インビジブル   ( 坂上 泉   2021年1月26日

本書『インビジブル』は、新刊書で347頁という分量のバディものの長編の警察小説で、第164回直木三十五賞候補作に選ばれています。 昭和二十九年に為された国家地方警察(国警)と自治警(自治体警察)との統合という歴史的事実を … “インビジブル” の続きを読む

八月の銀の雪   ( 伊与原 新   2021年1月23日

本書『八月の銀の雪』は、人生に迷った人々が科学に触れ、自らの路を見出す姿を描く、新刊書で246頁の短編小説集です。 爽やかな文章で、迷いながら生きている人の人生とさまざまな科学との接点を見つけて描き出す、2021年本屋大 … “八月の銀の雪” の続きを読む

2021年本屋大賞のノミネート作品が発表されました!   ( コラム )   2021年1月21日

2021年本屋大賞のノミネート作品が発表されました。 詳しくは、※ 本屋大賞を見てください。 候補者一覧(作者名50音順) 候補作/出版社 候補者名 今年も本屋大賞の時期になり、昨年の本屋大賞の発表のときは緑内障の手術の … “2021年本屋大賞のノミネート作品が発表されました!” の続きを読む

第164回直木三十五賞は西條奈加氏の『心淋し川』に決定!   ( コラム )   2021年1月21日

第164回直木三十五賞は西條奈加氏の『』に決定しました。   2021年1月21日 に直木賞の発表が行われ 、 第164回直木三十五賞は氏の『』に決定しました。 直木三十五賞|公益財団法人日本文学振興会 &#8 … “第164回直木三十五賞は西條奈加氏の『心淋し川』に決定!” の続きを読む

マーダーズ   ( 長浦 京   2021年1月19日

本書『マーダーズ』は、市井にふつうに暮らしている殺人者を主人公にした、新刊書で396頁にもなる長編のミステリー小説です。 登場人物がかなりの数に上る上に、物語が複雑で、ストーリーが追えなくなる場面が少なからずある、評価の … “マーダーズ” の続きを読む

リボルバー・リリー   ( 長浦 京   2021年1月15日

本書『リボルバー・リリー』は、元諜報員の女性と家族を皆殺しにされた少年との逃避行の様子を描いた、文庫本で656頁にもなる長編のアクション小説です。 時代背景や登場人物の来歴などを緻密に描いてあり、重厚な上にかなり長い物語 … “リボルバー・リリー” の続きを読む

千里眼 ミドリの猿   ( 松岡 圭祐   2021年1月12日

本書『千里眼 ミドリの猿』は、『千里眼 クラシックシリーズ』第二巻の、文庫版で「著者あとがき」を除いて353頁の長編のエンターテインメント小説です。 純粋に物語を楽しむ痛快活劇小説であり、単純に楽しく読めた作品でした。 … “千里眼 ミドリの猿” の続きを読む

千里眼 完全版   ( 松岡 圭祐   2021年1月9日

本書『千里眼 完全版』は、『千里眼 クラシックシリーズ』第一巻の、「著者あとがき」「解説」まで入れると全部で452頁にもなる長編のエンターテインメント小説です。 純粋に物語を楽しむ痛快活劇小説であり、単純に楽しく読めた作 … “千里眼 完全版” の続きを読む