東 直己

榊原健三シリーズ

イラスト1
Pocket

写真は Amazon にリンクしています。

楽天Booksは 残光 (ハルキ文庫) [ 東直己 ] へ。


凄腕の始末屋として恐れられた榊原健三は、今までは人目を避けて山奥で暮らしていた。ある日、山を下りた彼の目に飛び込んできたのは、テレビに映ったかつての恋人・多恵子の姿だった―――。事件に巻き込まれた多恵子の息子を救うべく、健三は単身札幌へと向かう。だが、彼女の息子が巻き込まれたのは、単なる人質事件ではなかった・・・・・。 第54回日本推理作家協会賞を受賞した傑作長編ハードボイルド。(「BOOK」データベースより)

 

榊原健三シリーズの第二弾となる長編小説です。

 

メモが残っていません。ただ、面白い小説であることは間違いありません。

[投稿日]2015年03月30日  [最終更新日]2018年11月2日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です