宇江佐 真理

髪結い伊三次捕物余話シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 名もなき日々を 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫) [ 宇江佐真理 ] へ。


絵師を目指す伊三次の息子・伊与太は新進気鋭の歌川国直に弟子入りが叶い、ますます修業に身が入る。だが、伊与太が想いを寄せる八丁堀同心・不破友之進の娘・茜は、奉公先の松前藩の若君から好意を持たれたことで、藩の権力争いに巻き込まれていく。伊与太の妹・お吉も女髪結いの修業を始め、若者たちが新たな転機を迎える。(「BOOK」データベースより)

 

髪結い伊三次捕物余話シリーズの十二作目です。

 

伊三次とお文の子、伊与太やその妹お吉らも自らの生き方を見つめ、問い直す時期に来ています。

不破家と見れば、不破友之進の息子龍之進も友之進の後を継いで同心職に就き、早々に失策を犯したり、茜は松前藩の別式女として奉公しています。

 

当たり前のことではありますが、伊三次とお文が中心として展開していたこのシリーズも、数作前から伊三次と友之進それぞれの家庭の物語にその中心が移ってきています。本作でも、子供達を中心とした物語が語られ、伊三次や友之進らは、子供たちを親として見つめているのです。

そして、不破家では龍之進の妻きいのお腹が大きくなっていたりと、誰がということではなく、登場人物のそれぞれが、それぞれの人生の主役として物語の主人公となって、夫婦の、家族の物語として、たゆとう川の流れのように繰り広げられていきます。

 

派手さは無いものの、折々の場面での背景に映る自然の描写など、季節の移ろいを細やかに感じさせてくれる宇江佐真理の作品は、ゆっくりと心に染み入ってくるようで、やはり落ち着きます。

[投稿日]2015年07月08日  [最終更新日]2018年11月6日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です