紹介作品

著作

  1. 室町無頼
イラスト1
Pocket

垣根 涼介 雑感

1966(昭和41)年長崎県諫早市生れ。筑波大学卒業。2000(平成12)年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。2004年『ワイルド・ソウル』で、大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞と、史上初の3冠受賞に輝く。翌2005年、『君たちに明日はない』で山本周五郎賞を受賞。その他の著書に『ヒート アイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『クレイジーヘヴン』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『光秀の定理(レンマ)』『室町無頼』などがある。( 垣根涼介 | 著者プロフィール | 新潮社 : 参照 )

[投稿日] 2017年11月05日  [最終更新日] 2017年11月5日
Pocket

関連リンク

垣根涼介 Dawning day, Dawning life
刊行情報、著者近況などのお知らせを掲載するほか、垣根涼介あてメールフォームや、Facebookページも開設いたしました。
作家の読書道:第42回 垣根 涼介さん - WEB本の雑誌
04年には『ワイルド・ソウル』で三冠を達成、今最も注目を浴びるエンタテインメントの旗手、垣根涼介さん。が、最新刊ではテイストを変えて、犯罪の匂いのない、リストラをテーマにしたユーモアたっぷりの小説を上梓。
嗜好と文化:第30回 垣根涼介さん「好きな道を走る」 - 毎日新聞
「ワイルド・ソウル」では大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞のトリプル受賞など、エンターテインメント小説で数多くの話題作を生み出してきた垣根涼介さん。
『光秀の定理』垣根涼介著 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online
なかなか痛快な小説だ。今までのイメージを大きくくつがえして登場する若き明智光秀。そして、その光秀と不思議な出会いをする僧侶・愚息と兵法者・新九郎。この3人を軸に物語が展開する。
「ルールを変えない」ことはナンセンス――作家 垣根涼介 - 週刊アスキー
先頃、ご自身初の歴史小説『光秀の定理』を上梓された、作家の垣根涼介さんに「ルール」についてのお考えを伺いました。
話題の本の著者に直撃! 垣根涼介
話題の本の著者に直撃! 垣根涼介 「株式会社織田信長」に入った光秀に、サラリーマンの悲哀を見た