グラスホッパー   ( 伊坂 幸太郎   2021年10月1日

『グラスホッパー』とは   本書『グラスホッパー』は『殺し屋シリーズ』の第一弾作品で、文庫本での杉江松恋氏の解説まで入れて345頁の長編のエンターテイメント小説です。 読んでいる途中は何となく自分の好みとはずれ … “グラスホッパー” の続きを読む

殺し屋シリーズ   ( 伊坂 幸太郎   2021年10月1日

『殺し屋シリーズ』とは   この『殺し屋シリーズ』は、依頼に応じて人の命を奪う殺しを職業とする人物を主人公とするエンターテイメントシリーズです。 主人公は定まっておらず、各巻ごとの一人、もしくは数人の殺し屋を中 … “殺し屋シリーズ” の続きを読む

民王   ( 池井戸 潤   2021年9月28日

『民王』とは   本書『民王』は、文庫本で俳優の高橋一生の解説も含めて352頁の長編のエンターテイメント小説です。 内閣総理大臣の父親と、そのバカ息子の人格が入れ替わるという、この作者には珍しいコメディタッチの … “民王” の続きを読む

星落ちて、なお   ( 澤田 瞳子   2021年9月19日

『星落ちて、なお』とは   本書『星落ちて、なお』は、新刊書で321頁の一人の女性絵師を描いた長編小説です。 第165回直木賞を受賞した作品ですが、主人公の女絵師河鍋暁翠という人物を知らないこともあってか、今一 … “星落ちて、なお” の続きを読む