競争の番人   ( 新川 帆立   2022年7月29日

『競争の番人』とは   本書『競争の番人』は2022年5月に刊行された長編のお仕事小説です。 公正取引委員会の職員を主人公とする物語で大変期待して読んだ作品だったのですが、期待が高すぎたためか今一つ乗り切れない … “競争の番人” の続きを読む

石礫 機捜235   ( 今野 敏   2022年7月25日

『石礫 機捜235』とは   本書『石礫 機捜235』は『機捜235シリーズ』の第二弾で、2022年5月に刊行された、バディものの長編の警察小説です。 気楽に読める今野敏の作品そのままに、胸のすく場面を織り交ぜ … “石礫 機捜235” の続きを読む

機捜235シリーズ   ( 今野 敏   2022年7月25日

『機捜235シリーズ』とは   本『機捜235シリーズ』は、第二機動捜査隊に所属のコールサイン「機捜235」の機捜車に乗る隊員を主人公とする警察小説シリーズです。 特捜隊という珍しい部署を舞台としている今野敏ら … “機捜235シリーズ” の続きを読む

女人入眼   ( 永井 紗耶子   2022年7月19日

『女人入眼』とは   本書『女人入眼』は、2022年4月に刊行され第167回直木三十五賞候補作となった307頁の長編の歴史小説です。 タイトルから受ける印象とは異なり、宮中と鎌倉幕府内部での権力争いを描きつつ、 … “女人入眼” の続きを読む

宙ごはん   ( 町田 そのこ   2022年7月16日

『宙ごはん』とは   本書『宙ごはん』は、ある母娘の姿を描いた、王様のブランチで紹介されていた2022年5月に刊行された365頁の長編小説です。 母でいることのできない母親とその娘の姿を、一人の料理人のおいしそ … “宙ごはん” の続きを読む

俺ではない炎上   ( 浅倉 秋成   2022年7月12日

『俺ではない炎上』とは   本書『俺ではない炎上』は2022年5月に刊行された、363頁の長編のミステリー小説です。 王様のブランチで紹介されていて確かに面白い作品ではあったのですが、物語にリアリティを感じるこ … “俺ではない炎上” の続きを読む

幸村を討て   ( 今村 翔吾   2022年7月7日

『幸村を討て』とは   本書『幸村を討て』は2022年3月に刊行された、527頁の長編の歴史小説です。 真田家の父昌行、兄の信之と弟の信繁という親子、兄弟の物語を徳川家康の想いを中心に描き直した力作で、面白く読 … “幸村を討て” の続きを読む