イラスト1
Pocket

直島 翔 雑感

※ 直島翔:作品一覧(Amazonの頁へリンク)

直島翔』のプロフィール

 

1964年、宮崎市生まれ。立教大学社会学部社会学科卒。新聞社勤務。社会部時代、検察庁など司法を担当。『転がる検事に苔むさず』にて作家デビュー。同作品は、第3回警察小説大賞を受賞引用元:HMV&BOOKS online

 

直島翔』について

 

現時点ではありません。

[投稿日] 2022年03月19日  [最終更新日] 2022年3月19日
Pocket

おすすめの小説

記者出身の作家の作品

64(ロクヨン) ( 横山 秀夫 )
広報官である三上を主人公とした、従来の警察小説とは視点を異にした作品で、D県警管轄内で昭和64年に起きた誘拐殺害事件を巡る刑事部と警務部との衝突の様を、人間模様を交え見事に描き出している警察小説です。
警察(サツ)回りの夏 ( 堂場 瞬一 )
ミステリー小説ではありますが、現代のネット社会での「報道」の在り方について深く考えさせられる力作です。
罪の声 ( 塩田武士 )
塩田武士著の『罪の声』は、1984年から1985年にかけて関西方面で実行された、いわゆる「グリコ・森永事件」という、多数の食品会社への脅迫等事件モデルとした、2017年の本屋大賞ノミネート作品にもなっている長編の推理小説です。
ハゲタカ ( 真山 仁 )
「ハゲタカ」と呼ばれた投資ファンドを描いた話題作です。NHKでドラマ化され評判を呼びました。
天使シリーズ ( 三好 徹 )
名無しの新聞記者を主人公とした短編集です。ミステリーというよりはハードボイルドと言ったほうがいいかも。

関連リンク

警察小説大賞受賞作刊行記念 ◆ 知られざる検察小説の世界 直島 翔 × 柚月裕子
選考委員の満場一致で第三回警察小説大賞を受賞した直島翔の『転がる検事に苔むさず』は警察小説ならぬ「検察小説」である。