スロウハイツの神様   (  辻村 深月 )   2020年2月23日

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだ―あの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合ってい … “スロウハイツの神様” の続きを読む

線は、僕を描く   (  砥上 裕将 )   2020年2月18日

水墨画という「線」の芸術が、深い悲しみの中に生きる「僕」を救う。第59回メフィスト賞受賞作。(「BOOK」データベースより)   その存在は知っていてもその実際についてはほとんど知識の無い水墨画をテーマに一人の … “線は、僕を描く” の続きを読む

虐殺器官 [ 新版 ]   (  伊藤 計劃 )   2020年2月8日

9・11以降の、“テロとの戦い”は転機を迎えていた。先進諸国は徹底的な管理体制に移行してテロを一掃したが、後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加していた。米軍大尉クラヴィス・シェパードは、その混乱の陰に常に存在が囁かれ … “虐殺器官 [ 新版 ]” の続きを読む

東京騎士団   (  大沢 在昌 )   2020年2月7日

鷹野達也、二十五歳。若手の凄腕実業家。企業を分析し、情報を提供するのが仕事だ。友人の新進プロゴルファー・貝塚が襲われ、彼の恋人・秀子が拉致された。監禁場所へ乗り込んだ鷹野は、世界制覇をもくろむ若きエリート集団「超十字軍」 … “東京騎士団” の続きを読む

流浪の月   (  凪良 ゆう )   2020年2月3日

あなたと共にいることを、世界中の誰もが反対し、批判するはずだ。わたしを心配するからこそ、誰もがわたしの話に耳を傾けないだろう。それでも文、わたしはあなたのそばにいたい―。再会すべきではなかったかもしれない男女がもう一度出 … “流浪の月” の続きを読む

絆回廊 新宿鮫Ⅹ   (  大沢 在昌 )   2020年1月29日

「警官を殺す」と息巻く大男の消息を鮫島が追うと、ある犯罪集団の存在が浮かび上がる。中国残留孤児二世らで組織される「金石」は、日本人と中国人、二つの顔を使い分け、その正体を明かすことなく社会に紛れ込んでいた。謎に覆われた「 … “絆回廊 新宿鮫Ⅹ” の続きを読む