西條 奈加

イラスト1
Pocket

文庫

光文社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 楽天Books へ。


鳥居耀蔵と遠山左衛門尉景元との対立の中、天保の改革期における江戸の町の姿を、高安門佑という吟味方与力の眼を通して描くという一面をも持つ、読みやすい作品です。

老中水野忠邦のいわゆる天保の改革は、江戸の町の活気を奪っており、北町奉行の遠山景元は改革の手を緩めるように南町奉行矢部定謙らと共に進言するも矢部定謙は失脚させられてしまう。その後、南町奉行には妖怪と呼ばれる鳥居耀蔵が就くことになり、その取り締まりをより苛烈なものとするのだった。

本書は天保の改革での遠山景元と水野忠邦、鳥居耀蔵との対立という図式の中、株仲間の解散、寄席の制限、芝居小屋の移転といった数々の施策とそれによる市井の暮らしへの影響を描くという少々変わった物語です。

でありながら、主人公の高安門佑という与力を、見た目は怖いが心根の優しい一本気の男として描いていて、加えて門佑の外回りの時には何時も付き従う一平という存在もあり、時にはユーモラスに物語は進みます。

更に忘れてならないのは「お卯乃」という女の存在です。女郎上がりのこの女と門佑との恋物語としての側面もまた魅力の一つでしょう。

私が読んだ範囲では鳥居耀蔵をこれほど書き込んでいる小説を知りません。主人公との関わりの中、妖怪鳥居耀蔵を人間鳥居耀蔵として描く部分もあり、なかなかに魅力的な物語として仕上がっています。

鳥居耀蔵という名は、小池一夫原作、神田たけ志画の「御用牙」という、私が若い頃読んだ漫画の中で初めて知りました。他に宮部みゆきの『孤宿の人』の加賀様のモデルがこの鳥居耀蔵だと思われます。また平岩弓枝に「妖怪」、童門冬二に「妖怪といわれた男 鳥居耀蔵」という作品があるそうですが、私は未読です。

[投稿日]2015年12月22日  [最終更新日]2015年12月22日
Pocket

おすすめの小説

同心が主人公の痛快時代小説

鬼平犯科帳 ( 池波正太郎 )
正確には同心が主人公とは言えないかもしれませんが、言わずと知れた名作中の名作です。
三田村元八郎シリーズ ( 上田 秀人 )
大岡越前守忠相の密命を受けた、元定町廻り同心の三田村元八郎が将軍継承に関わる陰謀に立ち向かう重厚な筆致のエンターテインメント小説です。
夜叉萬同心シリーズ ( 辻堂 魁 )
北町奉行所隠密廻り同心である萬七蔵(よろずななぞう)は、一刀流の免許皆伝という腕前を買われ、奉行直属の隠密御用を命じられている「殺しのライセンス」を持つ同心です。
父子十手捕物日記シリーズ ( 鈴木 英治 )
同心御牧文之介が、かつて名同心と言われた父親の丈右衛門の力を借りて、幼馴染みの中間勇七と共に事件を解決する、親子愛にあふれた、鈴木節も絶好調の捕物帳です。
八丁堀剣客同心 ( 鳥羽 亮 ( 田牧 大和 )
若き日の歌川広重である定火消し同心の安藤重右衛門を主人公とした痛快時代小説で、同じ定火消し同心である西村信之介と猪瀬五郎太という仲間と共に事件を解決します。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です