垣根 涼介

イラスト1
Pocket

新刊書

KADOKAWA

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 信長の原理 [ 垣根 涼介 ] へ。


吉法師は母の愛情に恵まれず、いつも独り外で遊んでいた。長じて信長となった彼は、破竹の勢いで織田家の勢力を広げてゆく。だが、信長には幼少期から不思議に思い、苛立っていることがあった―どんなに兵団を鍛え上げても、能力を落とす者が必ず出てくる。そんな中、蟻の行列を見かけた信長は、ある試みを行う。結果、恐れていたことが実証された。神仏などいるはずもないが、確かに“この世を支配する何事かの原理”は存在する。やがて案の定、家臣で働きが鈍る者、織田家を裏切る者までが続出し始める。天下統一を目前にして、信長は改めて気づいた。いま最も良い働きを見せる羽柴秀吉、明智光秀、丹羽長秀、柴田勝家、滝川一益。あの法則によれば、最後にはこの五人からも一人、おれを裏切る者が出るはずだ―。(「BOOK」データベースより)

 

本書は、これまでも多くの作者によって取り上げられてきた信長を描いた長編時代小説で、第160回直木賞の候補作となった作品です。

 

本書の特徴は、信長の生き方を、「パレートの法則」や「働きアリの法則」と呼ばれている現象を通して組み立てているところでしょう。

ここで「パレートの法則」とは、「経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論」のことをいいます。

そのパレートの法則の亜種として「働きアリの法則」というものがあって、「組織全体の2割程の要人が大部分の利益をもたらしており、そしてその2割の要人が間引かれると、残り8割の中の2割がまた大部分の利益をもたらすようになる」というのです(ウィキペディア : 参照 )。

 

本書の信長は、幼いころに蟻の働く姿を見てこの法則に気づきます。この法則をもとに二割の精悍な軍勢をより大きく育てようともしますが、なかなかにうまくいきません。

そうした心の動きを緻密に追い求め、描写する場面が本書の各所に見られます。

それはこの法則から武将たちの動きを考察しようとする信長だけのことではありません。時には秀吉であり、柴田勝家であり、その他の武将であったりもするのですが、少々緻密に過ぎる、とも思えてきました。もう少し楽に構えていいのではないかと思えます。

しかし、作者は「僕はこの小説で、事実と事実の間にある登場人物達の内面や思考を、とことん突き詰めて書こうと思」ったのだそうです。そうして、思い通りに動かない部下を持つワンマン社長の苦悩、またそのトップに振り回される部下達の苦悩を描きたかったと書いておられます( 小説丸 : 参照 )。

それが作者の意図である以上は仕方のないことなのかも入れませんが、小説を読む読者の目線からすればもう少し簡潔にあってほしいと思ったのです。

このように、本書は全体的に登場人物の心象が前面に押し出して書かれています。以前この作者が第156回直木賞の候補作になった『室町無頼』の時は、心象描写はずっと抑えてあったのではないでしょうか。その上で人物らをダイナミックに動かして時代の波を描いてあったように思えます。

 

 

本書は歴史的な事実をよく調べ上げて書いておられると思いながらの読書になりました。信長の合戦の様子を、具体的な戦闘の場面などは書かないままに砦や城を落としていく過程を細かに記し、また軍勢の展開の様子を描いてあります。

それはそれでこれまであまりなかった描き方だと思いますし、主だった参考文献の数も膨大な数に上っていて、歴史小説としての労作だと思います。

 

ただ、同じことを繰り返しますが、確かに人物の動向は理解しやすいものの、視点が変わるたびになされる視点の主の内心描写は細かすぎます。

さらに言えば、武将の心象描写が、作者が知っている歴史的事実に合致するように描かれているようにも感じました。例えば、三方ヶ原の戦いに関する家康の本音についての光秀の考察など、普通とは異なる思考過程なのにあえて歴史的事実に合わせているように感じたのです。

 

とはいえ、以上書いてきたことと矛盾するようではありますが、普通ではあまりない柴田勝家という武将や松永弾正久秀などについて少なくない頁数を費やしてあることは歓迎すべきことでもありました。

特に松永久秀に関しての信長の思い入れの描写などは、 花村萬月の『弾正星』を面白く読んでいたので、うれしくなってしまったものです。

本書は、全体的に見て少々食傷気味になるところもあるものの、ユニークな観点の歴史小説として評価できるのではないでしょうか。

 

[投稿日]2019年02月17日  [最終更新日]2019年2月17日
Pocket

おすすめの小説

戦国時代を描いた歴史小説

国盗り物語 ( 司馬遼太郎 )
文庫本で全四巻。前半が斉藤道三、後半で織田信長を描いた作品です。司馬作品は他にも秀吉や如水ら始めとして戦国時代を描いた作品が多数あり、そのどれもが名作と言えます。
新書太閤記 ( 吉川英治 )
国民的作家と言えば吉川英治もそうでしょう。『宮本武蔵』はあまりにも有名ですが、他にも多くの作品があり戦国期に関しても多くの作品があります。
武田信玄 ( 新田次郎 )
大河ドラマ『武田信玄』の原作です。山岳小説で有名な新田次郎ですが、信玄の生涯を描いたこの作品は非常に読み応えがありました。ただ、歴史小説としては誤りがあるとの批判もあります。
宇喜多の楽土 ( 木下 昌輝 )
備前・備中地方の戦国大名宇喜多秀家の生涯を描いた長編の時代小説で、第159回直木賞の候補作となりました。父直家とともに、宇喜多家の楽土を建設することを目標に生き抜いた宇喜多秀家という武将の姿を、秀吉という天下人の権威のもとで苦悩する姿と共に描き出しています。
徳川家康 ( 山岡荘八 )
国民的作家と言われた山岡荘八の代表作で文庫本で全26巻もある大作です。この作家にも多くの作品があり秀吉や信長も描いています。

関連リンク

垣根涼介さん『信長の原理』 | 小説丸
過去に無数の作家達が描いてきた織田信長の物語を、組織論、企業論の観点から解明し、新たな光を当てる。垣根涼介の『信長の原理』は、信長のみならず「織田家」についての物語である。
『信長の原理』刊行記念インタビュー 垣根涼介 | カドブン
初めて歴史小説に挑戦した『光秀の定理』が十万部突破のベストセラーとなり、注目を集める垣根涼介さん。新作『信長の原理』は、卓抜な着想で織田信長の人生を描ききった本格歴史巨編です。
『信長の原理』 垣根涼介著 | レビュー | Book Bang
「少年は蟻(あり)を見ていた。暑い夏の午後、しばしば飽くこともなく足元の蟻の行列を見続けていた」。冒頭の一節である。織田信長はいかにして武田信玄、上杉謙信らをさし置いて、上洛を果たすほどになったのか。
“パレートの法則”から信長の「謎」を読み解く! | レビュー | Book Bang
連立方程式を解けたときの快感。それが垣根涼介『信長の原理』の魅力である。変数xは、織田信長はなぜ田楽狭間(でんがくはざま)の戦いで今川義元を破ることができたのか、という問いだ。yは、その信長が明智光秀に討たれたという事件、本能寺の変の真相である。
信長は天才ではなかった?!直木賞候補作『信長の原理』で垣根涼介が描いた新しい信長像とは?
歴史小説に確率論を導入する新しい切り口で明智光秀の人生を描き、累計10万部を超えるヒットとなった『光秀の定理』。その作者・垣根涼介さんが最新作で取り上げたのは、「本能寺の変」で明智光秀に討たれた織田信長。『信長の原理』は、経済学者・パレートが唱えた「パレートの法則」を使い、その人生を解き明かす意欲作です。
信長が求めた理想の組織、現代と重なる視点で 垣根涼介さん「信長の原理」
織田信長の軍団を、「働きアリの法則」から見つめ直すと……。垣根涼介さんの『信長の原理』(KADOKAWA)は、歴史小説で幾度となく描かれてきた信長の生き方を、斬新な視点から示す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です