踏切の幽霊   ( 高野 和明   2023年10月25日

『踏切の幽霊』とは   本書『踏切の幽霊』は、2022年12月に文藝春秋から289頁のハードカバーで刊行された長編のミステリー小説です。 第169回直木三十五賞の候補となった作品ですが、読みながらも今一つのめり … “踏切の幽霊” の続きを読む

柳橋の桜シリーズ   ( 佐伯 泰英   2023年10月22日

『柳橋の桜シリーズ』とは   『柳橋の桜シリーズ』は、父親のような船宿さがみの猪牙舟の船頭となって大川を行き来することを夢見る一人の娘を主人公とする痛快時代小説です。 初期の佐伯作品が好きな私としては特別取り上 … “柳橋の桜シリーズ” の続きを読む

化け者心中   ( 蟬谷 めぐ実   2023年10月15日

『化け者心中』とは   本書『化け者心中』は『化け者シリーズ』の第一弾で、2020年10月にKADOKAWAからハードカバーで刊行され、2023年8月に角川文庫から352頁の文庫として出版された長編のミステリー … “化け者心中” の続きを読む

レーエンデ国物語   ( 多崎 礼   2023年10月11日

『レーエンデ国物語』とは   本書『レーエンデ国物語』は『レーエンデ国物語シリーズ』の第六弾で、2023年6月に講談社から496頁のソフトカバーで刊行された長編のファンタジー小説です。 まさに一つの国の成り立ち … “レーエンデ国物語” の続きを読む

脈動   ( 今野 敏   2023年10月6日

『脈動』とは   本書『脈動』は、『鬼龍光一シリーズ』の第六弾で、2023年6月に352頁のハードカバーでKADOKAWAから刊行された長編の伝奇+警察小説です。 単純に、今野敏の小説として楽しく読めた作品です … “脈動” の続きを読む