紹介作品

イラスト1
Pocket

町田 そのこ 雑感

町田そのこ』のプロフィール

 

1980(昭和55)年生れ。福岡県在住。2016(平成28)年「カメルーンの青い魚」で「女による女のためのR-18文学賞」大賞を受賞。選考委員の三浦しをん氏、辻村深月氏から絶賛を受ける。翌年、同作を含むデビュー作『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』を刊行。他著書に『ぎょらん』『うつくしが丘の不幸の家』『52ヘルツのクジラたち』などがある。引用元:町田そのこ | 著者プロフィール | 新潮社

 

町田そのこ』について

 

2020年4月14日に本屋大賞が発表され、 町田そのこ氏の 『52ヘルツのクジラたち』が2021年本屋大賞を受賞しました。

育児放棄や家庭内の虐待という現実をとりあげ、心に沁みる物語として練り上げられています。

[投稿日] 2021年03月15日  [最終更新日] 2021年4月16日
Pocket

関連リンク

作家の読書道 第225回:町田そのこさん - WEB本の雑誌
2020年に刊行した『52ヘルツのクジラたち』が未来屋小説大賞、ブランチBOOK大賞を受賞するなど話題を集めている町田そのこさん。少女時代から小説家に憧れ、大人になってから新人賞の投稿をはじめた背景には、一人の作家への熱い思いが。
門司港を舞台に新作 京都郡在住・町田そのこさんが故郷を離れぬ理由
福岡県京都郡在住の作家、町田そのこさん(40)が5作目の小説「コンビニ兄弟-テンダネス門司港こがね村店」(新潮社)を刊行した。
「親が子を愛すというのもそんなに簡単なことじゃない」 作家・町田そのこが考える、虐待問題の難点
親から子への虐待は、今なお根深い問題としてこの社会に存在している。切実に助けを必要としているのに、声をあげられない子どもたちに対して、私たちはいったい何ができるだろうーー。
町田そのこ『52ヘルツのくじらたち』が第4回未来屋小説大賞に
12月25日(金)、第4回未来屋小説大賞が発表され、町田そのこさんの『52ヘルツのくじらたち』が大賞に選ばれました。
『52ヘルツのクジラたち』が「読書メーター オブ・ザ・イヤー2020」第1位に!人生を搾取されてきた女性と「ムシ」と蔑まれた少年の、魂の物語
12月4日(金)、書評サイト「読書メーター」から「読書メーター OF THE YEAR 2020」が発表されました。
ガゼボの晩 町田そのこ
物語がつまった宝箱 祥伝社ウェブマガジン