くことになります。本書はその石山合戦と言われる戦の中でも、1576年(天正4年)に毛利氏と織田氏との間に起こった「天王寺の戦い … “村上海賊の娘” の続きを読む

小太郎の左腕   (  和田 竜 )   2015年3月26日

主人公の小太郎は鉄砲の名手で、合戦のさ中、その鉄砲の腕が生かされる時が来たのですが・・・。 林半右衛門といういわゆる典型的な「侍」が、彼なりの、自らを裏切らない、という信念を貫きその生を全うしていく中で小太郎の運命がこの … “小太郎の左腕” の続きを読む