西 加奈子

イラスト1
Pocket

新刊書

ポプラ社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは i [ 西加奈子 ] へ。


「この世界にアイは存在しません。」入学式の翌日、数学教師は言った。ひとりだけ、え、と声を出した。ワイルド曽田アイ。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる。ある「奇跡」が起こるまでは―。「想うこと」で生まれる圧倒的な強さと優しさ―直木賞作家・西加奈子の渾身の「叫び」に心揺さぶられる傑作長編!(「BOOK」データベースより)

一人の女の子の自分自身を見つめる姿を描く長編小説で、2017年本屋大賞にノミネートされた作品です。

端的に言って私の好みの小説ではありませんでした。それは、単に文学的な香りを纏っている小説だから、というだけではなく全編を主人公の心象表現だけで終えている、と言っても過言ではない、そのスタイルにあると思います。

本書の主人公はシリア人の両親の間に生まれ、アメリカ人の父親と日本人の母親という夫婦の養子になった、名をワイルド曽田アイという女の子です。数学教師が虚数(i)について語った「この世界にアイは存在しません。」という言葉に捉われ、常に自分の存在というもを考え続けています。

アイは、他の子ではなく自分が選ばれて養子になったこと、自分の家庭が裕福で親は常にアイのことを一番に考えてくれ、アイの自由を尊重してくれること、などに罪悪感を覚え、自分自身の存在自体に不信感を持つっています。

そうした、自分自身の存在理由を考えることは、多感な思春期などにおいてはよくあることであり、その後も自分自身の存在価値を見いだせないことに悩むなどの話は、現実に耳にすることでもあります。

しかしながら、そのことを物語の中心に据え、ほとんど全編にわたって主人公の内面を追及し、考察していくことは、かなり疲れることであり、私の好みの許容範囲外の物語でありました。

ここで思い出したのが、半村良の小説に『妖星伝』という物語の中の登場人物が、地球という惑星は宇宙の中でも特殊な星だという意味のセリフがありました。地球の生物は他者を喰らわねば生きていけない存在だということです。

この本はエンターテインメントに徹したSF小説であり、本書『i』のような文学的作品とは作品の存在領域自体が異なるものではありますが、自己の存在自体が他者にとってはその他者の否定になるという考察、の一点で共通すると感じたのだと思います。

一つの存在、それ自身が他者に影響を及ぼすとき、その存在は他者への負の影響の責任を負わねばならないのか、思春期の頃からの答えのない問題であり、小説であらためて問題提起されると拒否感を覚えるのです。

当然のことではありますが、本書の持つメッセージ性を否定するものではありません。こうした考察が非常に大切なことであることまでも否定するものではなく、ただ、小説で掲げるテーマとして改めて読むにはつらいと感じたのです。

[投稿日]2018年02月18日  [最終更新日]2018年2月18日
Pocket

おすすめの小説

女性を主人公に描いた小説

切羽へ ( 井上 荒野 )
「繊細で官能的な大人のための恋愛長編。」とは、コピーにあった文章です。直木賞受賞作。「性よりも性的な、男と女のやりとり」を醸し出している佳品です。
クローズド・ノート ( 雫井 脩介 )
引っ越した先のクローゼットに置き忘れられた一冊の日記をめぐる物語です。そのノートの中で息づく一人の女性とその女性に対する主人公の女性の想いが、テンポのいい文章で描写されており、思わず惹きこまれてしまいます。
恋歌 ( 朝井 まかて )
樋口一葉らの師である歌人中島歌子を描いた作品。ひとりの女性の、天狗党に参加した夫への恋物語です。本屋が選ぶ時代小説大賞2013及び第150回直木賞を受賞しています。
あい ( 高田 郁 )
七十歳を超えて北海道の開拓に身を捧げた関寛斎の妻である「あい」の、ひたすらに明るくそして侍の妻であり続けた女性の、逞しく生きた物語です。
阪急電車 ( 有川 浩 )
阪急電車の今津線でのほんの十数分の間の出来事を、各駅ごとの章立てで描き出した、ほんわかとした小編で出来ている連作短編集です。
本

関連リンク

i 西加奈子 | ポプラ社
直木賞受賞作『サラバ!』から二年。西加奈子さん待望の新作小説『i(アイ)』が発売され、大きな反響を呼んでいる。どのような想いからこの物語が紡がれたのか、西さんにお話を伺った。
『サラバ!』を経て、見えてきた新たな世界――。又吉直樹 ×西 加奈子『i(アイ)』刊行記念対談【後編】
直木賞受賞作『サラバ!』から2年。問い続けた末に生まれてきた新作『i(アイ)』は、“今”という時代に生きる意味を突きつけてくる一冊だ。それは小説家・西加奈子の切実な叫びでもある。
西加奈子が“切羽詰まって書き上げた小説”とは? | ananニュース
“いま、傷だらけでも嘘でも、「愛がある」って言わないと”。そんな思いから、これまでにないほど切羽詰まって書き上げたという、西加奈子さんの最新長編小説『i(アイ)』。
西加奈子『i』 | 評者 藤田香織 | WEB asta(ウェブアスタ)
カメラの前で「自分らしく生きたい」的なことを言う芸能有名人を見るたびに、その屈託のなさを凄いな、と思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です