中山 祐次郎

泣くな研修医シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 泣くな研修医 (幻冬舎文庫) [ 中山祐次郎 ] へ。


本書『泣くな研修医』は、新刊書で270頁の、現役の外科医が描き出した長編の青春医療小説です。

現場を知る現役の医師ならではの、医療の現場の新米医師の姿を描いた真実味にあふれる感動的な物語でした。

 

泣くな研修医』の簡単なあらすじ

 

雨野隆治は25歳、大学を卒業したばかりの研修医だ。新人医師の毎日は、何もできず何もわからず、上司や先輩に怒られてばかり。だが、患者さんは待ったなしで押し寄せる。初めての救急当直、初めての手術、初めてのお看取り。自分の無力さに打ちのめされながら、ガムシャラに命と向き合い成長していく姿を、現役外科医が圧倒的なリアリティで描く。(「BOOK」データベースより)

 

東京の下町の総合病院の新米医師の雨野隆治は、医師歴が四・五年の後期研修医と呼ばれる医師の佐藤玲と共に当直についていた。

そこに高速道路で通事故にあった親子三人が搬送されてきた。一人は五歳の男の子で腹壁破裂と腸管脱出といういわゆる高エネルギー外傷と呼ばれる重傷であった。

隆治は、緊急手術のために呼ばれた岩井医師と先輩医師の佐藤と共に手術室に入ったものの、岩井と佐藤との会話のほとんどが理解できないでいた。

そして、手術が終わったそのとき、龍治は気を失ってしまったのだった。

 

泣くな研修医』の感想

 

本書『泣くな研修医』は、本稿の冒頭に書いた通り医療小説です。それも、新米医者の目から見た医療の現場を実にリアルに描き出してあります。

もちろん小説ですからある程度の脚色はあるでしょうが、「あまりにリアルで、自分の話かと思った」という同業の医師からの感想が来るほどだそうです( PRESIDENT 2020年1月3日号 : 参照 )。

多分、著者自身の経験がかなり入っている物語だと思われます。

本書『泣くな研修医』は、現場医療の実際をこれでもかと描いてあります。そこにはユニークな登場人物もいなければ、心が洗われる情景描写もありません。

けっしてうまいとは思えない文章で、新米医師が現場に振り回される様子が描かれています。

 

そうした点では夏川草介の『神様のカルテシリーズ』とはかなり異なります。

この『神様のカルテシリーズ』も現役の医師が書いた小説であり、ベストセラーになった小説です。

この作品は、地方医療の現実を描き出す内科医の姿を描き出した作品で、本書と異なり、主人公一止やその妻ハル、それに同じアパートの受任や勤務先の同僚、先輩の医師や看護師などのユニークな登場人物までも生き生きと描いてあります。

その上、作者の意図として楽しく読んでもらいたいと重くなりがちな命の現場の出来事も割と明るいタッチで描き出してありました。

 

 

それに対し本書の場合、主人公の雨野隆治はまだ一年目の研修医であり、リアルな医療現場の姿が描き出されています。

新米医師の目を通した医療の現場ですので、ベテランの医師よりは素人である読者の目線に近い、しかし医療を学んだ身であり素人ではない目線での現場が描かれているのです。

その上『神様のカルテシリーズ』では美しい信濃の自然の風景が折に触れ描いてあったのですが、本書の場合は自然の描写は殆どと言っていいほどにありません。

加えてユーモラスな描写も殆どないのです。本書の場合、徹底してリアルな医療現場の描写に徹してあるようです。

 

もちろん、そのことの良し悪しを言っているのではありません。

本書では外科医に限らず直面する新人の医者の直面する命の現場の様子を描き出してあるのです。そこに心象風景などの描写の要不要の話は、小説としての作法という別次元の話だと思うのです。

 

本書ではがん患者の家族だけに対しての、患者の命の存えうる時間ついての説明の場面があります。

その場面を読んでいると、先に「うまいとは言えない文章」などと書いたことがあほらしくなるような、現場を、現実を知る人間ならではのリアルな言葉が、新米医師の目を通して冷徹に示されています。

医者の、その言葉を聞く親の痩せた、シミだらけの手の描写は心に響きます。

そして、患者のお看取りの場面では、昨年突然逝ってしまった自分の母親の、お医者さんが丁寧に看取ってくれた場面を思い出してしまいました。

 

そうした、ノートパソコンの電源を落とさずに帰る研修医などの、現場を知る作者ならではの場面は随所に出てきます。

もちろん、看護師さんの新米医師への配慮など、看護師の力がいかに大事か、などの場面も出てきます。

 

続編はまだ図書館に入っていません。早めに入ることを期待します。

 

ちなみに、本『泣くな研修医』を原作として、GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーの白濱亜嵐が主演でテレビドラマ化され、本日2021年4月24日から放映されます。

本書の雨野隆司にしては白濱亜嵐という人はかっこよすぎな気もしますが、どうでしょう。

 

[投稿日]2021年04月24日  [最終更新日]2021年4月30日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの医療小説

鹿の王 ( 上橋 菜穂子 )
戦士団の頭であったヴァンは奴隷として囚われていたが、ある日黒い獣の一団が襲ってきた後、鉱山の者皆が流行り病で死んでしまう。生き残ったのはヴァンと幼子だけだった。第4回日本医療小説大賞を受賞しています。
使命と魂のリミット ( 東野 圭吾 )
帝都大学病院の心臓血管外科の権威であり、父親の執刀医でもあった西園教授のもと、氷室夕紀は研修医として働いていた。その>帝都大学病院に医療ミスを公開せよとの脅迫状が届いた。
藪医 ふらここ堂 ( 朝井まかて )
朝井まかて著の『藪医 ふらここ堂』は、神田三河町の、藪医者と呼ばれながらも人気のある小児科医天野三哲を中心とした人情もので、第5回日本医療小説大賞の候補にもなった作品です。
赤ひげ診療譚 ( 山本周五郎 )
江戸時代中期の小石川養生所を舞台に、長崎で医学を学び江戸へ戻ってきたばかりの青年医師保本登が養生所の責任者の「赤ひげ」こと新出去定のもとで成長していく姿を描いた、八編からなる連作の短編小説集です。
ひとつむぎの手 ( 知念実希人 )
2019年本屋大賞にノミネートされた、純正会医科大学の付属病院を舞台とした長編の医療小説です。良くも悪くも大学病院の医局を舞台にした小説で、絶対権力者の教授を頂点とする階層社会の中で苦闘する青年医師の姿が描かれています。
白い巨塔 ( 山崎豊子 )
大学病院の医局という全く未知の社会が描かれていて、何より自分の野心の実現のためには手段を選ばない主人公財前五郎、その財前に対する良心とも言うべき里見脩二やその他のキャラクターが非常に良く描けていること等、物語としての面白さの要素が満ち溢れている作品です。

関連リンク

中山祐次郎「泣くな研修医」 がむしゃらだった頃思い出す
教師や各種指導者、弁護士や医師など、「先生」と呼ばれる人々には、その道に精通した頼れる人格者であって欲しい、いや、そうあって然るべき、という思いをつい抱いてしまう。
「泣くな研修医」中山祐次郎著|日刊ゲンダイDIGITAL
研修医というと、過酷な労働環境の代名詞ともされるほど過重労働が課される職種とされている。
現役外科医が伝える「死ぬ時に後悔しない人生」
著者の中山祐次郎氏は、現役外科医。過去2000件以上の手術に参加してきた。一方で、旺盛な執筆活動を続けている。2018年上梓した『医者の本音』は14万部のベストセラーとなった。そんな中山氏の小説デビュー作が本書だ。
土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』|テレビ朝日
土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』|テレビ朝日
「泣くな研修医」TVドラマに 4月から 鹿児島大医出身の中山祐次郎さん原作
テレビ朝日は9日、鹿児島大学出身の外科医で、南日本新聞「朝の文箱(ふばこ)」の執筆者の一人、中山祐次郎さん=福島県郡山市=の小説「泣くな研修医」をドラマ化し、4月から放送すると発表した。
『泣くな研修医』面倒くさい放射線科医役で山口智充、患者の父親役で木村昴が出演へ
白濱亜嵐がテレビ朝日連続ドラマ初主演を務める『泣くな研修医』に、山口智充と木村昴が出演することが決定した。
白濱亜嵐、ドラマ『泣くな研修医』で初の医師役に挑戦 | BARKS
白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE/PKCZ(R))が2021年4月スタートの『泣くな研修医』でテレ朝ドラマ初主演を務め、初の医師役に挑むことが発表された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です