警官の酒場   ( 佐々木 譲   2024年3月20日

『警官の酒場』とは   本書『警官の酒場』は『北海道警察シリーズ』の第十一弾作品で、2024年2月に416頁のハードカバーで角川春樹事務所から刊行された長編の警察小説です。 本書をもってこのシリーズも終わると聞 … “警官の酒場” の続きを読む

方舟   ( 夕木 春央   2024年3月16日

『方舟』とは   本書『方舟』は、2022年9月に304頁のソフトカバーで講談社から刊行された長編の推理小説です。 2023年本屋大賞第七位など各種ミステリー賞にランクインしている人気作品で、普通に面白く読んだ … “方舟” の続きを読む

1947   ( 長浦 京   2024年3月12日

『1947』とは   本書『1947』は、2024年1月に616頁のハードカバーで光文社から刊行された長編の冒険小説です。 斬首された亡き兄の復讐のために来日したひとりの英国軍人の行動を追った物語ですが、この作 … “1947” の続きを読む

予幻   ( 大沢 在昌   2024年3月3日

『予幻』とは   本書『予幻』は『ボディガードキリシリーズ』の第三弾作品で、2023年12月に525頁のハードカバーで徳間書店から刊行された長編のハードボイルド小説です。 物語の展開はテンポがよく、また本書で初 … “予幻” の続きを読む

無敵の犬の夜   ( 小泉 綾子   2024年2月18日

『無敵の犬の夜』とは   本書『無敵の犬の夜』は、2023年11月に148頁のハードカバーで河出書房新社から刊行された長編の文芸小説です。 惹句を一覧してエンターテイメント小説と思い読んだ私の思いとは異なり、文 … “無敵の犬の夜” の続きを読む

父がしたこと   ( 青山 文平   2024年2月14日

『父がしたこと』とは 本書『父がしたこと』は、2023年12月に256頁のハードカバーでKADOKAWAから刊行された長編の時代小説です。 青山文平という作家は、新刊が出るたびに前著を越える作品を提供してくれる作家さんで … “父がしたこと” の続きを読む