孤狼の血シリーズ   ( 柚月 裕子   2020年9月8日

本『虎狼の血シリーズ』は、広島の暴力団担当の刑事を主人公とした長編の警察小説です。 作者自らが映画「仁義なき戦い」が好きで、「任侠のルールが残っている世界」を描いたという衝撃作です。   孤狼の血シリーズ(20 … “孤狼の血シリーズ” の続きを読む

暴虎の牙   ( 柚月 裕子   2020年9月8日

本書『暴虎の牙』は、『虎狼の血シリーズ』第三巻で最終巻でもある長編の警察小説です。 個人的にもう一度読みたいと思っていた大上の話とたくましく成長した日岡の物語を共に読める作品として仕上げられており、おもろく読んだ作品でし … “暴虎の牙” の続きを読む

プラージュ   ( 誉田 哲也   2020年9月3日

本書『プラージュ』は、訳あり者たちだけが住むシェアハウスを舞台にした、ミステリー色の強い長編小説です。 もしかしたら、人によっては誉田哲也の作品の中で一番だという人がいそうな、個人的にもそれに近い感想を持った作品でした。 … “プラージュ” の続きを読む

ライアー   ( 大沢 在昌   2020年8月27日

本書『ライアー』は、海外での暗殺を任務とする国家機関員である女主人公の姿を描く長編のアクション小説です。 この手の荒唐無稽な作品の第一人者である大沢在昌らしい、ハードボイルド感満載のエンターテイメント小説としてとても面白 … “ライアー” の続きを読む