結城 真一郎

イラスト1
Pocket

新刊書

新潮社

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは #真相をお話しします [ 結城 真一郎 ] へ。


#真相をお話しします』とは

 

本書『#真相をお話しします』は、2022年6月に224頁の単行本(ソフトカバー)として刊行された短編の推理小説集です。

かなりひねりの効いた全部で五編の物語が収録されていますが、個人的には今一つの印象の作品集でした。

 

#真相をお話しします』の簡単なあらすじ

 

ミステリ界の超新星が仕掛ける、罠、罠、罠、罠、罠。家庭教師の仲介営業マンとしてしのぎを削る大学生。娘のパパ活を案じながらも、マッチングアプリに勤しむ中年男。不妊に悩んだ末、精子提供を始めた夫婦。リモート飲み会に興じる学生時代の腐れ縁。人気YouTuberを夢見る、島育ちの小学生四人組。微笑ましくて、愛おしくて、時に愚かしい。令和を生きる私たちにニュー・ノーマル。-本当に?読みながら覚えるかすかな違和感と確かな胸騒ぎ。それでも、あなたの予想は必ず裏切られる!緻密で大胆な構成と容赦ない「どんでん返し」の波状攻撃に瞠目せよ。第74回日本推理作家協会賞“短編部門”受賞作「#拡散希望」を収録。(「BOOK」データベースより)

 

 

#真相をお話しします』の感想

 

本書『#真相をお話しします』は、それぞれに日常生活の中での出来事をテーマにちょっとした「ずれ」から始まる違和感を導き出した作品集です。

それぞれの物語では、「なるほど」という小気味よい納得感を引き出す、それも現代的な仕掛けが生きています。

 

ただ、個人的には各短編それぞれにおいて物語のリアリティーを感じることができず、作者の仕掛けのための舞台設定のような印象をぬぐい去ることができません。

どうしても、いわゆる本格派の推理小説ではないのにもかかわらず、「わざとらしさ」を感じてしまいました。

例えば第一話の「惨者面談」では、子供との会話の不自然さはどうしても違和感が残るし、明確にある番号を示してある以上はほかに考えようはないと思えます。

第二話の「ヤリモク」にしても状況設定に無理があると思うのです。

 

以上のような点が気になる私は、推理小説では「動機」が重要でであって、動機に不自然さが残っているとその物語自体に違和感を感じてしまいます。

物語の犯行や捜査の状況に不自然さが残っていてはリアリティーを欠くことになるのは勿論です。

ただ、そうではなく、物語の流れそのものを見る読者にとっては、動機や状況はもちろん大事にしてもそれは物語の一要素に過ぎないこととなり、全体としてまとまっていればいいという流れになりそうです。

本書『#真相をお話しします』の場合、個々の物語の仕掛けはよく考えられており、日常の暮らしの中でのちょっとした出来事を取り上げて物語として仕上げているのですから十分に面白い作品だとの評価が出てくると思います。

ですから、これも何度も書いてきたことですが、客観的には本書の評価が高いものである以上は、私の言うような問題点はあくまで個人的な好みのレベルでしかないことになると思われます。

 

また、本書『#真相をお話しします』について指摘されているのは、物語の仕掛けが現代的だということです。

マッチングアプリ、リモート飲み会、ユーチューバーといった現代的な言葉がテーマとして出てきます。ほかの派遣家庭教師や精子提供などという言葉も現代的と言えばそう言えるかもしれません。

そうした「新たな価値観」が出てくれば、新たな動機も出てくるというわけです( ORICON NEWS : 参照 )。

 

本書を読んでいて思い出した短編の推理小説集としては、米澤穂信の『満願』などの作品集や、また長岡弘樹の『傍聞き』などの作品集があります。

共に「このミステリーがすごい!」の一位や、日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞した作品が収められています。

そして、両作品ともに仕掛けのうまさや、その仕掛けにはまったときの爽快感が見事でした。

 

 

本書『#真相をお話しします』もその仕掛けはよく考えられているとは思うのですが、この「爽快感」が今一つでもありました。

確かに現代的なテーマで、新しい視点ではあるものの、読後のしてやられた感が上記の作品ほどではなかった気がします。

とは言っても、個人的な好みを欠くのが素人の個人のブログですからそれは仕方ありません。

単純に、私の好みとは少しずれた作品だったというしかないのです。

 

結局、どの話もよく練られていて、客観的にみると傑作短編ミステリーとして評価の高いのも分からないでもなく、あらためて自分の好みの偏りを思わないでもありません。

ただ、今後この作家の作品を読み続けるかは微妙と言うしかなく、積極的に面白いとまでは言えない作品でした。

[投稿日]2022年10月05日  [最終更新日]2022年10月5日
Pocket

おすすめの小説

おすすめのミステリー小説

火のないところに煙は ( 芦沢央 )
芦沢央著の『火のないところに煙は』は、なかなかに読ませる全部で六編の短編からなるホラー小説集です。と、思って読んでいくとこれが・・・。いろいろな、思いもよらない仕掛けのある、作品でした。
元彼の遺言状 ( 新川 帆立 )
本書『元彼の遺言状』は、女性弁護士を主人公とする、新刊書で322頁という分量の長編のミステリー小説です。主人公の女性弁護士のキャラクターがユニークと言えばユニークなのですが、個人的には今一つの作品でした。
六人の噓つきな大学生 ( 浅倉 秋成 )
本書『六人の噓つきな大学生』は、文字通り大学生六人の就活の様子を描いた、299頁の長さの長編のミステリー小説です。殆ど本格派の推理小説だとも言えますが、予想を裏切る展開が待ち受ける意外性に富んだ、しかし読みやすい作品です。
探偵は女手ひとつ ( 深町 秋生 )
『果てしなき渇き』で第3回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した深町秋生の、椎名留美という女性が主人公であるハードボイルドの六編からなる連作の短編小説集です。
真実の10メートル手前 ( 米澤 穂信 )
米澤穂信著の『真実の10メートル手前』は、フリージャーナリストの太刀洗万智という女性を主人公とした六編の物語が収められた短編推理小説集で、第155回直木賞候補になった作品です。

関連リンク

試し読み | 結城真一郎 『#真相をお話しします』 | 新潮社
試し読み | 結城真一郎 『#真相をお話しします』 | 新潮社
結城真一郎 『#真相をお話しします』 | 特設ページ | 新潮社
結城真一郎 『#真相をお話しします』 | 特設ページ
結城真一郎さん短編集「#真相をお話しします」 10年前にはなかった動機、掘り当てる
YouTube、マッチングアプリ、リモート飲み会。結城真一郎さん(31)の新刊『#真相をお話しします』(新潮社)は、ここ数年で身近になった道具をミステリーに持ち...
結城真一郎さん「#真相をお話しします」インタビュー リモート飲みにマッチングアプリ、“今”すぎるミステリー
YouTuberやマッチングアプリ、リモート飲みなど、現代ならではのモチーフを盛り込んだ注目のミステリー短篇集『#真相をお話しします』(新潮社)が刊行されました。
『#真相をお話しします』が大ブレイク!結城真一郎さんが贈る「“憎き”本屋への感謝状」
「#拡散希望」で、平成生まれの作家としては初めて、第74回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した結城真一郎さん。その「#拡散希望」をはじめ、マッチングアプリや精子...
結城真一郎著『#真相をお話しします』|読むらじる。
『#真相をお話しします』は、5つのミステリー小説を収録した短編集です。著者の結城真一郎さんにうかがいます。(聞き手・畠山智之キャスター)
異例づくしの衝撃ミステリー『#真相をお話しします』発売 伊沢拓司「悔しい気持ちにさせられる」
作家・結城真一郎氏の最新作『#真相をお話しします』(新潮社)が、きょう6月30日に刊行される。発売を記念して、雑誌『波』7月号(発売中)で結城氏と東大発の知識集...
衝撃ミステリー『#真相をお話しします』 東海オンエア・虫眼鏡、有栖川有栖、南沢奈央が推薦コメント
30日に刊行される作家・結城真一郎氏の最新作『#真相をお話しします』(新潮社)について、虫眼鏡(東海オンエア)、有栖川有栖氏、南沢奈央の推薦コメントが16日、公開された。
完売店続出!発売わずか4日で大重版決定!結城真一郎『#真相をお話しします』
2018年、『名もなき星の哀歌』で第5回新潮ミステリー大賞を受賞しデビュー。その後もコンスタントに作品を発表しつづけ、いまミステリー界の超新星として注目を集める...
【著者インタビュー】結城真一郎『#真相をお話しします』/日本推理作家協会賞受賞作を収録! 新感覚ミステリ短編集
日本推理作家協会賞を平成生まれで初めて受賞 注目の新鋭が放つ傑作短編集 あなたの予想は必ず裏切られる―
[著者来店]「#真相をお話しします」結城真一郎さん…現代の歪さ
再生回数を稼ぐため、街中で迷惑行為をする「迷惑系ユーチューバー」。あなたはその存在を許せますか? 「悪いことだと思いつつ、視聴者としては面白いから、ついつい動画...
『#真相をお話しします』 伏線回収が醍醐味のミステリー
伏線回収。それは、今や小説のみならず、あらゆるエンタメ作品を席巻する一大トレンドと言っても過言ではないでしょう。物語のクライマックス。登場人物の言動やエピソード...
新鋭ミステリ作家が仕掛ける究極の知的スリル 結城真一郎『#真相をお話しします』レビュー
ミステリというジャンルにはさまざまな楽しみ方があるけれども、その中でも大きなものと言えるのが「騙すか、騙されるか」のスリルを味わうことではないだろうか。...
#真相をお話しします | 小説丸
例えば芦沢央の『許されようとは思いません』や『汚れた手をそこで拭かない』、阿津川辰海の『透明人間は密室に潜む』、曽根圭介の『腸詰小僧 曽根圭介短編集』、矢樹純の...
結城真一郎「#真相をお話しします」 謎と人間味、複合性に脱帽
ミステリーの愉悦に誘う好短篇(たんぺん)集だ。読者はこれに、かならずワクワクして挑みかかる。まずはネット時代の利便ツールがいかにミステリーというジャンルと相性が...
結城真一郎さん「時代の最も先端を切り取る」20分 最新作「#真相をお話しします」
2019年にデビューしたミステリー界の新星、結城真一郎さん(31)の最新作「#真相をお話しします」(新潮社、1705円)は、YouTuberやマッチングアプリな...
『#真相をお話しします』が話題! 結城真一郎を作家へと導いた東大の同級生
作家・結城真一郎によるミステリー短篇集『#真相をお話しします』(新潮社)。2021年に第74回日本推理作家協会賞を受賞した『#拡散希望』を含む5篇が収録されたこ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です