用心棒日月抄   (  藤沢 周平 )   2018年9月8日

家の事情にわが身の事情、用心棒の赴くところ、ドラマがある。青江又八郎は二十六歳、故あって人を斬り脱藩、国許からの刺客に追われながらの用心棒稼業。だが、巷間を騒がす赤穂浪人の隠れた動きが活発になるにつれて、請負う仕事はなぜ … “用心棒日月抄” の続きを読む

雲の果   (  あさの あつこ )   2018年8月26日

殺された女と焼けた帯。病死した男と遺された帯。謎めいた帯の奇妙な繋がりが、因縁の男たちを突き動かす!待望の「弥勒シリーズ」最新刊。(「BOOK」データベースより) あさのあつこの人気シリーズ『弥勒シリーズ』の第八弾となる … “雲の果” の続きを読む

任侠浴場   (  今野 敏 )   2018年8月25日

東京のとある町に事務所を構えるヤクザの親分・阿岐本雄蔵は、困った人をほっとけない上、文化事業好きな性格が困りもの。そのせいで組員たちは、これまで出版社、高校、病院などの経営再建に携わる羽目になってきた。今度の舞台は赤坂の … “任侠浴場” の続きを読む

五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖   (  梶 よう子 )   2018年8月24日

鍋釜から、手拭い、紅まで店に並ぶものは三十八文均一の「みとや」。猪牙舟を漕がせたら船頭も怖れる看板娘・お瑛と、極楽とんぼの兄・長太郎が切り盛りする。ある日、お瑛は売り物の簪が一本足りないことに気づく。消えた簪を探すうちに … “五弁の秋花: みとや・お瑛仕入帖” の続きを読む