煉獄の獅子たち   ( 深町 秋生   2021年1月6日

本書『煉獄の獅子たち』は、全編ヤクザの抗争に明け暮れる、新刊書で371頁の長編のエンターテイメント小説です。 本書中ごろまでは、ヤクザ同士、警察内部、それに警察対ヤクザの喧嘩ばかりで少々辟易したというところが正直な感想で … “煉獄の獅子たち” の続きを読む

暗礁   ( 黒川 博行   2021年1月3日

本書『暗礁』は、『疫病神シリーズ』の第三弾の、文庫本で上下二巻、合わせて842頁にもなる長編のミステリー小説です。 今回の作品も、金の臭いに食らいついた桑原のために贈収賄事件に巻き込まれる二宮の姿を騒動が描かれる、読みご … “暗礁” の続きを読む

冬の狩人   ( 大沢 在昌   2020年12月29日

本書『冬の狩人』は『狩人シリーズ』の第五巻で、新刊書で566頁にもなる長編の警察小説です。 まさに待望のシリーズ続編としては相応の作品でしたが、個人的にはより個性的な作品を期待していました。   『冬の狩人』の … “冬の狩人” の続きを読む

ババヤガの夜   ( 王谷 晶   2020年12月26日

本書『ババヤガの夜』は、暴力こそ楽しみと感じる女性を主人公にした、ソフトカバー版で181頁という分量を持つ長編のバイオレンスアクション小説です。 一頁あたりの文字数が少なく、また内容も文章もかなり読みやすいのですが、今一 … “ババヤガの夜” の続きを読む

嘘ですけど何か   ( 木内 一裕   2020年12月20日

本書『嘘ですけど何か』は、女性編集者を主人公とする文庫本で336頁の長編ノンストップエンタテイメント小説です。 木内一裕という作家の特徴の一つであるコンパクトなストーリー展開が小気味いい作品でしたが、特別面白いとまでは言 … “嘘ですけど何か” の続きを読む