伊坂 幸太郎

イラスト1
Pocket

新刊書

実業之日本社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは フーガはユーガ [ 伊坂幸太郎 ] へ。


常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。(「BOOK」データベースより)

 

本書は瞬間移動の能力を持った常盤優我と風我という双子の兄弟を主人公とする長編小説で、2019年本屋大賞にノミネートされた作品です。

 

本書はその大部分を、優我がファミリーレストランで高杉という「フリーのディレクター」に自身の経験を話すという形式で進みます。ということは、語り手である常盤優我が主人公というべきなのかもしれません。

この優我が語る高杉に対しての話は「記憶違いや脚色だけじゃなくて、わざと嘘をついている部分もある」との前提で話していると最初に告げるなど、普通のインタビューとはその様相が異なります。

 

常盤優我と風我の双子の兄弟は、年に一度、誕生日の日に二人の身体が文字通り入れ替わるという不思議な現象に襲われます。この能力を利用して様々な不条理に立ち向かう兄弟の姿が描かれます。

本書は家庭内暴力が話の根底にあり、当然明るい話ではありません。常盤兄弟や母親は父親から理不尽な暴力を受ける毎日であり、それに耐えかねた母親は子供たちを置いて逃げ出してしまうような話です。

さらには、ワタボコリと呼ばれていたワタヤホコルはクラスメイト方らのいじめにあっているし、後に登場する風我の彼女の小玉も叔父から虐待を受けているのです。

にもかかわらず、決して重く暗い話にはなっていません。

それはひとつには、ワタボコリにしても小玉にしても常盤兄弟といるときは笑顔すら見せているからだと思われます。この兄弟といるときは楽しげですらあります。

そしてもう一点、文章のテンポが速いことが挙げられるでしょう。優我と風我の兄弟間での入れ替わりの現象についてのテンポのいい話が物語が中心になり、登場人物の悲惨な日常は物語の背景になっています。

つまりは兄弟間での瞬間移動が起き、その現象を利用した兄弟の冒険が、登場人物らの悲惨な状況を超えた話として描かれるので、その悲惨さが薄められて感じるのだと思います。

 

肝心の兄弟間での人物の入れ代わり、瞬間移動について見ると、双子の兄弟がこの特殊能力について調べていくさまが見どころの一つでしょう。そして、この能力を利用してワタボコリや小玉の危難を助けていく個別のエピソードも見どころです。

そうした個別のエピソードの積み重ねの先にあるクライマックスでは、これまでの物語のあちこちにちりばめられた伏線が、見事というほかないほどにきれいに回収されていきます。

本書の冒頭の優我の対話の場面から、積み重ねられていくエピソードの一つ一つまでがクライマックスに向けての準備であり、計算されつくした構成であることが明かされるのです。

 

本書は著者によると「現実離れした 兄弟の 本当の物語」だそうです。

そして、「ぼくの場合は別に問題提起とかじゃなくて、あくまでもおとぎ話。虐待を書くことに主眼はない」そうで、「作り話ならではの、楽しいもの」を作りたいとも書いておられます。( 東京新聞 : 参照 )

私はこの作家の作品はあまり読んではいないのですが、2018年本屋大賞5位となった『AX アックス』にしても「作り話ならではの、楽しい」作品であったと思います。

 

 

本書はハッピーエンドといっていいものかは読む人によって異なると思います。私の印象としては、すべてが収まるところに収まったけれどもその中には哀しみもある、という多分一番一般的な感想に落ち着きました。

本書のような作品を読むと、これまでは今一つ私の波長とは合わないと思っていた伊坂幸太郎という作家ですが、その認識を改める必要があるのかと思ってしまいます。

[投稿日]2019年07月13日  [最終更新日]2019年7月13日
Pocket

関連リンク

伊坂幸太郎 一年ぶりの新作、誕生。『フーガはユーガ』 | 実業之日
僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。 常盤優我は仙台市内のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと。そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと――
2019年本屋大賞ノミネート!伊坂幸太郎『フーガはユーガ』―― 誕生日に瞬間移動する双子の不思議せつない物語
以心伝心。一心同体。そんな強い絆に結ばれた仲間がこの世界にひとりでもいれば、私たちはきっと残酷な運命も乗り越えていける。伊坂幸太郎氏の『フーガはユーガ』(実業之日本社)は、強い絆で結ばれた双子の、ちょっぴり不思議でなんだか切ないミステリー小説。
【「本屋大賞2019」候補作紹介】『フーガはユーガ』――双子が特殊能力の"アレ"で「悪」に立ち向かう物語
BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2019」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは伊坂幸太郎著『フーガはユーガ』です。
フーガはユーガ 書評|伊坂 幸太郎(実業之日本社 )|書評専門紙
瞬間移動——。そのありきたりなモチーフを使って、決してクリシェに陥らない物語を紡ぎ上げることができるのは、伊坂幸太郎が稀代のストーリーテラーだからだろう。
東京新聞:「おとぎ話」で突く現実 『フーガはユーガ』 作家・伊坂
本書の帯には「1年ぶりの新作長編」という文字。先輩作家には「新刊が一年出ないだけで、こんなふうに書かれるんだ」と半ば驚かれ、半ばほめられた。
「フーガはユーガ」伊坂幸太郎著|日刊ゲンダイDIGITAL
主人公は、常盤優我と風我という双子の兄弟。2人には他人にはなかなか理解してもらえない重大な秘密があった。それは誕生日の決まった時間になると、なぜか2人が入れ替わってしまうこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です