笹本 稜平

イラスト1
Pocket

文庫

双葉社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 逆流 越境捜査 [ 笹本稜平 ] へ。


警視庁捜査一課特命捜査二係の鷺沼は、十年前の死体遺棄事件を追っている最中、自宅マンションの外階段で刺された。一命は取り留めた鷺沼に、神奈川県警の宮野が、十二年前に起きた不可解な殺人事件の概要を告げる。新たな仲間とともに捜査を始める鷺沼と宮野。やがて捜査線上にある人物が浮かぶが―。真実のため、組織と犯罪に闘いを挑む刑事たちの熱い姿を描いた「越境捜査」シリーズの第4弾。この巨悪、容易には斃れない…。(「BOOK」データベースより)

 

本書は「越境捜査シリーズ」の四冊目の物語です。シリーズ一冊目の『越境捜査』はとは異なるこじんまりとした印象の作品でした。

 

警視庁刑事部捜査一課特命二係所属の鷺沼は自分のマンションの外階段で見知らぬ男に刺されてしまう。

自分が刺される理由もわからない鷺沼だったが、神奈川県警の嫌われ者の万年巡査部長である宮野は、鷺沼の抱えている荒川河川敷で発見された白骨死体の捜査と、宮野自身が聞きこんだ殺人事件の端緒らしき事案との関連を疑う。

それは小暮孝則という現職の参議院議員が持っていた家屋に絡んでくるかもしれないという、雲を掴むような事柄ではあったが、白骨死体の捜査が進む中、宮野の言葉が現実味を帯びて来るのだった。

 

冒頭で鷺沼が刺されてしまうため鷺沼本人はあまり動き回れません。代わりに鷺沼の相方の井上巡査やお調子者の宮野が走り回ることになります。

結局、物語は彼らの持ってくる事実をもとにして、鷺沼を中心としての全体の推理がメインになります。決して会話劇というわけではないのですが、スケールは小さく感じられてしまいました。

 

ストーリーも物語に没入してしまうほどに面白い、とは言えないでしょう。十年前という時間的な隔たりを設けて、立証を困難にする、そのことは良いのですが、どうしても事件解明の段階ごとに少しずつ無理を感じてしまったです。

この作者の「天空への回廊」「未踏峰」「春を背負って」などの迫力のある読み応えのある作品を読んだ後なので、とても辛口に読んでいるのかもしれませんが、少々残念な読後感でした。

この作者だからこそのスケールの大きな物語展開を期待していただけに、少々小じんまりとした印象は残念な作品でした。

[投稿日]2015年04月04日  [最終更新日]2018年12月21日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です