笹本 稜平

イラスト1
Pocket

文庫

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 越境捜査(上) (双葉文庫) [ 笹本稜平 ] へ。


警視庁捜査一課殺人犯捜査六係から、特別捜査係に異動した鷺沼は、継続捜査の任に着く。14年前に起きた、12億円を詐取した男が失踪後、死体となって発見された未解決事件の捜査に乗り出すが、難航する。真相解明を拒むかのような圧力。それは一体誰が?―警視庁と神奈川県警。組織と個人。悪と正義。さまざまな境界線を“越境”し、真実を抉り出す熱い警察小説。人気TVドラマシリーズの原作第1弾、待望の文庫化。(上巻:「BOOK」データベースより)

14年前の12億円詐取・殺人事件。再捜査を開始した鷺沼は、神奈川県警山手署刑事、宮野と手を組む。一匹狼を自認する宮野と型破りの捜査を展開し、12億円の行方をつかむ。それは、神奈川県警の裏金庫―。警察庁を含む、警察組織を覆う腐敗を見逃すか、それとも暴くか。組織の安泰をとるか、自らの信条をとるか。人生を賭けた闘いの果てにあるのは希望か絶望か。大藪春彦賞受賞作家が、静かに激しく生きる刑事たちを描く。(下巻:「BOOK」データベースより)

 

一大人気シリーズとなった「越境捜査シリーズ」の第一弾となる長編の警察小説です。

 

もう警察ものの定番と言ってもいいくらいに警視庁対神奈川県警の対立の物語は多い気がします。

 

警視庁の刑事である鷺沼は、12億円の行方が分からないまま迷宮入りになり、時効間近となった事件を洗い直していた。

そのときかつての上司で現在は神奈川県警監察官室長の韮澤から連絡を受け、その時効間近の事件が神奈川県警内部の者の犯行の可能性があることを匂わせられた。そこで、神奈川県警の宮野と共に管轄を超えて調査を開始することとなる。

しかし、その先には組織の腐敗が広がっており、韮澤も何者かの襲撃を受け入院することとなるのだった。

 

当初は警視庁と神奈川県警の対立が前面に出ていましたが、話の展開に伴い、主人公たちと警察組織そのものとの対立の図式まで重なってきます。

結局は警察内部の腐敗という話になるのですが、 今野敏などのように軽く読める、とまではいかないにしても、物語のテンポがよくて、結構面白く読み進めることができました。

[投稿日]2015年04月04日  [最終更新日]2018年12月20日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です