中山 祐次郎

泣くな研修医シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 走れ外科医 泣くな研修医3 (幻冬舎文庫) [ 中山祐次郎 ] へ。


本書『走れ外科医 泣くな研修医3』は『泣くな研修医シリーズ』第三弾の、文庫本で396頁の長編の青春医療小説です。

医者になってこの春で五年目の、少しは医者として成長がみられる新米医師の姿を描いた作品です。

 

走れ外科医 泣くな研修医3』の簡単なあらすじ

 

若手外科医・雨野隆治のもとに急患で運ばれてきた二十一歳の向日葵。彼女はステージ4の癌患者だった。自分の病状を知りながらも明るく人懐っこい葵は、隆治に「人生でやっておきたいこと第一位」を打ち明ける。医者として止めるべきか?友達として叶えてあげるべきか?現役外科医が生と死の現場を圧倒的リアリティで描く、シリーズ第三弾。(「BOOK」データベースより)

医者になってこの春で五年目の雨野隆治は牛ノ町病院外科での後期研修医になって二年目になっていた。

牛ノ町病院救急外来で既に二台の救急車依頼を受け入れていた雨野隆治は、さらにもう一台の救急患者を受け入れるしかなかった。かかりつけの病院が受け入れてくれないというのだ。

その患者は二十歳の頃に胃の癌で胃を摘出しているステージ4の二十一歳の女性で向日葵という女性だった。

 

走れ外科医 泣くな研修医3』の感想

 

前巻の『逃げるな新人外科医 泣くな研修医2』では主人公の雨野隆治が初めて担当する二人のがん患者のことを主軸に据えた物語でした。

それに対し本書『走れ外科医 泣くな研修医3』では、一人の女性患者のことが軸になっています。

また、新たに新人の外科医も登場し、隆治の手助けをすると同時に振り回しもする姿が描かれます。

そして、隆治の指導医であった佐藤玲のプライベートも描かれていて、これまでの先輩医師としての姿とは異なる姿が示されています。

 

本書『走れ外科医 泣くな研修医3』では、雨野隆治も医者になってこの春で五年目になり、それなりに一人前の外科医となっています。

その隆治のもとに、前巻の『逃げるな新人外科医』で研修医として登場してきた西桜寺凛子という女性外科医が新人の外科医として登場してきます。

そんな隆治たちの前に、癌のために余命いくばくもない二十一歳の向日葵という女性が患者として現れ、隆治たちの日常をかき乱します。

新人外科医の凛子は歳も近い向日葵にどうしても感情移入してしまい、医者と患者との関係性を越えたつながりを持ってしまいます。

そうした二人に引きずられる隆治であり、ついには女性二人の勢いに押され、富士登山まで付き合うことになってしまうのです。

 

一方、隆治の指導医である佐藤玲もまた一人の女性として、付き合っている男性にプロポーズされ、ともにアメリカへ行ってくれないかとの誘いを受け悩みに悩みます。

女性医師にとって結婚は、妊娠、出産を経ることを意味し、その間医師としての仕事をあきらめることでもあります。また、その後の子育てを夫が手伝ってくれるかも不明です。

つまりは、自分の家庭を持つということは医師としての仕事をあきらめることにつながる可能性が強く、医師という仕事に情熱を燃やせば燃やすほど結婚からは遠ざかることになりかねません。

そんな女性医師としての佐藤玲の直面する問題も取り上げてあり、医師の抱える一つの側面を示してあるのです。

 

隆治個人も、研修医のころからの同期で今では耳鼻科医となっている川村に連れていかれた合コンで知り合い、後に付き合い始めたはるかという彼女のことも描かれています。

この女性と交際する姿は、医者全般に普遍化するわけにはいかないでしょうが、それでも緊急の呼び出しなどは同じでしょう。

 

本書『走れ外科医 泣くな研修医3』は、医者の物語であり、当然のことながらいろいろな患者の様子が描かれています。

でも、常連さんという高齢のお婆さんや常に横柄な態度で人を見下す態度しか取れない議員など、そうした患者の描き方はステレオタイプとも言えそうです。

しかしながら、外科医の現場の仕事の描写となるとさすがにリアリティに富んだ描写が続きます。

本シリーズが今後も続くことを期待したいものです。

[投稿日]2021年08月23日  [最終更新日]2021年8月23日
Pocket

おすすめの小説

おすすめの医療小説

白い巨塔 ( 山崎豊子 )
大学病院の医局という全く未知の社会が描かれていて、何より自分の野心の実現のためには手段を選ばない主人公財前五郎、その財前に対する良心とも言うべき里見脩二やその他のキャラクターが非常に良く描けていること等、物語としての面白さの要素が満ち溢れている作品です。
孤高のメス―外科医当麻鉄彦 ( 大鐘稔彦 )
肝臓移植の問題をテーマにした文庫本で全六巻という長編の医療小説です。当麻鉄彦は、大学病院を飛び出したアウトサイダーの医師。国内外で腕を磨き一流の外科医となった彼は、琵琶湖のほとりの民間病院で難手術に挑み患者達の命を救っていく。
悪医 ( 久坂部 羊 )
もう治療法がなく、心残りの内容に生きたほうがいいという医師、それに対しできる限りの治療を望む患者、その両方の視点による主張を展開し、「悪医」とは何かを問う、日本医療小説大賞を受賞した、長編の医療小説です。
臨床の砦 ( 夏川 草介 )
本書『臨床の砦』は「記録小説」と銘打たれたコロナ診療の最前線の姿を描いた新刊書で206頁の長編の医療小説です。『神様のカルテシリーズ』を描いた夏川草介が、現実にコロナ禍に立ち向かう医師、看護師などの姿を描き出しています。
イン・ザ・プール ( 奥田 英朗 )
『精神科医伊良部シリーズ』の第1作で、伊良部総合病院の地下にある神経科を舞台に患者とその医師とを描いた短編小説集です。第127回直木賞候補作品にもなりました。

関連リンク

土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』|テレビ朝日
土曜ナイトドラマ『泣くな研修医』
新型コロナ、医療崩壊させないために必要なこと
皆さん、こんにちは。総合南東北病院外科の中山祐次郎です。新型コロナウイルス感染症のニュースが連日やかましいほどですが、お元気でお過ごしでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です