プリンシパル   ( 長浦 京   2022年9月15日

『プリンシパル』とは   本書『プリンシパル』は2022年7月に544頁のハードカバーとして刊行された、長編のクライムサスペンス小説です。 太平洋戦争終結時、父である水嶽組組長の死去に伴い、やむを得ず水嶽組の跡 … “プリンシパル” の続きを読む

真夏の雷管   ( 佐々木 譲   2022年9月11日

『真夏の雷管』とは   本書『真夏の雷管』は『北海道警察シリーズ』の第八弾で、2017年7月に刊行されて2019年7月に419頁で文庫化された、長編の警察小説です。 若干冗長な印象はあったものの、サスペンス感満 … “真夏の雷管” の続きを読む

晩秋行   ( 大沢 在昌   2022年9月5日

『晩秋行』とは   本書『晩秋行』は2022年6月に刊行された、486頁の長編のハードボイルド小説です。 久しぶりに読みがいのあるハードボイルド小説を読んだという印象です。それも妙に構えない、思ったよりも軽く読 … “晩秋行” の続きを読む

夜に星を放つ   ( 窪 美澄   2022年9月2日

『夜に星を放つ』とは   本書『夜に星を放つ』は2022年5月に220頁のハードカバーで刊行され、第167回直木賞を受賞した短編小説集です。 どの物語も優しい言いまわしで、それでいて人物の心情や物語の内容は素直 … “夜に星を放つ” の続きを読む

夜が明ける   ( 西 加奈子   2022年8月29日

『夜が明ける』とは   本書『夜が明ける』は2021年10月に407頁のハードカバーで刊行され、2022年本屋大賞の候補作となった長編小説です。 虐待や貧困、過重労働、ハラスメントなど、今の社会が抱える不安要素 … “夜が明ける” の続きを読む

獣たちの海   ( 上田 早夕里   2022年8月25日

『獣たちの海』とは   本書『獣たちの海』は2022年2月に刊行された、著者自身による「後記」とシリーズの「資料」を加えて265頁になる文庫本書き下ろしのSF小説です。 『オーシャンクロニクル・シリーズ』の中の … “獣たちの海” の続きを読む

任侠楽団   ( 今野 敏   2022年8月19日

『任侠楽団』とは   本書『任侠楽団』は『任侠シリーズ』の第六弾で、2022年6月に362頁のハードカバーで刊行された長編のユーモア小説です。 今回、日村たちが駆り出されるのはオーケストラです。クラシックには全 … “任侠楽団” の続きを読む

沈黙のパレード   ( 東野 圭吾   2022年8月16日

『沈黙のパレード』とは   本書『沈黙のパレード』は『ガリレオシリーズ』の第九弾で、2018年10月に刊行され、2021年9月に496頁のペーパーバック(文庫)判が出版された長編の推理小説です。 近頃読んだ東野 … “沈黙のパレード” の続きを読む